詳細を見る

ラタム暗号資産ラウンドアップ:今週の厳選記事

12 mins

ヘッドライン

  • BeInCryptoの包括的なラタム暗号資産ラウンドアップは、ラテンアメリカ全域からの最新ニュースとトレンドをお届けします。
  • 今週号では、コロンビアでのワールドコインの拡大、ブラジル最大のネオバンクによる新しい暗号資産などを取り上げる。
  • ラテンアメリカの暗号資産シーンが成長するにつれ、これらのストーリーは世界市場におけるこの地域の影響力の高まりを浮き彫りにしている。
  • promo

BeInCryptoの包括的なラタム暗号資産ラウンドアップは、ラテンアメリカで最も重要なニュースとトレンドを紹介。ブラジル、メキシコ、アルゼンチンなどのレポーターとともに、この地域の暗号資産シーンの最新アップデートとインサイトをカバーする。

今週のラウンドアップには、アルゼンチンにおけるAIの取り組み、コロンビアにおけるWorldcoinの拡大、ブラジル最大のネオバンクによる新しい暗号機能などが含まれる。

アルゼンチンのハビエル・ミレイ大統領がOpen AI CEOのサム・アルトマン氏と会談

ハビエル・ミレイ大統領は、アルゼンチンを人工知能(AI)のハブとして位置づけることを目指し、サンフランシスコを初めて訪問した際にOpenAI CEOのサム・アルトマン氏と会談した。主催者は、この1時間に及ぶ会談を、新たな投資を呼び込むための重要な機会と捉えている。このイベントは、米国のテクノロジー起業家が直面する潜在的な法的規制の中で開催された。

ミレイ大統領は自身の公式Xアカウントでアルトマンとの写真を公開し、「リバタリアン」なアルゼンチンが提供するチャンスに熱意を示した。アルトマンは通常、他の指導者との正式な接触を避けるが、資本主義と経済的自由を熱烈に擁護する同氏に惹かれ、ミレイ大統領には例外を設けた。

ミレイと彼のチームは、ヨーロッパの規制がイノベーションを阻害していると批判し、アルゼンチンを技術成長のための肥沃な土地と見なしている。彼らは、経済的自由と最小限の規制へのコミットメントのおかげで、同国が米国、中国、ヨーロッパとともにAI開発の主要拠点になると信じている。

ハビエル・ミレイ、サム・アルトマン
ハビエル・ミレイ、サム・アルトマンFuente:X/Twitter

LATAMの人気アービトラージ・プラットフォームが詐欺で告発される

ベネズエラとコロンビアで人気のアービトラージ・プラットフォームSolesbotは、暗号通貨市場で動作する人工知能ベースの取引ボットであると自称している。その提案はシンプルで、ユーザーはリンクされた口座に資金を預け、ボットは異なる取引所で暗号通貨を売買し、わずかな価格差を利用して利益を得るというものだ。

しかし、ラテンアメリカの暗号資産コミュニティーの何人かは、このボットをねずみ講だとし、懸念を表明している。偽名の開発者CryptoSoftDevは、自身のXアカウント(旧Twitter)で、このプラットフォームの運用について詳しく説明したスレッドを公開した。

同氏はまず、ソレスボットがBSCで運営されていることを明らかにした。そして同氏は、ユーザーがUSDTを入金すると、BSC上の5つの「コレクター」ウォレットのうちの1つに送金されると指摘した。これらのウォレットは、引き出しを要求するユーザーへの支払いを目的とした “分配 “ウォレットに資金を転送する。

“COLLECTOR “ウォレットを詳しく見てみると、操作の頻度は少ないが、非常に高額なものがあることに気づいた。例えば、このウォレットは4日前に別のウォレットに1回で345,000ドルを送金している。BINGO、我々は’DRAINER’ウォレットを持っている」とCryptoSoftDevは指摘した。

CryptoSoftDevは、”drainer “ウォレットが受け取った資金はBinanceに送られ、その後イーサリアム(ETH)の形でSolesbotに戻され、”それらの間で合計+90万ドルになる “と指摘した。

アナリストの警告にもかかわらず、ソレスボットはフォロワーを魅了し続けている。多くの投資家は、このプラットフォームを通じて収入を得ることが可能だと主張しているが、赤旗はまだ残っている。

続きを読む最も一般的な15の暗号資産詐欺に気をつけよう

エルサルバドル、ジャック・ドーシーが支援するマイニングプールを誘致

Twitterの元CEOジャック・ドーシーが支援するマイニングプールOceanは、エルサルバドルの首都に新本社を設立し、分散型ビットコインマイニングの事業展開に注力することを発表した。同社はエルサルバドルから国際的なビットコインマイニングのハブとして運営され、マイニングの範囲を拡大するためにあらゆる規模のマイナーを設置することで分散化戦略を実施する。

