詳細を見る

スポットビットコインETFの成功がクラーケンのライセンス収入に貢献

6 mins

ヘッドライン

  • 暗号通貨取引所クラーケンは、2019年に買収したCFベンチマークを通じてライセンス料で数十億ドルを稼いでいる。
  • CFベンチマークは、ビットコインETF市場における公認ベンチマーク管理者として重要な役割を果たしています。
  • 2月の資金流入額は14億ドルを超え、わずか1ヶ月でCFベンチマークの収益目標を上回った。
  • promo

クラーケンが2019年にCF Benchmarksを戦略的に買収したことは、スポットビットコインETFがますます受け入れられている市場において、非常に有利であることが証明された。

世界最大の暗号資産インデックスプロバイダーであるCF Benchmarksは、ビットコインETF市場における公認ベンチマーク管理者として重要な役割を果たしている。このポジションにより、KrakenはBitcoin ETFの需要増を利用することができ、数百万ドルのライセンス料を得ることができました。

スポットビットコインETFの出現でKrakenが成功

暗号通貨取引プラットフォームのクラーケンは、2019年に買収した子会社のCFベンチマークから数百万ドルのライセンス料を得ている。クラーケンは正確な数字を公表していないが、この買収は9桁の金額だった。2022年、仮名研究者のHide Not Slideは、CF Benchmarksを通じたKrakenの大きな収益の可能性を予測していた。

「Krakenは暗号資産市場で最もシェアを持っているわけではありませんが、CF Benchmarksという、時間の経過とともにトップマネーメーカーになると私が考える資産を持っています。ThiはCMEの暗号先物商品の指数プロバイダーです。CMEの暗号先物が成長し続ければ、Krakenは大きなマーケットパワーを握るでしょう」と同氏は書いている。

この予想は、2024年1月10日に11のスポット・ビットコインETFが承認されたことで現実のものとなった。CF BenchmarksのCEOであるSui Chung氏は、新しいETFはアセットクラスと自社の双方にとって大きな一歩であると述べた。

「スポットETFはアセットクラスにとって大きな前進であり、ひいては、アセットクラスのインデックスプロバイダーとしての当社の役割を考えると、CF Benchmarksのビジネスにとっても大きなマイルストーンとなりました。これにより、当社と当社の親会社であるクラーケンは、この分野に参入している機関投資家へのサービスを拡大することができました」とチョンはBeInCryptoに語った。

続きを読む:ビットコインETFとは何か?

Chung氏は、2月の資金流入額が14億ドルを突破し、1ヶ月で1年間の収益目標を超えたことを明らかにした。ブラックロック、アーク・インベスト、フランクリン・テンプルトンなどが発行する主要ファンドはBRRインデックスを利用しており、CFベンチマークの市場影響力は確固たるものとなっている。

「すべての計算を終えたときには、午前1時でした」と、チョン氏は2月時点の資金流入額が14億ドルを突破した数字について言及した。「1ヶ月で、ビットコインETFは私の1年間の目標を達成し、ビットコインETFブームは始まったばかりだった。

DefiLlamaによると、投資家はビットコインETFに570億ドル以上を注ぎ込み、CF Benchmarksは多額のライセンス料を得ることができた。CF Benchmarksはその収益を公表していないが、当面は多額の収益を上げ続けることが予想される。

続きを読む:ビットコインETFの取引方法:段階的アプローチ

スポットETF AUM
ETFの総資産|DeFiLlama

例えば、S&Pダウ・ジョーンズは、S&P500インデックスに基づく資産に対して、約3ベーシスポイント(0.03%)を顧客に課している。ステート・ストリートのETFが5,410億ドルを運用していることを考えると、S&Pはこの単一のファンドから1億6,200万ドルの手数料を得ていることになる。今夏にはイーサリアムETFの上場が予定されており、CFベンチマークは力強い成長を遂げそうだ。

CFベンチマークは、インデックスが信頼に足るものであることを保証するため、厳格なルールを実施している。取引所は不正行為を防止し、インデックスに掲載されるためには厳格なKYCとAMLチェックに従わなければならない。BRRはKraken、Coinbase、Geminiを含む複数のプラットフォームから価格データを収集しているが、規制上の問題からBinanceは除外している。このような透明性と信頼性へのコミットメントは、暗号資産 市場におけるCF BenchmarksとKrakenの高い評判を強化する。

ベスト暗号資産取引所
PancakeSwap PancakeSwap 50まで%
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る
ベスト暗号資産取引所
PancakeSwap PancakeSwap 50まで%
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る

Trusted

Follow us on:

X(Twitter):@BeInCryptoJapan
Telegramチャンネル:@BeInCrypto Japan オフィシャルチャンネル

免責事項 - Disclaimers

当ウェブサイトに掲載されているすべての情報は、誠意をもって作成され、一般的な情報提供のみを目的としています。当ウェブサイトに掲載されている情報に基づいて行う一切の行為については、読者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。

lockridge-okoth.png
Lockridge Okoth
ロックリッジ・オコトはBeInCryptoのジャーナリストで、Coinbase、Binance、Tetherなどの著名な業界企業に焦点を当てている。同氏は、分散型金融(DeFi)、分散型物理インフラネットワーク(DePIN)、リアルワールドアセット(RWA)、GameFi、暗号通貨における規制動向など、幅広いトピックを扱っている。以前はInsideBitcoins、FXStreet、CoinGapeでビットコインやアルトコイン(Arbitrum、Polkadot、ポリゴン(MATIC)など)の市場分析、技術評価を担当。同氏はケニヤッタ大学で分子生物学の学士号を取得し、バークレー校の起業家センターで認定ブロックチェーン・ファンダメンタルズ・プロフェッショナルの資格を取得している。
READ FULL BIO
スポンサー
スポンサー