詳細を見る

イーサリアムL2ネットワークLinea、メインネットをローンチ

4 mins

イーサリアム(ETH)のレイヤー2ブロックチェーンLinea(リネア)は16日までに、メインネットのローンチを完了した。リネアは、暗号資産(仮想通貨)ウォレットMetaMaskの開発を手掛ける米Web3企業コンセンシスが独自に開発。ユーザーは今後、他のブロックチェーンからリネアへ暗号通貨をブリッジし、同ネットワーク上での分散型金融(DeFi)運用などが可能となる。

リネアはメインネットのローンチを記念し、17日から31日まで初期ユーザー向けのキャンペーンを実施している。ユーザーは、MetaMaskの暗号資産交換機能を利用してステーブルコインUSDC.eを購入する際、リネアの取引手数料(ガス代)が免除される。なお、同キャンペーンはMetaMaskの他、米ステーブルコイン企業サークル、決済代行会社BanxaおよびTransakと共同で開催。

リネアは、ゼロ知識証明(Zero-Knowlegde)を取り入れたロールアップ技術「zkロールアップ」を導入した、最新のスケーリングソリューション。EVM(イーサリアム仮想マシン)との互換性を持ち、開発者はイーサリアム分散型アプリケーション(DApps)をLineaへ簡単にデプロイできる。7月11日にメインネット・アルファ版をリリース後、150以上のパートナーがDappsをデプロイを完了。270万件以上のトランザクションが発生しており、リネア・ネットワークへの流入資産は2600万ドルに達している。

イーサリアムのレイヤー2ネットワーク関連データを提供するL2BEATによると、リネアのTVL(Total Value Locked:DeFiプロトコルに預けられた暗号資産の総価値)は約3200万ドル、レイヤー2ブロックチェーンの中で第14位。なお、リネアでは独自トークンの発行計画はない。

ロールアップとは:
メインネットにおけるブロックチェーンのセキュリティを活用しつつも、取引処理の一部をオフチェーンで行い、ブロックチェーンの混雑解消やガス代(取引手数料)抑制を図るスケーリングソリューションのこと。

ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る
ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る

Trusted

Follow us on:

X(Twitter):@BeInCryptoJapan
Telegramチャンネル:@BeInCrypto Japan オフィシャルチャンネル

免責事項 - Disclaimers

当ウェブサイトに掲載されているすべての情報は、誠意をもって作成され、一般的な情報提供のみを目的としています。当ウェブサイトに掲載されている情報に基づいて行う一切の行為については、読者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。

Shunsuke-Saito.png
Shunsuke Saito
青森県出身。2021年に暗号資産(仮想通貨)投資を開始後、22年よりライターとして従事。国内暗号資産メディアにてライター・編集を経て、23年3月、BeInCrypto(ビーインクリプト)にジャーナリストとして参画。ビットコイン、NFT、PoSノード、DeFiなどへの投資経験を持つ。
READ FULL BIO
スポンサー
スポンサー