さらに、Ocean Miningは、El Zonteのような場所で、同国におけるビットコイン教育をサポートし続ける。数ヶ月前、ブロックストリームのアダム・バック最高経営責任者(CEO)は、エルサルバドルのマイニング・インフラは “経済大国 “になると述べ、ビットコインを “デジタル・ゴールド “の進化形と表現した。

エルサルバドルでのビットコインマイニングは世界的な注目を集めている。昨年1月、ビットコインNGO「マイ・ファースト・ビットコイン」は、ドーシーズ・ブロックから新たな助成金を受け取った。この非営利団体は、デジタル・プラットフォームを拡大し、新たな言語への提供を拡大するために資金を使用する。

関連記事:暗号資産マイニングは稼げるのか

Ocean Miningのハッシュレート
オーシャン・マイニング・ランキング|出典:ハッシュレート指数

WorldcoinのWorld IDがコロンビアに上陸

国際的な論争にもかかわらず、WorldcoinはコロンビアでWorld ID検証を提供することで、ラテンアメリカでの拡大を続けている。この導入は、同国および同地域全体におけるProof-of-Humanityへの関心の高まりと一致している。

現在、ボゴタに6カ所、メデジンに4カ所の計10カ所にオーブが設置されている。しかし、同プロジェクトは最近、「オーブはさらに増える」と述べ、これらのマシンの利用可能性を高める計画を示している。

ワールドIDは、オンライン上の真正性についての懸念に対処し、プライバシーの基準を設定する可能性があるが、依然として法的および信頼性に関する大きな課題に直面している。同社はスペインとポルトガルで法的問題に遭遇しており、アルゼンチンとチリでは現在進行中の調査が行われている。

関連記事:暗号資産(仮想通貨)ワールドコインとは?特徴や入手手順を解説

ブラジルのネオバンクがBTC、ETH、SOL送金のサポートを追加

ブラジル最大のネオバンクであるNubankは、ビットコイン、イーサリアム、ソラナとの取引を可能にする新機能を導入した。当初はこれら3つの暗号通貨のみがサポートされているが、近日中にさらに多くの暗号通貨が追加される予定だ。

Nubankは、2023年3月から2024年3月にかけて暗号通貨の取引量が1,500%増加したと報告している。この新機能により、顧客は好きな時に暗号資産を送金できるようになる。

別の動きとして、USDCステーブルコインの発行元であるCircleは、NubankおよびBTG Pactualと提携し、ブラジルでのインフラストラクチャーの開始を発表した。この提携により、ブラジルの銀行システムを通じて個人顧客や機関投資家に直接流動性を提供し、USDCの交換や換金を可能にする。

関連記事:クレジットカードで暗号資産を購入する方法

サンパウロのCircleフォーラム
CircleがブラジルでUSDCの普及を促進するためにローンチ|出典:X/Jeremy Allaire

ラテンアメリカの暗号資産シーンが成長を続ける中、これらのストーリーは世界市場におけるこの地域の影響力の高まりを浮き彫りにしている。AIにおけるアルゼンチンの野心から、暗号通貨サービスを拡大するブラジルに至るまで、ラテンアメリカ地域は自らを技術世界の重要なプレーヤーとして位置づけている。来週のラウンドアップでは、さらなる最新情報と洞察をお届けする。

ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る
ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る

Trusted

Follow us on:

X(Twitter):@BeInCryptoJapan
Telegramチャンネル:@BeInCrypto Japan オフィシャルチャンネル

免責事項 - Disclaimers

当ウェブサイトに掲載されているすべての情報は、誠意をもって作成され、一般的な情報提供のみを目的としています。当ウェブサイトに掲載されている情報に基づいて行う一切の行為については、読者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。

b89964d5d1b8350ba844c260d4714556.jpg
Daria Krasnova
ダリア・クラスノヴァは、伝統的な金融と暗号資産の両業界で8年以上の経験を持つ熟練エディター。分散型金融(DeFi)、分散型物理インフラネットワーク(DePIN)、リアルワールド資産(RWA)など、さまざまなトピックを担当。BeInCrypto入社以前は、モスクワ証券取引所、ETFプロバイダーのFinEx、ライファイゼン銀行など、著名な伝統的金融企業でライター兼編集者を務めた。ビジネスや投資のトレンド、包括的な調査レポートの作成などを担当。 ダリアは、Blockchain Life、Binance Blockchain Week、Blockchain Economy、Devconnectなどの主要な暗号資産イベントで講演や司会を行ってきた。また、業界のリーダーたちにインタビューを行い、その洞察を執筆を通じて共有している。モスクワ国立大学ジャーナリズム学部卒業。
READ FULL BIO
スポンサー
スポンサー