詳細を見る

ファントム創業者、2023年内に銀行を創設か

3 mins

スマートコントラクト・プラットフォームを提供するFantom(ファントム)創業者アンドレ・クロニエ氏が22日、暗号資産に寛容な銀行を創設するとの計画を明らかにした。

発端は、カーブ・ファイナンス開発者マイケル・エゴロフ氏がツイッターだった。デジタル金融サービスのレボリュートが同氏の資金源が暗号通貨であることを知り、同氏の口座を閉鎖。これを受け「レボリュートは暗号通貨に寛容ではない」とツイートした。

これに対してクロニエ氏は「カードが必要なのか、それとも支払いだけのインフラなのか?もし後者なら、私たちの非公開ベータ版に参加させてあげられる。もしカードが必要なら、2023年末までに利用可能になるだろう」と返信。銀行開設に向けて動いていることを明らかにした。

クロニエ氏のツイートを受け、スレッド上では「KYC(顧客確認)は必要か?」、「アメリカでは使用可能か?」などといった質問が飛び交った。これらの質問に対し、同氏は「銀行は標準ライセンスに基づいているためKYCは避けられないだろう。アメリカでの運営は法律的には可能。しかし、昨今のアメリカのスタンスを考慮すると、おそらく我々はアメリカ市民を受け入れられないだろう」と語り、アメリカでのビジネスの可能性を否定した。

なお、同社の計画中の銀行は23年内に開設の見込み。同氏はBeInCryptoの取材に対し、「このプロジェクトはまだ一般公開されていない」と語った。

ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る
ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る

Trusted

Follow us on:

X(Twitter):@BeInCryptoJapan
Telegramチャンネル:@BeInCrypto Japan オフィシャルチャンネル

免責事項 - Disclaimers

当ウェブサイトに掲載されているすべての情報は、誠意をもって作成され、一般的な情報提供のみを目的としています。当ウェブサイトに掲載されている情報に基づいて行う一切の行為については、読者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。

shota_oba.png
Shota Oba
国際関係の大学在籍中に国内ブロックチェーンメディアでのインターンを経て、2つの海外暗号資産取引所にてインターントレーニング生として従事。現在は、ジャーナリストとしてテクニカル、ファンダメンタル分析を問わずに日本暗号資産市場を中心に分析を行う。暗号資産取引は2021年より行っており、経済・社会情勢にも興味を持つ。
READ FULL BIO
スポンサー
スポンサー