詳細を見る

ビットコインは暴落するのか?

15 mins

ヘッドライン

  • ビットコイン現物ETFなどもあり、近年におけるビットコインの暴落リスクは年々低下している
  • しかし、株式市場の下落や暗号資産に関する各国の規制といったリスクも依然として存在
  • 分散投資やステーキング、長期投資などの暴落リスクを備えた投資を行うのがオススメ

ビットコインが2024年に入り、価格の高騰、下落を繰り返しています。半減期やETFの承認もあり、ビットコインに投資する人も増えていますが、暴落するリスクをい懸念している人も多いはずです。しかし結論から言うと、暴落する可能性はゼロではないが、年々信頼性が増しているため、大暴落のリスクは低いと言えるでしょう。

本記事では、ビットコインの主な暴落理由や、その暴落時の対処法を解説していきます。ビットコインへの投資を始めている人は、ぜひ最後までご覧ください。

ビットコインは暴落する可能性があるのか?

ビットコインは、2021年末に史上最高値を更新し、その後大きな下落局面に入りました。しかし、2024年5月現在、再び上昇傾向にあり、動向が注目されています。

実際に、ビットコインは過去にも何度も暴落を経験しており価格変動が激しい資産でもあります。しかし、過去と比較すると、ビットコインの暴落後における底値は年々上昇しており、ビットコイン半減期の到来、ビットコイン現物ETFなどによる信頼性向上に寄与しています。下記の画像は、ビットコインの半減期と価格推移を示したグラフです。

ビットコイン半減期とは、ビットコインの発行量が約4年ごとに半減する仕組みのこと。発行枚数が限られることで、希少価値が高まり、価格上昇につながる要因となっています。2024年4月には、4度目の半減期を迎えたばかりであり、今後も価格上昇を期待する向きがあります。

ビットコイン現物ETF承認と長期保有者の増加

2024年1月には、米国でビットコイン現物ETFが承認されました。これは、伝統的な機関投資家がビットコイン投資に参加できる環境が整ったことを意味しており、暗号資産市場の安定化と価値向上に繋がると期待されています。株式などの伝統的な金融アセットと同様に、価値のある資産として認められた要因も大きいです。

くわえて調査によると、ビットコインホルダーの多くは長期保有を表明しており、短期間での売買を目的とした取引は減少傾向にあります。ビットコインを将来性の高い資産として、長期的な価値上昇を期待している投資家が増えていることを示しているでしょう。

これらの状況から、今後ビットコインが暴落する可能性は依然としてありますが、過去のような70%や50%といった極端な暴落は起こりにくいと考えられます。

ビットコインが暴落する理由

ビットコインが暴落する主な理由を紹介します。

  • 株式市場の下落
  • 暗号資産に関する各国の規制
  • 世界的な不況や戦争

ビットコインが暴落する理由①:株式市場の下落

ビットコインと株式市場は、以前よりも密接に連動する傾向が強まっています。これは、機関投資家がビットコイン投資に参入するようになり、投資対象としての性質が株式と類似してきたことが要因と考えられます。

特に、米国株式市場の下落は、ビットコイン価格に大きな影響を与えます。米国株式市場は、世界経済のけん引役として重要な役割を果たしており、世界中の投資家心理に影響を与えるため、ビットコイン価格にも反映されていきます。

ビットコインが暴落する理由②:暗号資産に関する各国の規制

暗号資産の利用によるマネーロンダリングやテロ資金供与などの犯罪が問題視されています。またFTXやテラルナのような事件が発生すると、世界的に暗号資産規制が進む可能性が高くなり、こうした問題を受け、各国政府は、暗号資産に関する規制を強化する動きを加速させています。主要国の規制状況は、以下です。

  • 中国:中国政府は、暗号資産の取引とマイニングを全面禁止することを発表
  • インド:インド政府は、暗号資産所得に対して30%の課税を行うことを発表。また、暗号資産取引所に対して、厳しい規制を導入する予定。
  • 米国:米国では、連邦政府レベルでの暗号資産規制はまだ制定されていないため、証券取引委員会(SEC)などの規制当局は、暗号資産市場の監視を強化

ビットコインが暴落する理由③:世界的な不況や戦争

2022年2月に勃発したロシア・ウクライナ戦争は、世界経済に大きな影響を与えています。投資家心理が悪化すると、リスク回避心理からリスク資産であるビットコインが売却され、価格下落につながります。

ロシア・ウクライナ戦争以外にも、2024年以降は中東情勢の悪化や台湾有事などのリスクも懸念されています。これらのリスクが現実化すれば、世界経済はさらなる混乱に陥り、ビットコイン価格にも大きな影響を与える可能性があります。

ビットコイン暴落に備えたおすすめ投資方法

暗号資産市場上昇、ビットコイン(BTC)価格、アプトス(APT)

