詳細を見る

OKCoinJapan、ファイルコインを取り扱い開始へ=国内2例目

4 mins

暗号通貨(仮想通貨)取引所のOKcoinJapanは31日から、ファイルコイン(FIL)の取扱いを開始する。同社は6月20日にFIL7月中の上場を明かしていたが、GMOコインが8日から取り扱いを開始したことで取り扱いは国内第2例目となる。

取引開始時間は17時からで、対象サービスは取引所の板取引および、販売所での売買になる。FILの取り扱いにより、OKCoinJapanは、27種類の暗号資産を取り扱うこととなる。

暗号資産リサーチ企業のMessariのレポートによれば、今年第2四半期には、ファイルコインネットワーク上で活動的な取引を通じて約954PiBのデータが保存され、前四半期比で64%増加。ファイルコインからのプロトコル収入に関しては、91%増の250万FILに上昇した。

マイニング機器の製造販売大手のビットメイン(Bitmain)は21日、ファイルコインのマイニング分野に参入し、ファイルコイン用のマシンを販売開始していた。価格1台あたり約545万円で、ハッシュレート(採掘速度)は1秒間あたり、4,300テラハッシュとなっている。

ファイルコイン(FIL)とは?

ファイルコインは、ユーザー同士でストレージの貸し借りを行う分散型ストレージシステム。ファイルコインでは、IPFSと呼ばれる中央管理者がいない分散型のストレージシステムを採用。IPFSは、世界中のデバイスからストレージが保存可能な場所を見つけて、P2Pの分散ストレージを提供するという仕組みだ。ストレージプロバイダーはマイナーとしての役割を担う。ユーザーは、指定された期間データを保存するためにストレージプロバイダーに料金を支払う仕組みだ。ファイルコインは分散型ストレージを採用しているため、データセンターのようにデータを1つの場所に集約する必要がない。そのため、高速かつ、ハッキングなどに対しても強いシステムを提供する。

暗号資産トラッキングサイトのコインゲッコーによると、現在FILは時価総額ランキング30位に位置しており、価格は4.39ドルで取引されている。FILの価格はこのほどの米SECの未登録有価証券性に対する見解を受け、価格は横ばいとなっており、最高値と比較して約98%下落している。ファイルコイン側はSECの見解に対し、FILの証券性を否定している

ベスト暗号資産取引所
PancakeSwap PancakeSwap 50まで%
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る
ベスト暗号資産取引所
PancakeSwap PancakeSwap 50まで%
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る

Trusted

Follow us on:

X(Twitter):@BeInCryptoJapan
Telegramチャンネル:@BeInCrypto Japan オフィシャルチャンネル

免責事項 - Disclaimers

当ウェブサイトに掲載されているすべての情報は、誠意をもって作成され、一般的な情報提供のみを目的としています。当ウェブサイトに掲載されている情報に基づいて行う一切の行為については、読者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。

shota_oba.png
Shota Oba
国際関係の大学在籍中に国内ブロックチェーンメディアでのインターンを経て、2つの海外暗号資産取引所にてインターントレーニング生として従事。現在は、ジャーナリストとしてテクニカル、ファンダメンタル分析を問わずに日本暗号資産市場を中心に分析を行う。暗号資産取引は2021年より行っており、経済・社会情勢にも興味を持つ。
READ FULL BIO
スポンサー
スポンサー