詳細を見る

デジタル通貨グループ、30億ドルの暗号資産詐欺で訴えられる

3 mins

ヘッドライン

  • NY司法長官、DCGと関連会社を30億ドルの暗号資産詐欺で告発。
  • 訴訟の中心は、ジェミニ・アーン・プログラムの誤解を招くような高リターンの約束である。
  • 23万人以上の投資家が影響を受け、法的措置がDCGの苦境を複雑にしている。
  • promo

ニューヨーク州司法長官レティシア・ジェームズは10日、デジタル・カレンシー・グループ(DCG)とその関連会社が30億ドルを超えると推定される暗号資産詐欺を行ったとして告発した。

この拡大は、10月の最初の告発の3倍で、DCG、そのジェネシス・グローバル・キャピタル・ユニット、そしてキャメロン・ウィンクルボスとタイラー・ウィンクルボスが運営するジェミニ・トラストを巻き込んだものである。

30億ドルの暗号資産詐欺

ジェミニ・アーン・プログラムは、投資家に暗号通貨資産を貸し出すことで高いリターンを約束したもので、訴訟の中心となっている。ジェームズは、DCGとジェネシスが投資家を欺き、10億ドル以上の損失をもたらしたと主張している。欺瞞はジェネシスの直接投資家にも及び、彼らは資金の安全性を偽って安心させられたと報じられている。

この訴訟は、被害を受けた投資家(23万人以上)に対し、30億ドル以上の返還を求めるものである。

「この違法な暗号通貨スキームと、実在の人々が被った恐ろしい金銭的損失は、すべての投資家を保護するためにより強力な暗号通貨規制がなぜ必要なのかを改めて思い起こさせるものです」とジェームズは述べている。

この事件は、DCGとその子会社の法的苦境をさらに複雑にしている。ジェネシスは2023年1月に破産を申請したが、これはFTX破綻の余波でジェミニ・アーンの顧客が引き出しを停止したことに続く動きだった。両社は、開示要件を回避し、顧客の投資を危険にさらしたとして、米国証券取引委員会(SEC)から法的措置を受けている。

これは発展途上の話である…

ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る
ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る

Trusted

Follow us on:

X(Twitter):@BeInCryptoJapan
Telegramチャンネル:@BeInCrypto Japan オフィシャルチャンネル

免責事項 - Disclaimers

当ウェブサイトに掲載されているすべての情報は、誠意をもって作成され、一般的な情報提供のみを目的としています。当ウェブサイトに掲載されている情報に基づいて行う一切の行為については、読者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。

frame-2466.jpg
Bary Rahma
バリー・ラーマはBeInCryptoのシニア・ジャーナリストで、暗号資産上場投資信託(ETF)、人工知能(AI)、実物資産のトークン化(RWA)、アルトコイン市場など幅広いトピックを担当している。それ以前は、バイナンスのコンテンツ・ライターとして、暗号通貨の動向、市場分析、分散型金融(DeFi)、デジタル資産規制、ブロックチェーン、イニシャル・コイン・オファリング(ICO)、トークノミクスなどに関する詳細な調査レポートを作成していた。また、CNNの調査報道記者として、米国市場の最新テック分野の動向に焦点を当てた。ニューヨーク大学でジャーナリズムの学士号を取得。
READ FULL BIO
スポンサー
スポンサー