詳細を見る

暗号資産オプション取引入門

31 mins
記事 Ryan Glenn

近年、暗号資産市場は目覚ましい成長を遂げ、投資家やトレーダーの間で注目を集めています。しかし、価格変動が激しいというリスクも存在し、ポートフォリオの運用に不安を感じている方も多いのではないでしょうか。そこで注目されているのが、暗号資産オプション取引です。オプション取引は、従来の金融市場で長年利用されてきた仕組みで、リスクヘッジや収益機会の拡大に役立ちます。そして、DeFi(分散型金融)の発展により、暗号資産市場でもオプション取引が利用可能になり、今大きな注目を集めています。

そこで本記事では、暗号資産オプション取引について解説していきます。暗号資産のオプション取引に興味がある人は、ぜひ最後までご覧ください。

オプション取引とは?

投資の世界に足を踏み入れると、必ず耳にするようになるのが「有価証券」と「デリバティブ」という言葉です。一見難しそうに思えるかもしれませんが、実は身近な仕組みを活用していることも多いです。

まずは、有価証券についてですが、簡単に言うと「お金で取引できるもの」です。株式や債券、投資信託、ETF (上場投資信託)、FX取引など、私たちは普段から何気なく利用しています。

次に、デリバティブとは、「他の金融商品から派生した金融商品」です。つまり、株価や金利、為替などの動きによって価値が決まるような商品を指します。

デリバティブには「スワップ」「先物取引」「オプション取引」など様々な種類があります。それぞれ目的や仕組みが異なりますが、共通するのは、リスク軽減や利益拡大に活用できる点です。

中でも、オプション取引は、特定の期日までに特定の資産を「買う権利」または「売る権利」を購入する取引です。映画「インセプション」のように、一種の権利の取引と言えるでしょう。

オプションを購入するには、費用がかかります。これが「プレミアム」と呼ばれるもので、あらかじめ権利料を支払うことで、将来の一定価格で資産を取引できる権利を得られる仕組みです。

コールオプションとプットオプション

投資の世界には、株価の変動を利用して利益を狙う様々な手法があります。その中でも、コールオプションとプットオプションは知っておきたい基本的なテクニックです。

コールオプションとは、「ある一定期間内に、特定の価格で、特定の株を購入する権利」**を購入する取引です。つまり、将来ある価格になったら、必ずしも買う必要はありませんが、その権利を事前に確保できるということです。

プットオプションは、「ある一定期間内に、特定の価格で、特定の株を売却する権利」を購入する取引です。将来株価が下がった時に、あらかじめ決めた価格で確実に売却できる権利を手に入れることができます。

これらのオプション取引の基本的な流れは次のとおりです。

  1. オプション購入:コールオプションを購入する場合は、株価が上がると予想します。逆に、プットオプションを購入する場合は、株価が下がると予想します。
  2. 権利行使:コールオプションの場合、予想通り株価が上昇すれば、事前に決めた価格で購入できます。プットオプションの場合、予想通り株価が下落すれば、事前に決めた価格で売却できます。
  3. 権利行使せず:もちろん、株価が想定どおりにならなければ、オプションを行使する必要はありません。その場合、支払ったオプション料は失効しますが、大きな損失を回避できます。

具体例

現在、株価が40ドルの企業があるとします。あなたは今後株価が50ドルに上がると予想し、45ドル(ストライク価格)のコールオプションを0.2ドル(プレミアム)で購入しました。予想通り株価が50ドルに上昇すれば、45ドルで購入できる権利を行使し、5ドルの利益を得られます。反対に、オプションの売り手は、約束通り45ドルで株券をあなたに売却する必要があります。

プットオプションの場合も同様に、株価が下がると利益となります。株価が60ドルの企業で、今後50ドルまで下落すると予想し、55ドルのプットオプションを0.2ドルで購入しました。予想通り株価が50ドルに下落すれば、55ドルでオプションの売り手に株券を売却でき、5ドルの利益を得られます。オプションの売り手は、55ドルであなたから株券を購入する必要があります。

コールオプションとプットオプションの違い

株式投資において、オプション取引を活用することで様々な戦略が立てられます。代表的なオプションであるコールオプションとプットオプションについて、それぞれの特徴と機能を解説します。

コールオプション

  • 株価上昇益を狙う投資家が購入します。あらかじめ定められた権利行使価格よりも安く株を購入できる「権利」を取得するイメージ
  • 購入者は株価の上昇を期待しており、権利行使すれば割安な価格で株を入手できます。反対に、オプションを発行した側は、株価が下落または横ばいとなり、オプションが行使されない
  • コールオプションの権利行使価格が現在の株価よりも低い状態を、イン・ザ・マネー (ITM) と呼びます。この場合、オプションを行使すれば利益が確定します

