詳細を見る

柴犬コインの買い方や将来性|ミームコインの有望株

12 mins

柴犬コインとは、柴犬をモチーフにした暗号通貨です。2020年に発行されたこのコインは、ジョーク(ミーム)通貨としてスタートしましたが、2021年には約50万倍の高騰を記録し、多くの投資家を驚かせました。

そこで本記事では、柴犬コインの基本的な情報や、今後の見通し・買い方について紹介します。柴犬コインに興味がある人は、ぜひ最後までご覧ください。

柴犬コインとは?

柴犬コインは、2020年7月にドージコインを模倣して作られた暗号通貨です。ドージコインは、2013年に誕生した、犬の顔が描かれたミームを元にした暗号通貨です。

2021年にテスラのCEOであるイーロン・マスク氏がドージコインに言及したことがきっかけで注目され、価格が急騰しました。ほかにもSNSやインフルエンサーによる言及が増える中、多くの個人投資家が参入。これにより、短期間での価格の大幅な上昇が見られました。

また、主要な暗号通貨取引所での取り扱い開始も、価格上昇の要因となっており、DeFi(分散分散型金融(DeFi)とは?基礎知識やメリット・デメリット型金融)NFTマーケットプレイスなどの開発が進められ、多くのファンを獲得しています。

なお、DeFiについては「分散型金融(DeFi)とは?基礎知識やメリット・デメリット」にて詳しく解説しています。

柴犬コインの特徴3つ

柴犬コインの特徴3つについて解説します。

  • ミームコインとしての誕生した
  • 3種類のトークンが発行されている
  • コミュニティが活発

柴犬コインの特徴①:ミームコインとしての誕生した

「ミームコイン」とは、インターネット上のジョークやミーム(meme)から生まれた暗号通貨のことです。柴犬コインも、柴犬という犬種をモチーフにしたジョークから始まったプロジェクトであり、そのユニークな起源が話題となりました。

しかし、単なるジョークから始まったコインであるにも関わらず、その後の成長は驚異的で、多くの投資家やメディアの注目を集める存在となっています。このような背景から、柴犬コインはミームコインの中でも特に注目される存在となっています。

柴犬コインの特徴②:3種類のトークンが発行されている

柴犬コインは「SHIB」「LEASH」「BONE」という3種類のトークンがあります。それぞれに以下のような役割があります。

  • SHIB柴犬コインのメインのトークンで、通貨として使用可能。SHIBを保有することで、柴犬コインのエコシステムに参加できます。
  • LEASHLEASHは、当初はSHIBと連動して価格が変動する仕組みでしたが、現在は自由に取引されています。LEASHを保有することで、SHIBと同様に柴犬コインのエコシステムに参加できます。
  • BONEN柴犬コインの3番目のトークンで、ガバナンストークンとして機能します。BONEは、柴犬コインのDEXであるShibaSwapで発行されており、BONEを保有することで、柴犬コインのエコシステムに関する提案や投票に参加できます。

柴犬コインの特徴③:コミュニティが活発

柴犬コインは、非常に活発なコミュニティをもっている点が特徴です。ツイッター(X)やテレグラムなどのSNSでは、柴犬コインに関する情報やニュースが頻繁に投稿されており、柴犬コインの価格上昇を後押しする役割を果たしています。

また、多くの暗号通貨は企業や特定の団体が背後に存在することが多い中、柴犬コインはコミュニティのメンバーが中心となって開発や運営が行われており、その結果、多くのユーザーから支持を受けています。

柴犬コインの今後の見通しについて

柴犬コインの今後の見通しについてに解説します。

柴犬コインは現在、柴犬コイン専用のDEX(分散型取引所)「ShibaSwap」や、柴犬コインの世界観を再現した仮想空間「SHIB:The Metaverse」などの開発が進められています。

「SHIB:The Metaverse」は2023年末にオープンする予定であると発表されており、これらは柴犬コインのエコシステムを拡大し、プロジェクトが成功すれば、柴犬コインの価格高騰・需要拡大も期待できるでしょう。

