詳細を見る

ビットコイン、一時2万5000ドル割れる=FOMC受け 

2 mins

ビットコイン(BTC)は15日未明、米連邦準備制度理事会(FED)の今後2回の追加利上げの可能性を受けて、2万4800ドル台まで下落した。

画像:BeInCrypto Japan

連邦準備制度理事会(FOMC)は利上げを一時停止を決定し、金利は据え置きの5.0%~5.25%となった。FOMCでは利上げを見送ったが連邦公開市場委員会の声明は、将来のさらなる利上げを示唆。これを受けFOMCの約3時間後にビットコインは4.6%下落、イーサリアム(ETH)は5%以上下落した。一方でS&P500やナスダック総合指数は5%弱上昇し、ビットコインとの相関性が低くなった。

画像Coinglass

暗号通貨分析ツールコイングラスによると、BTCは2万5000ドルを下回ったものの、先物取引による大きな清算はみられていない。オンチェーン分析を行うクリプトクアントによると、今回の下落は売り手が価格をつけずに市場価格で売る「テイカー売り」によるものと見られる。

連邦準備制度理事会は、「インフレは依然として上昇している」と声明で述べ、インフレ率を2%に戻すことを目標としている。暗号通貨市場は米SECのこのほど暗号資産取引所の提訴の際に、合計17銘柄のアルトコインが未登録証券であると主張したことを受け、BTC・ETHを除き全面安になっていた。ビットコインはわずか3%の下落にとどまっていた

ベスト暗号資産取引所

Trusted

Follow us on:

X(Twitter):@BeInCryptoJapan
Telegramチャンネル:@BeInCrypto Japan オフィシャルチャンネル

免責事項 - Disclaimers

当ウェブサイトに掲載されているすべての情報は、誠意をもって作成され、一般的な情報提供のみを目的としています。当ウェブサイトに掲載されている情報に基づいて行う一切の行為については、読者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。

shota_oba.png
Shota Oba
国際関係の大学在籍中に国内ブロックチェーンメディアでのインターンを経て、2つの海外暗号資産取引所にてインターントレーニング生として従事。現在は、ジャーナリストとしてテクニカル、ファンダメンタル分析を問わずに日本暗号資産市場を中心に分析を行う。暗号資産取引は2021年より行っており、経済・社会情勢にも興味を持つ。
READ FULL BIO
スポンサー
スポンサー