詳細を見る

中東紛争がビットコイン、暗号資産市場暴落の引き金に

5 mins

ヘッドライン

  • 中東で地政学的緊張が高まり、暗号通貨市場が大幅に下落した。
  • ビットコインをはじめとするデジタル資産は顕著な価格暴落に見舞われ、BTCは数分のうちに6,000ドル下落した。
  • 売りの結果、約9億6,240万ドルが清算されたが、これは主に強気ポジション保有者からのものであった。
  • promo

暗号資産(仮想通貨)市場は14日、大幅な下落に見舞われ、ビットコインをはじめとする仮想通貨は10%近く下落した。

この下落は、中東における地政学的緊張の高まり、特にイランのイスラエル攻撃によって引き起こされた。

イランの攻撃が暗号資産市場の下落に拍車をかける

暗号資産市場は大幅な価格暴落を経験し、いくつかのアルトコインはイランのイスラエル攻撃の影響を受け、2桁台の急落を記録した。ビットコイン(BTC)は攻撃から数分以内に6,000ドルの急落を記録し、約6万8,000ドルから6万0,800ドルまで急落した(本稿執筆時時点では6万4,400ドルまで回復)。

同様にイーサリアム(ETH)も約3,200ドルから2,800ドルまで下落し、その後3,000ドルまで回復した。BNB、ソラナ、ドージコインなどの他の過疎王通過も、過去24時間にそれぞれ5%、8%、10%の下落を経験した。

これらの動きはトレーダーに大きな損失をもたらした。Coinglassのデータによると、約9億6,240万ドルの損失が発生し、主に7億7,176万ドルの損失を被った強気のポジションホルダーが損失を被った。これに対し、ショートトレーダーは市場の低迷により1億9963万ドルの損失を被った。

暗号資産市場の清算
暗号資産市場の清算ヒートマップ|出典:コイングラス

さらに、Parsecのデータによると、DeFiセクターは1億2000万ドルを超える清算を目撃し、清算の今年最高点を記録した。

QCPキャピタルのアナリストは、ビットコインが週末の代理マクロヘッジとしての役割を果たし、即時のリスクオフ反応の完全な影響にさらされていることが、広範な売りの原因であると指摘した。同社は、主要な地政学的紛争の間にこのようなシナリオで過去の収益性を引用し、この状況はトレーダーがディップを購入する機会を提供すると指摘した。

関連記事:ビットコイン価格予測 2024/2025/2030

一方、CryptoQuantのリサーチ責任者であるフリオ・モレノ氏は、今回の売りでトレーダーの含み益がゼロにリセットされたことを強調した。

「今日の売り越し後、トレーダーの含み益(紫色の部分)は2月上旬(10%)以来の低水準にある。さらに、価格はトレーダーの実現価格である5万8,000ドルに近づいている」とモレノ氏は付け加えた。

ビットコイン価格
ビットコイン実現価格|出典:フリオ・モレノ/CryptoQuant

それでも、中東の緊張は依然として高く、イスラエルが無人機攻撃に報復した場合、イランはさらなる攻撃の警告を発している。イランは、イスラエルが別の “過ち”を犯せば、より厳しい対応に出ると警告している。

「イランの軍事行動は、シオニスト政権がダマスカスにあるわれわれの外交施設に侵攻したことに対するものだ。この問題は終結したとみなすことができる。しかし、イスラエル政権が再び過ちを犯すようなことがあれば、イランの対応はかなり厳しくなるだろう。これは、イランとならず者イスラエル政権との間の紛争であり、米国はこれに関与してはならない」と、イラン・イスラム共和国国連代表部はXに投稿した。

ベスト暗号資産取引所

Trusted

Follow us on:

X(Twitter):@BeInCryptoJapan
Telegramチャンネル:@BeInCrypto Japan オフィシャルチャンネル

免責事項 - Disclaimers

当ウェブサイトに掲載されているすべての情報は、誠意をもって作成され、一般的な情報提供のみを目的としています。当ウェブサイトに掲載されている情報に基づいて行う一切の行為については、読者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。

oluwapelumi-adejumo.png
Oluwapelumi Adejumo
オルワペルミは、ビットコインとブロックチェーン技術が世界をより良く変える可能性を秘めていると信じている。同氏は熱心な読書家で、2020年に暗号資産についての執筆を始めた。
READ FULL BIO
スポンサー
スポンサー