また、暗号通貨での支払いを可能にするサービス「BitPay」では、SHIBトークンを使って住宅ローンや家賃、クレジットカード、車の支払い、個人ローンなどを支払うことができるようになり、実社会での実装も進められています。

柴犬コインは今後もエコシステムの拡大や新しいプロダクトのリリースが期待されており、決済手段としての将来性もあると考えられます。ただし、暗号通貨市場は非常に変動しやすいため、投資を検討する際にはリスク管理を十分に考慮する必要があるといえるでしょう。

柴犬コインの買い方

Shiba Eternity

柴犬コインの買い方について解説します。

  • 暗号通貨取引所の口座開設
  • 口座へ日本円を入金
  • 柴犬コインの購入

柴犬コインの買い方①:暗号通貨取引所の口座開設

現在、柴犬コインを取り扱っている取引所は限られているため、柴犬コインを扱っている取引所を確認し、口座開設します。国内では「ビットフライヤー」に柴犬コインが上場しています。必要な情報(メールアドレス、パスワード、身分証明書のアップロードや住所の確認)を入力し、口座開設を完了させます。

柴犬コインの買い方②:口座へ日本円を入金

取引所に口座を開設したら、つぎに日本円を入金します。入金には、銀行振込やクレジットカードが利用できますが、入金方法は、各取引所によって異なります。入金手続きが完了すると、取引所の口座に資金が反映されます。

柴犬コインの買い方③:柴犬コインの購入

入金が完了したら販売所・取引所で柴犬コイン(SHIBA)を購入することができます。購入する数量や価格を指定し、注文し、約定すると、柴犬コインが取引所ウォレットに反映されます。

柴犬コインに関連するよくある質問

Q1:柴犬コインはどこで使えますか?

Q2:柴犬コインの将来的なアップデートや開発計画はどこで公開されていますか?

Q3:柴犬コインのウォレットは専用のものが必要ですか?

まとめ:柴犬コインに投資する際は、リスク管理も行うことが大切

burn amazon shib

本記事では、柴犬コインについて解説しました。柴犬コインは、2020年に誕生した暗号通貨で、ドージコインに似た犬のキャラクターが特徴で、2021年に一時的に1000倍以上の価格上昇を記録しました。柴犬コインは、流通量が多いこと、コミュニティが活発であること、今後の開発が期待されていることなどから、価格が大きく上昇する可能性もあります。

ただし、暗号通貨は価格が変動しやすいため、投資にはリスクも伴います。柴犬コインに投資する際は、リスクを十分に理解した上で、慎重に判断するようにしましょう。

ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る
ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る

Trusted

Follow us on:

X(Twitter):@BeInCryptoJapan
Telegramチャンネル:@BeInCrypto Japan オフィシャルチャンネル

免責事項 - Disclaimers

当ウェブサイトに掲載されているすべての情報は、誠意をもって作成され、一般的な情報提供のみを目的としています。当ウェブサイトに掲載されている情報をもとに読者が取る行動は、あくまでも読者自身のリスクで行うものとします。「Learn」サイトでは、質の高い情報を提供することを第一に考えています。私たちは、読者にとって有益な教育的コンテンツを特定し、調査し、作成するために時間をかけています。この基準を維持し、素晴らしいコンテンツを作成し続けるために、私たちのパートナーは、私たちの記事への掲載に対して手数料を支払う場合があります。しかし、これらのコミッションは、偏りのない、誠実で有益なコンテンツを作成するためであり、私たちの活動プロセスに影響を与えることはありません。

Frame-2204.png
Ikkan Kawade
2020年よりBTC投資をはじめる。同時に、暗号資産ブログとSNSの運用を開始。DeFiでの資産運用・Play to Earnゲーム・国内NFTへの投資も積極的に行う。メタバースに深い関心があり、「メタバースへの移住」が目標。
READ FULL BIO
スポンサー
スポンサー