ビットコイン暴落に備えたおすすめ投資方法を解説します

  • 積立投資
  • ステーキング

ビットコイン暴落に備えた投資①:積立投資

積立投資は、毎月一定額をビットコインに投資していく方法であり、暴落リスクを軽減しながら、長期的な資産形成を目指すのに有効な戦略となります。

積立投資は、いつビットコインを購入するのかを自分で決める必要がなく、毎月一定額を自動的に購入していく仕組みです。そのため、暴落のタイミングで購入してしまうリスクを軽減できます。しかし、積立投資は、長期保有を前提とした投資方法です。そのため、長期的な成長性が高いと期待される銘柄に投資するのがおすすめです。

ビットコイン暴落に備えた投資②:ステーキング

ステーキングは、保有しているビットコインをネットワークの運営に利用することで、報酬を得られる仕組みです。ステーキングのメリットは以下です。

  • 暴落時でもインカム収入を得られる:ステーキングは、ビットコインの価格変動に関係なく、一定の報酬を得ることができるため、暴落時でもインカム収入を得ることができる
  • 長期保有の銘柄に有効:ステーキングには、ロックアップ期間と呼ばれる期間が存在します。ロックアップ期間中は、ステーキングしたビットコインを売却することができばいため、長期的な視点でビットコインを保有し続けることができる

ステーキングにおすすめなのは「Bybitステーキング」です。Bybitステーキングは、暗号資産取引所Bybitが提供する、暗号資産を預けるだけで報酬を獲得できるサービス。高い年間利回りが保証されているのが特徴。BTCやETH、USDTなどの人気の高いコインに対応しています。Bybitステーキングの始め方は以下です。

  1. Bybitで口座開設する
  2. 本人確認を完了させ、Bybitに暗号通貨を送金&購入
  3. Bybitステーキングページに移動し、通貨を選択
  4. 「ステーキングする」を選択し、完了

Bybitステーキングの始め方は、以下をチェックしてみてください。

ビットコイン暴落に関する注意点

ビットコイン暴落に関する注意点は以下です。

  • リスクを分散させておく
  • 情報を自分で判断する

ビットコイン暴落に関するの注意点①:リスクを分散させておく

ビットコインのような価格変動の大きい資産に投資する場合、すべての資産をビットコインに集中させることは非常に危険です。リスク分散を意識して投資することで、リスクを軽減することができます。具体的には、以下のような方法があります。

  • 異なる種類の暗号資産に投資:ビットコイン以外にも、イーサリアムやXRPなど、様々な種類の暗号資産が存在します。価格変動の傾向も異なるため、リスクを分散することができます
  • 株式や債券などの他の資産に投資:株式や債券などの資産にも投資することで、リスクを分散できます

ビットコイン暴落に関するの注意点②:情報を自分で判断する

ビットコイン投資においては、様々な情報が飛び交いますが、鵜呑みにせず、自分で判断することが重要です。インターネット上には、様々な情報が発信されています。中には、真実ではない情報や、誤解を招く情報も存在します。

またFOMO(Fear Of Missing Out)にも注意しましょう。FOMOとは、「取り残されることへの恐怖」という意味で、ビットコイン投資においては、周りの人が儲けているように見えると、自分も投資せずにはいられないという心理が働きます。FOMOに流されて投資判断を行うと、後悔してしまう可能性があるため、冷静な判断を心がけ、FOMOに惑わされないことが重要です。

まとめ:ビットコインの暴落する可能性は、年々下がっている

ビットコイン価格

ビットコインの暴落する可能性について解説しました。近年におけるビットコインの暴落リスクは年々低下しています。ビットコインの発行量を半減する半減期や、米国でビットコイン現物ETFが承認されたことも、市場の信頼性を高める要因となりました。

ビットコイン暴落リスクは年々低下している傾向が見られますが、株式市場の下落や暗号資産に関する各国の規制といったリスクも依然として存在します。ぜひ本記事を参考に、ステーキングや積立投資を始めてみてください。

ベスト暗号資産取引所

Trusted

Follow us on:

X(Twitter):@BeInCryptoJapan
Telegramチャンネル:@BeInCrypto Japan オフィシャルチャンネル

免責事項 - Disclaimers

当ウェブサイトに掲載されているすべての情報は、誠意をもって作成され、一般的な情報提供のみを目的としています。当ウェブサイトに掲載されている情報をもとに読者が取る行動は、あくまでも読者自身のリスクで行うものとします。「Learn」サイトでは、質の高い情報を提供することを第一に考えています。私たちは、読者にとって有益な教育的コンテンツを特定し、調査し、作成するために時間をかけています。この基準を維持し、素晴らしいコンテンツを作成し続けるために、私たちのパートナーは、私たちの記事への掲載に対して手数料を支払う場合があります。しかし、これらのコミッションは、偏りのない、誠実で有益なコンテンツを作成するためであり、私たちの活動プロセスに影響を与えることはありません。

Frame-2204.png
Ikkan Kawade
2020年よりBTC投資をはじめる。同時に、暗号資産ブログとSNSの運用を開始。DeFiでの資産運用・Play to Earnゲーム・国内NFTへの投資も積極的に行う。メタバースに深い関心があり、「メタバースへの移住」が目標。
READ FULL BIO
スポンサー
スポンサー