詳細を見る

ビットコイン価格、グレイスケールの売り圧緩和が指摘されるも懸念材料残る

6 mins
更新 Shota Oba

ヘッドライン

  • 金融大手のJPMorganの25日の分析によると、ビットコイン価格がこのほど20%以上下落した主な原因は、グレイスケール・ビットコイン・トラスト(GBTC)の利益確定にあるとした
  • クリプトクアントは26日のレポートで、マイナーがビットコインを売却するのは戦略的であり、売却圧力を高める可能性があると報告
  • Matrixportは26日のレポートでビットコイン価格がサポートレベルの3万6739ドルまで下落し、同価格帯がサポートレベルとなり反発すると予測した
  • promo

ビットコイン(BTC)価格は25日、3万9650ドルで取引されている。金融大手JPMorganの25日の分析によると、米国でビットコイン現物上場投資信託(ETF)が導入されてから2週間でビットコイン価格が20%以上下落した主な原因は、グレイスケール・ビットコイン・トラスト(GBTC)の利益確定にあるとした。アナリストらは下落は限定的ではないとみている。

同行は、GBTCから約30億ドルの資金が流出したと推定し、資金流出がビットコイン価格に下向きの圧力を加えたと指摘。ニコラス・パニギスツォグロウ氏率いるアナリストチームは、GBTCから約43億ドルが流出し、利益確定がほぼ完了したと結論付け、ビットコインにかかる売り圧力が大部分が過去のものとなったと述べた。

約13億ドルがGBTCから新設のビットコイン現物ETFに移動し、月間でみると約30億ドルの資金流出にのほると指摘。グレイスケールが手数料を下げない場合はこの動きは継続し、他のETFが競争力を高めるとさらに加速する可能性があるとのことだ。ビットコインETFは25日、上場以降初となる資金流入がマイナスを記録した

一方、ビットコインの下落基調の価格推移をめぐっては意見が分かれており、オンチェーン分析会社クリプトクアントのキ・ヨン・ジュCEOは24日「最近のビットコイン価格の下落はGBTCによるものではなく、デリバティブ市場の売りによるものだ。OTC市場は非常に活発だが、価格への影響はない」と指摘していた

GBTCの売り圧緩和するも、依然として下落基調となる懸念材料は残る

クリプトクアントは26日のレポートで、マイナーがビットコインを売却するのは戦略的であり、売却圧力を高める可能性があると報告。

分析では、マイナーが中央集権型取引所へのビットコイン移動を増やしていることを指摘している。同社は「マイナーから取引所へのビットコイン流れは、取引所からマイナーへの流れの3倍に上り、マイニングコミュニティからの強い売却圧力を示している」とした。マイナーは慣例に基づき、半減期を前にして次なる投資機会を見据えた売却に入る傾向がある。

暗号資産貸付大手Matrixportの26日のレポートによれば、ビットコインがサポートレベルの3万6739ドルまで下落し、同価格帯がサポートレベルとなり反発すると予測。全体的な流動性とマクロ環境が価格変動を後押しすると指摘する。伝統金融機関(TradeFi)によるビットコイン現物ETFへの関心は当初予想されたほど強くないと主張した。

当社最高ニュース部門責任者アリ・マーチン氏は25日の分析で、ビットコインの価格が3万8130ドルを下回ると、短期間のビットコイン保有者が含み損に陥る可能性があると指摘。このビットコイン価格の下落は、損失を最小限に抑えようとするこれらの保有者による新たな売却の波を引き起こすかもしれないと述べた

米国政府の動向が価格変動を主導するか

米国政府は25日、ダークウェブ「シルクロード」押収物に関連したビットコインを約1億3000万ドルで売却する計画を公表。この売却には約2800BTC(約1億2900万ドル)と58BTC(約300万ドル)の2ロットが含まれる。これらのビットコインはマネーロンダリング共謀の罪で有罪判決を受けたライアン・ファラーチェ被告に関連する。

BitMEXのアーサー・ヘイズ元CEOは24日、自身のブログでビットコインの市場動向について分析した。同氏はビットコイン価格が米国の金融政策に相関性を持って推移し、3万から3万5000ドルがサポートラインとなると指摘。国の銀行向けターム資金調達プログラム(BTFP)の更新がなされない場合、市場には深刻な影響が及ぶと警告した。連邦準備制度理事会(FRB)は同日、BTFPを3月11日に終了すると発表していた

ベスト暗号資産取引所

Trusted

Follow us on:

X(Twitter):@BeInCryptoJapan
Telegramチャンネル:@BeInCrypto Japan オフィシャルチャンネル

免責事項 - Disclaimers

当ウェブサイトに掲載されているすべての情報は、誠意をもって作成され、一般的な情報提供のみを目的としています。当ウェブサイトに掲載されている情報に基づいて行う一切の行為については、読者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。

Frame_2328.jpg
Shota Oba
国際関係の大学在籍中に国内ブロックチェーンメディアでのインターンを経て、2つの海外暗号資産取引所にてインターントレーニング生として従事。現在は、ジャーナリストとしてテクニカル、ファンダメンタル分析を問わずに日本暗号資産市場を中心に分析を行う。暗号資産取引は2021年より行っており、経済・社会情勢にも興味を持つ。
READ FULL BIO
スポンサー
スポンサー