詳細を見る

Kryptanium CapitalのヤンCIO、5月はAI、ソラナ、ミームコインに注目

4 mins

ヘッドライン

  • ダニエル・ヤン、AI、ソラナ、暗号資産売買のミームに注目。
  • 4月の暗号資産暴落はマクロ経済要因に影響された。
  • ヤン氏は安定化を予測し、特定の暗号通貨には強気。
  • promo

Kryptanium Capitalのダニエル・ヤンCIO(最高投資責任者は6日、暗号資産市場が混乱した4月を踏まえて、5月の取引戦略について語った。

同氏は、5月は特に人工知能(AI)、ソラナ(SOL)、ミームコインに注目しているという。

AI、ソラナ、ミームコインが5月のトレードをリードする

4月に起きた暗号資産の暴落は、マクロ経済と市場ダイナミクスの融合によってもたらされた。米国の持続的なインフレと労働市場の過熱が米国債の大幅な暴落につながり、そうしたマクロ経済要因に敏感な暗号通貨に影響を与えた。さらに、予想に反して安定的な投資というよりも取引手段として機能したビットコインETFのスポットの挙動も4月の下落の一因となった。

アルトコインは、流動性の低さとロック解除スケジュールの多さにより痛烈な打撃を受け、2022年の波乱の出来事以来の劇的な下落につながった。

「4月のCoinMarketCapのトップ100トークンの中位パフォーマーは、ビットコインとイーサリアムの15.5%という穏やかな下落に比べ、33%の下落を見た」とヤン氏は説明する。

アルトコイン時価総額
アルトコインの時価総額 出典:トレーディングビュー

しかし、一連のマクロ経済のポジティブなアップデートの後、ヤン氏は明るい兆しを見ている。米財務省による2002年以来の債券買い戻しプログラムの導入や、米連邦公開市場委員会(FOMC)のハト派的な声明が暗号資産市場の安定につながった。これらの要因によって、ビットコインはわずか数日で10%以上反発した。

ヤン氏は5月を「暗号資産にとって非常にマクロな月」になると予測している。同氏は、月半ばの消費者物価指数が市場の方向性に影響を与えるまで、市場は安定すると予想している。具体的には、ヤン氏はソラナ、AI駆動型コイン、ミームトークンなどのカテゴリーに強気だ。

「ソラナカテゴリー、AIカテゴリー、ミームカテゴリーは、私のキャッチアップトレードのトップピックだ。一般的に、私は非常に強気な2024年のテーゼが挑戦されているとは全く思わない。しかし、4月の暴落はすべての市場関係者にとって大きな教訓です」とヤン氏は主張した。

関連記事:2024年注目のミームコインとアルトコイン7選

4月のチャレンジにもかかわらず、ヤン氏は暗号資産の長期的な見通しについて楽観的であり、最近の暴落を市場参加者にとって重要な教訓と捉えている。

ベスト暗号資産取引所

Trusted

Follow us on:

X(Twitter):@BeInCryptoJapan
Telegramチャンネル:@BeInCrypto Japan オフィシャルチャンネル

免責事項 - Disclaimers

当ウェブサイトに掲載されているすべての情報は、誠意をもって作成され、一般的な情報提供のみを目的としています。当ウェブサイトに掲載されている情報に基づいて行う一切の行為については、読者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。

Frame-1934.png
Bary Rahma
バリー・ラーマはニューヨーク大学でジャーナリズムの学位を取得した有能なジャーナリストである。 幅広いキャリアの中で、CNNなどの有名メディアで働き、調査能力とストーリーテリング能力を発揮してきた。現在はBeInCryptoで、ダイナミックな暗号資産に関する洞察に満ちた記事を執筆している。BeInCryptoでの仕事に加え、Binanceのコンテンツライターとして、暗号通貨のトレンド、市場分析、アルトコイン、分散型金融(DeFi)、デジタル資産規制、ブロックチェーン、ICO、トークノミクスに関する有益なコンテンツを作成し、専門知識を提供している。ジャーナリズムと暗号資産に関する知識をユニークに融合させた彼女は、この業界で多才かつ高い評価を得ている。
READ FULL BIO
スポンサー
スポンサー