詳細を見る

イーサリアムETFはトークン化の成長に賭けている

4 mins

ヘッドライン

  • ウォール街はビットワイズ・アセット・マネジメントが主導するイーサリアムETFの今週ローンチに備える。
  • イーサリアムは、トークン化と分散型金融の成長に不可欠であると考えられている。
  • ビットコインETFの成功は、新たな資産クラスとしてのイーサリアムETFへの信頼を強める。
  • promo

ウォール街は、イーサリアムの上場投資信託(ETF)による新たな投資機会の導入に向けて準備を進めている。ビットワイズ・アセット・マネジメントのような業界大手が主導するこれらのスポット型イーサリアムETFは、早ければ今週にもローンチされる可能性がある。

多くの人々は、イーサリアムETFを、資産運用と取引を再定義する可能性のある技術進化に対する広範な賭けと考えている。

イーサリアムETF:新たな資産クラスの誕生

ビットワイズの最高投資責任者であるマシュー・ホウガン氏は、この展開を “新たな資産クラスの誕生 “と表現している。さらにHougan氏は、イーサリアムは現物資産トークン化に不可欠なインフラだと考えている。

「トークン化の成長に投資するなら、イーサリアムはピックとシャベルのようなものです。イーサリアムはそのすべてを支えている。…それは多くの人々にアピールすると思います」とHougan氏は述べた。

確かに、この視点はイーサリアムを将来の金融慣行の礎石として分散型金融の最前線に位置づけている。

トークン化は資産の権利をブロックチェーン上のデジタルトークンに変換する。この技術により、取引が瞬時に記録され、所有権がシームレスに移転されるため、金融システムの効率性と透明性が向上する。

ブラックロックのラリー・フィンクCEOも、トークン化はあらゆる資産クラスを見直すだろうと強調している。プロセスを合理化し、トレーサビリティとセキュリティの向上を通じてマネーロンダリングなどの問題を軽減する力を持つ、極めて重要な技術的進歩として注目されている。

イーサリアムETFの勢いは、ビットコインETFの成功に基づいている。1月のデビュー以来、ビットコインETFのスポットは今年約150億ドルの資金流入を集め、2023年のETF資金流入額の上位を占めている。今週、ビットコインETFは3億3,040万ドル以上の資金流入を記録した。

関連記事:イーサリアムETFとは?メリット・デメリットについて

特に昨日は、フィデリティのワイズ・オリジン・ビットコイン・ファンド(FBTC)が5,780万ドルの資金を集めたのを筆頭に、ビットコインETFのスポットには1億4,740万ドルの資金が流入した。言うまでもなく、水曜日は4日連続でビットコインETFのスポットフローがプラスとなった。

ビットコインの軌跡を振り返り、フーガン氏はイーサリアムの市場参入に強気の姿勢を崩していない。

「これらのイーサリアムETFが最初の2年間で50億ドル、100億ドル、150億ドルを獲得すれば、それは大成功だ」とHougan氏は述べた。

ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る
ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る

Trusted

Follow us on:

X(Twitter):@BeInCryptoJapan
Telegramチャンネル:@BeInCrypto Japan オフィシャルチャンネル

免責事項 - Disclaimers

当ウェブサイトに掲載されているすべての情報は、誠意をもって作成され、一般的な情報提供のみを目的としています。当ウェブサイトに掲載されている情報に基づいて行う一切の行為については、読者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。

Frame-2264-1.png
Harsh Notariya
BeInCrypto のジャーナリストで、分散型物理インフラネットワーク(DePIN)、トークン化、暗号資産エアドロップ、分散型金融(DeFi)、ミームコイン、アルトコインなど、さまざまなトピックについて執筆している。BeInCryptoに入社する以前は、Totality Corpのコミュニティ・コンサルタントとして、メタバースと非可菌トークン(NFT)を専門としていました。また、Financial Fundaのブロックチェーンコンテンツライター兼リサーチャーとして、Web3、ブロックチェーン技術、スマートコントラクト、暗号通貨に関する教育レポートを同氏が作成した。バローダのマハラジャ・サヤジラオ大学で情報技術の学位を取得。
READ FULL BIO
スポンサー
スポンサー