詳細を見る

ソラナ・トークンを0から立ち上げる方法

13 mins

編集注:以下のコンテンツは、BeInCryptoの見解または意見を反映するものではありません。情報提供のみを目的としており、金融アドバイスとして解釈されるべきではありません。投資を決定する前に、ご自身で調査を行ってください。

Solana(ソラナ)ブロックチェーンは2020年にローンチされたばかりだが、その人気は急速に高まっている。主な理由は、Solanaのスケーラビリティと取引コストの低さだ。トークンはSolanaブロックチェーン上で数多くの分散型アプリケーション(dApps)を運用する上で不可欠な役割を果たすが、多くの人はSolana上で独自のトークンを作成するために必要なコーディングスキルを持っていないかもしれない。

そこで登場するのがSmithii Toolsで、トークン作成を誰でも利用できるようにする画期的なソリューションだ。Solanaトークン(SPLトークン)は、このコード不要のプラットフォームを使って個人や企業が簡単に作成できる。

Smithii Toolsは、複雑なトークン作成プロセスを合理化し、幅広い技術的理解なしに誰でも使用できるようにする。

コーディングなしでSolanaトークンを起動

ブロックチェーン・プロジェクトを開発する上で不可欠ながら、しばしば困難になるのがトークンの作成だ。スマートコントラクトは複雑で、開発者はその複雑さを把握し、セキュリティを確保し、導入と維持のためのコストを抑える必要がある。多くの人、特にコーディング経験が豊富でない人は、これに高いハードルを感じるかもしれない。

コストを効率的に管理することは、トークンを立ち上げる際の技術的な部分と同じくらい重要だ。流動性プールの構築は、トークンをリリースする上でコストがかかる部分である。このプールは分散型取引所(DEX)にとって非常に重要で、取引が容易になり、流動性が保証されるためだ。

これにはDeFiのエコシステムを深く理解する必要があり、時間とコストのかかるプロセスとなる。

こうした問題に対応するべく、Smithii Toolsはトークン立ち上げの簡素化された安価な方法を開発した。トークンのローンチは、SPLトークンと流動性プールの作成プロセスを合理化するこのプラットフォームほど簡単で安価なものはない。

Smithii Toolsを使ったSPLトークンの作成は、手頃な価格で簡単だ。トークンの作成と流動性プールの設立を含む手続き全体のコストは、1.5SOLから5SOLである。

トークン作成への参入障壁を低くすることで、プロジェクト・オーナーはマーケティングやコミュニティ構築のような重要な分野に、より多くのリソースを振り向けることができる。

Solanaトークンの作成手順

Smithii Toolsを使えば、Solanaトークン(SPLトークン)の作成はシームレスなプロセスとなる。その旅は、シンプルさと効率性を追求したユーザーフレンドリーなツール、Solana Token Creatorから始まる。

Solanaウォレットをサービスに接続するのが最初のステップ。これは、新しく生成されたトークンのセキュリティと所有権を確認する重要なステップだ。

次に、トークンの詳細を決める。プロジェクトのビジョンに共鳴するユニークな名前と、キャッチーで代表的なティッカーシンボルを選ぶ。トークンの小数点以下の桁数を設定する。

そして、魅力的な画像をアップロードし、その機能と用途を要約した魅力的な説明を書くことで、トークンにビジュアル・アイデンティティを与えることができる。

これらの詳細が整ったら、トークンの総供給量を決定する。これは、トークンの希少性と潜在的価値に影響するため、非常に重要な決定である。選択に満足したら、”Create Token “をクリックし、トランザクションを承認する。わずかな時間であなたのSPLトークンは誕生し、次のステップに進む準備が整う。

流動性プールの作成が次のマイルストーンとなる。これは、あなたのトークンと他の暗号通貨(通常はSOLまたはUSDC)をペアリングするOpenBook Marketを生成することを含む。このステップは、分散型取引所(DEX)での取引を可能にし、流動性を確保するために不可欠である。

このSmithii Toolを使って行うことができる: OpenBook Marketを作成する。

マーケットIDの長さをカスタマイズして0.4 SOLから作成することもできる。

マーケットを設定したら、Raydium などの任意の DEX で流動性を追加する。このプロセスでは、あなたのトークンと対になる暗号通貨を同額プールへ預け入れ、あなたのトークンの初期価格と取引可能性を確立する。

Smithiiのユーザーフレンドリーな流動性プール作成ツールを使えば、この2つのステップを簡単に行うことができる。このツールを使ってリクイディティプールを作成・設定すれば、Raydiumに追加され、BirdeyeとDexscreenerに上場される。

