詳細を見る

ビットコイン半減期から80日:54%の暗号資産投資家が強気を維持

4 mins

ヘッドライン

  • 半減期から80日後、54%の暗号資産投資家が市場後退にもかかわらず強気を維持。
  • CoinGeckoの調査では、強気49.3%、中立25%で、慎重な楽観を示している。
  • BTCの価格は59,000ドルで10%下落し、恐怖指数は28で、市場の大きな不安を示している。
  • promo

ビットコイン半減期から80日が経過したが、暗号資産愛好家の間では慎重な楽観論が根強い。暗号資産投資家の半数以上が、半減期後の最初の利益を無効化した全般的な市場の引き下げにもかかわらず、依然として強気な感情を示している。

最近のCoinGeckoの調査によると、市場参加者の49.3%が強気な見通しを維持している一方、約4分の1が中立的なスタンスを取っており、市場動向に対する先行きの不透明感や様子見の姿勢を示している。

暗号資産投資家と構築者は強気

この調査では、暗号資産コミュニティ内のさまざまなグループを分析し、さまざまな役割における明確な感情が明らかになった。特筆すべきは、投資家の54.1%が市場の長期的な可能性を楽観視しており、暗号通貨の持続的な価値に対する確固たる信念を示していることだ。

また、建設業者も回復力を示し、47.6%が強気な姿勢を維持しているが、31.6%は弱気な感情を示している。

関連記事:ビットコイン半減期|報酬の半減と価格推移の関係性

逆に、トレーダーは見解が分かれている。約39%が強気を維持しており、市場の変化に素早く反応する一般的な短期取引戦略とは対照的だ。このグループの弱気心理は33.5%に達し、最近の価格変動に対する彼らの鋭敏な反応を強調している。

あまり積極的に市場をウォッチしていない「観戦者」は、最も弱気なグループであることがわかった。42.4%が悲観的で、楽観的な28.5%を大きく上回っている。これは、積極的な市場参加から一歩引いた人々の懐疑的な見方を反映していると思われる。

現在、BTC価格は5万9,000ドル前後で推移しており、ビットコイン半減期以降、およそ10%の下落を記録している。暗号資産恐怖と貪欲指数によって測定される市場のセンチメントは、恐怖が蔓延していることを示唆している。この指数は28で、過去1年以上で最も恐怖を感じる時期の一つであることを示唆している。

とはいえ、一部の投資家は、市場の恐怖はしばしば回復と成長に先行すると考え、これを理想的な買い機会と見ている。

関連記事:今注目のアルトコインを海外取引所で買う方法

「私としては、皆が最大に弱気になっている時に買いたい。暗号資産の強欲・恐怖指数は現在恐怖ゾーンにあり、一般的に買い時です。アルトコインの場合、恐らくこの指数は極端な恐怖に近い。今後3-4週間先まで視野を広げると、見通しはよりポジティブになり始める。暗号資産投資家のセンチメントは気まぐれで、急激な変化はよくあることです」と暗号資産投資家のケルビン・コー氏は言う

ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る
ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る

Trusted

Follow us on:

X(Twitter):@BeInCryptoJapan
Telegramチャンネル:@BeInCrypto Japan オフィシャルチャンネル

免責事項 - Disclaimers

当ウェブサイトに掲載されているすべての情報は、誠意をもって作成され、一般的な情報提供のみを目的としています。当ウェブサイトに掲載されている情報に基づいて行う一切の行為については、読者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。

Frame-2264-1.png
Harsh Notariya
BeInCrypto のジャーナリストで、分散型物理インフラネットワーク(DePIN)、トークン化、暗号資産エアドロップ、分散型金融(DeFi)、ミームコイン、アルトコインなど、さまざまなトピックについて執筆している。BeInCryptoに入社する以前は、Totality Corpのコミュニティ・コンサルタントとして、メタバースとNFTを専門としていました。また、Financial Fundaのブロックチェーンコンテンツライター兼リサーチャーとして、Web3、ブロックチェーン技術、スマートコントラクト、暗号通貨に関する教育レポートを同氏が作成した。バローダのマハラジャ・サヤジラオ大学で情報技術の学位を取得。
READ FULL BIO
スポンサー
スポンサー