詳細を見る

ビットコイン・ドミナンスが50%に迫る|アルトコイン下落受け

2 mins

ビットコイン・ドミナンス(優位性)は10日、急騰を見せ、2021年4月以来の最高値となる49.6%を記録した。米SECの暗号資産(仮想通貨)取引所の提訴が背景と見られる。

画像:トレーディングビュー

米SECが暗号資産取引所の提訴の際に、合計17銘柄のアルトコインが未登録証券であると主張したことを受け、暗号通貨市場が急落したもよう。未登録証券であるとの主張を受けたADAは週足で27%強、MATICは約29%下落するなど、アルトコイン市場は軒並み下落した。一方、今回の下落でビットコイン(BTC)はわずか3%の下落にとどまった。

オンチェーン分析サイトグラスノードによると、ビットコイン保有者の継続的なビットコインへの投資が行われており、ひと月あたり約3万7400BTCが買われている。

アルトコインの下落を背景に、ステーブルコインのテザー(USDT)のドミナンスも上昇。ドミナンスは直近最低値の7.59から12.2%上昇し、現在のドミナンス率は8.23となっている。

ビットコインドミナンスは22年の11月より上昇を再開。3月にはシルバーゲート銀行などの銀行危機やビットコインNFT(オーディナルズ)の普及を受け急騰していた。

ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る
ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る

Trusted

Follow us on:

X(Twitter):@BeInCryptoJapan
Telegramチャンネル:@BeInCrypto Japan オフィシャルチャンネル

免責事項 - Disclaimers

当ウェブサイトに掲載されているすべての情報は、誠意をもって作成され、一般的な情報提供のみを目的としています。当ウェブサイトに掲載されている情報に基づいて行う一切の行為については、読者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。

shota_oba.png
Shota Oba
国際関係の大学在籍中に国内ブロックチェーンメディアでのインターンを経て、2つの海外暗号資産取引所にてインターントレーニング生として従事。現在は、ジャーナリストとしてテクニカル、ファンダメンタル分析を問わずに日本暗号資産市場を中心に分析を行う。暗号資産取引は2021年より行っており、経済・社会情勢にも興味を持つ。
READ FULL BIO
スポンサー
スポンサー