注目のプラットフォームにSolanaトークンを掲載する

トークンと流動性プールが整ったら、次は知名度アップを行う。Birdeye、Dexscreener、Jupiter Aggregator、Coingecko、Coinmarketcapのような有名なプラットフォームにトークンを掲載することで、トークンの露出度と信頼性を大幅に高めることができる。

これらのプラットフォームは、潜在的な投資家やユーザーを惹きつけ、より多くのオーディエンスにあなたのトークンを発見してもらう舞台を提供する。

各プラットフォームは独自の上場プロセスを持っているが、一般的に、アクティブな流動性プールを持つトークンは自動的に認識され、上場される。Jupiter Aggregatorのようなプラットフォームでは、さらなる信頼性を得るために検証を申請する必要があるかもしれない。

Solana Smithii Toolsの特長

Smithii Toolsは、シームレスなトークン作成が可能なだけでなく、トークン作成と管理プロセスを簡素化するために設計された一連のさまざまな機能で際立っている。

マルチセンダー機能は、トークンやNFTを複数のウォレットに同時に配布したいプロジェクトにとって画期的な機能だ。エアドロップ、リワード、プロモーション配布のいずれにおいても、Multisenderはプロセスを合理化し、時間と労力を節約する。

保有やエンゲージメントにインセンティブを与えたいプロジェクトにとって、ステーキング・ビルダーは貴重なツールだ。NFTとトークンの両方にカスタムステーキングメカニズムを作成でき、忠実なコミュニティメンバーや保有者に報いる方法を提供する。

新しいトークンやNFTのローンチはLaunchpad機能を利用できる。プロジェクトの資金調達とオーディエンスの参加を促進するため、IDO(Initial DEX Offering)としても知られるイベントの鋳造プロセスを合理化する。

最後に、スナップショット機能はコミュニティ管理と分析に不可欠である。トークンまたはNFTコレクションの保有者のスナップショットを提供し、分布に関するインサイトを提供し、プロジェクトがそれに応じて戦略を調整するのに役立つ。

Smithii Toolsのメリット

Smithii Toolsには、トークン作成者にとって魅力的なオプションとなる利点がいくつかある。トークン作成にかかるコストはわずか0.5SOLで、コスパの良さは大きなメリットだ。参入障壁が低いため、小規模プロジェクトもSolanaエコシステムに参加できる。

使いやすさも重要な利点だ。トークンの作成と管理のプロセスが簡素化されているため、ユーザーはブロックチェーンやコーディングに関する技術的な専門知識を持っている必要はない。このユーザーフレンドリーなアプローチは、エコシステム内での幅広い採用と実験を促す。

あらゆるSolanaウォレットとの互換性が利便性を高め、ユーザーはウォレットを切り替えたり適応させたりする必要なく、Smithii Toolsを既存のセットアップにシームレスに統合できる。

まとめ

Solanaブロックチェーンのスケーラビリティ、低い取引コスト、優れた性能は、分散型世界にとって不可欠な要素となっている。

トークンがSolanaエコシステムの基盤であり続け、多数の分散型アプリケーションを駆動していることを考えると、トークン作成プロセスをより簡単で利用しやすくする必要性は、かつてないほど高まっている。

Smithii Toolsはここで本領を発揮し、コード不要のプラットフォームを提供することで、トークン作成を基本的に誰でも利用できるようにした。企業や個人はSmithii Toolsを使って簡単にSolanaトークン(SPLトークン)を作成することができ、複雑なコーディングを省き、コストを大幅に削減することができる。

Smithii Toolsを使えば、経験やブロックチェーン技術への精通度に関係なく、トークン・プロジェクトの構築がこれまで以上に簡単になる。

関連リンク:

Discord | Twitter | Telegram | YouTube

ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る
ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る

Follow us on:

X(Twitter):@BeInCryptoJapan
Telegramチャンネル:@BeInCrypto Japan オフィシャルチャンネル

免責事項 - Disclaimers

当ウェブサイトに掲載されているすべての情報は、誠意をもって作成され、一般的な情報提供のみを目的としています。当ウェブサイトに掲載されている情報に基づいて行う一切の行為については、読者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。

Shigeki_Mori.jpg
Shigeki Mori
大阪府出身。日本では雑誌編集者、読売テレビ広報記者、豪州では日系メディア編集・記者などを経てフリーに。日本とオーストラリアで20年以上、ジャーナリスト、編集者、翻訳者、ウェブプロデューサーとして活動してきた。近年は暗号資産関連の記事の執筆や翻訳、コンテンツ・マネジメントを行っている。
READ FULL BIO
スポンサー
スポンサー