詳細を見る

米CleanSpark、政治的規制強化でもビットコインマイニング事業を拡大

6 mins

ヘッドライン

  • ビットコインマイニング会社CleanSparkは、ミシシッピ州にある3つのターンキーマイニング施設を1980万ドルで取得し、合計能力を2.4EH/秒に増加させた。
  • クリーンスパークの拡大には、ジョージア州ダルトンに建設中の第3の採掘場も含まれ、2024年4月までに0.8EH/秒で稼働する予定だ。
  • ビットコインのマイニングに対する政治的反発が高まる中、CleanSparkは拡大を続け、2024年前半には20EH/sを超えることを目指している。
  • promo

ビットコインマイニング大手のCleanSparkは6日、ハッシュレートを高めるために米国ミシシッピ州で新たな買収を発表した。しかし、この動きは、反暗号資産政治家による業界への規制監視が強化される中でのものである。

2月6日の発表によると、CleanSparkはミシシッピ州にある3つのターンキー・ビットコインマイニング施設を1980万ドルで買収した。

CleanSpark ビットコインマイニング拡張

ミシシッピ州の2つのサイトは、2.4EH/s(エクサハッシュ/秒)のハッシュパワーを提供することが期待されている。同社はまた、ジョージア州ダルトンに建設中の3つ目のマイニングサイトを340万ドルで取得した。ダルトンの採掘場は2024年4月の完成時には0.8EH/sで稼働すると予測されている。

既存の2つのダルトン施設と合わせると、CleanSparkは合計2.4EH/秒の能力を持つことになる。サンダースビルの拡張と合わせると、2024年前半には20EH/秒を超え、現在の10EH/秒から倍増することになる。

ザック・ブラッドフォード最高経営責任者(CEO)は、今回の拡張について次のようにコメントしている:

「ミシシッピ州が当社のポートフォリオに加わったことで、地理的な多様性が徐々に高まっており、当社の実績がこの新しくエキサイティングな事業環境で活かされることを期待しています。

1月、CleanSparkは最大16万台のS21マイナーを購入する戦略的合意を発表した。


CleanSpark expansion plans. Source: CleanSpark
CleanSparkビットコインマイニング拡大計画|出典:クリーンスパーク

とはいえ、今回の動きは、米国でビットコインマイニングに対する政治的反発が高まる中でのものだ。

1月31日、米国エネルギー情報局(EIA)は、暗号資産マイナーによる電力使用に関するデータ収集を開始すると発表した。

政治的動機による攻撃

しかし、業界活動家やエネルギー専門家は、この動きを暗号資産に対する政治的動機に基づく攻撃だと呼んでいる。2月6日、Riot Patformsの公共政策責任者であるブライアン・モーゲンスターンは次のように述べた、

「緊急事態でもないし、透明性とも何の関係もない。自称 “反暗号資産 “のエリザベス・ウォーレン上院議員による、政治的動機によるビットコインへの攻撃です”

同氏は、マイナーが送電網の安定性を高め、送電網のストレスと負の相関関係があることをデータが示していると付け加えた。

続きを読む暗号資産マイニングは2024年に利益を生むか?

暗号資産ESGキャンペーナーのダニエル・バッテン氏もこの意見に賛同し、次のように述べている:

“ウォーレン上院議員は、ビットコインが “公共の害 “をもたらすという新たな攻撃を開始するために、EIAから必要なほぼすべてのデータをすでに入手している”

Existing Bitcoin mining facilities in the US. Source: EIA
米国内の既存のビットコインマイニング施設|出典:EIA

同氏は、ビットコインがもたらす無数の送電網の安定化、再生可能エネルギーへの移行可能性、脱炭素化、コスト削減のメリットについての調査は行われていないと述べた。

電力網の所有者や運営者は、これらすべての証拠を示している。KPMGの独立報告書や コーネル大学の専門家による査読付き調査もこれを補足している。

「しかし、真実は重要ではない」とバッテン氏は言い、こう付け加えた:

「重要なのは、ビットコインを資産クラスとして弱体化させ、ビットコインマイニングを産業として弱体化させるための規制レバーを作動させるという、銀行家のドナーが望む結果をもたらすために、ストーリーを紡ぎ、道徳的な怒りを煽るのに十分な部分的なデータがあるということだ」

ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る
ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る

Trusted

Follow us on:

X(Twitter):@BeInCryptoJapan
Telegramチャンネル:@BeInCrypto Japan オフィシャルチャンネル

免責事項 - Disclaimers

当ウェブサイトに掲載されているすべての情報は、誠意をもって作成され、一般的な情報提供のみを目的としています。当ウェブサイトに掲載されている情報に基づいて行う一切の行為については、読者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。

profile.jpg
Martin Young
マーティン・ヤングは、デジタル資産分野の最新ニュースやトレンドを7年以上取材してきたベテランの暗号通貨ジャーナリスト兼編集者。同氏は、複雑なブロックチェーン、フィンテック、マクロ経済学の概念を主流の聴衆に分かりやすく伝えることに情熱を注いでいる。 BeInCrypto、CoinTelegraph、NewsBTC、FX Empire、Asia Timesなど、金融、テクノロジー、暗号資産に関するトップクラスの出版物で紹介されている。彼の記事は、暗号通貨市場、分散型金融、新興プロジェクト、規制の進展、デジタル資産の現実世界での採用について詳細な分析を提供しています。 暗号資産に加え、マーティンはウェブ開発とサイバーセキュリティの分野で20年以上の経験がある。同氏はその幅広い知識を暗号資産業界の最新の脅威や悪用に関する記事に活かしている。 執筆以外では、同氏が拠点とする東南アジアの僻地への旅行に多くの時間を費やしており、CNNでも写真を発表している熱心な写真家でもある。
READ FULL BIO
スポンサー
スポンサー