プットオプション

  • 株価下落益を狙う投資家が購入。株価が下落すればオプションの価値が上昇するため、利益を得られる
  • 購入者は株価の下落を期待しており、オプションを行使すれば、より高い価格で株を売却できる
  • プットオプションの権利行使価格が現在の株価よりも高い状態を、イン・ザ・マネー (ITM) と呼び、この場合、オプションを行使すれば利益が確定する

その他のオプションの状態

  • アウト・オブ・ザ・マネー(OTM):コールオプションの場合、権利行使価格が現在の株価よりも高い状態。プットオプションの場合、権利行使価格が現在の株価よりも低い状態。オプションを行使しても利益が出ない可能性が高い状態
  • アット・ザ・マネー(ATM):権利行使価格が現在の株価と一致している状態。利益も損失も確定していない状態

オプション取引は複雑な仕組みであり、必ずしも利益が保証されるものではありません。投資を行う際には、十分な知識とリスクを理解した上で慎重に判断することが重要です。

バニラオプション、エキゾチックオプション、バイナリーオプション

ビットコインバイナリーオプション取引のデモ:
pocketoption.com

金融市場には様々なオプション取引が存在します。その中でも基本的なものがバニラオプションです。あらかじめ決められた価格(権利行使価格)と期間(満期)で、一定の資産(原資産)を買う(コールオプション)か売る(プットオプション)権利を購入する契約です。

バニラオプションは大きく分けてヨーロピアン・スタイルとアメリカン・スタイルの2種類に分類されます。ヨーロピアン・スタイルは満期でのみ権利を行使できますが、アメリカン・スタイルは満期前でも好きなタイミングで権利を行使できます。

一方、エキゾチックオプションは、バニラオプションとは異なり、特殊な条件が設定されているオプションです。例えば、一定の価格ラインを超えた場合に権利が付与されるバリアーオプション、価格が特定の水準を超えた/下回った場合に一定額が支払われるデジタルオプション、保有期間中の平均価格で決済されるアジアオプションなどがあります。

そして、最近話題になっているバイナリーオプションは、取引終了時に価格が権利行使価格よりも上か下か、という「Yes/No」の結果だけを予想するシンプルなオプション。バイナリーオプションは、的中すれば一定額が支払われる一方、外れれば全額損失となります。また、原資産への投資ではなく、単に価格の上下を予想する点で他のオプションとは異なります。ただし、バイナリーオプションはアメリカ合衆国をはじめ一部の国・地域で規制・禁止されているため、取引の際には十分注意が必要です。

暗号通貨オプション取引

暗号通貨オプション取引は、従来のオプション取引と非常に似ています。投資家は、特定の価格と期日までに暗号通貨を購入または売却する権利を獲得でき、従来のオプション取引と同様に機能しますが、いくつかの利点があります。

1.高い収益性

暗号資産は価格変動が激しいため、従来の資産よりも高い収益性を期待できます。リスクと隣り合わせである一方で、大きなチャンスも意味します。

2.24時間365日取引可能

従来のオプション取引は、OTC(店頭取引)で契約を結ぶため、カウンターパーティリスクが発生し、時間もコストもかかりました。一方、DeFiの暗号通貨オプションプラットフォームは、スマートコントラクトを用いることで、カウンターパーティリスクを排除し、24時間365日取引可能です。

3.DeFiオプション取引

DeFiのオプション取引は、DOVと呼ばれる分散型オプション金庫でスマートコントラクトを使用します。これにより、従来の取引所では利用できなかった高度なオプション戦略も、誰でも簡単に利用できるようになりました。

DOVの登場により、暗号通貨オプション取引は大きく進化しました。これまで、高度なオプション戦略は、一部の機関投資家や富裕層のみ利用可能でしたが、DOVによって、一般投資家も簡単に利用できるようになりました。

暗号通貨オプションの取引戦略

暗号通貨市場は魅力的ですが、値動きが激しくリスクも高いのが事実です。

戦略1:カバードコールとカバードプット(マリードプット)

暗号通貨オプション取引で最も人気のある手法の1つがカバードコールです。これは、保有しているコインを担保に、そのコインの一定価格で購入する権利(コールオプション)を売却する戦略です。コインを長期保有しつつ、価格の大幅な上昇は見込めない場合におすすめです。

例えば、1,000ドル分のXRPを持っていて、短期的な値動きにあまり期待していない場合、3ヶ月後に1,100ドルのストライク価格でコールオプションを売ることができます。もしXRPの価格が1,099ドルを超えなければ、買い手は市場で安く買えるため、オプションは価値を失います。一方で、あなたは20ドルのプレミアム収入を得られるので、年間利回りとして8%になります。ただ持っているだけでは得られない収益です。

カバードコールは、オプション料を受け取りながらコインを持ち続けることができる手法です。

カバードプット(マリードプット)は、カバードコールと似た戦略ですが、コールオプションではなくプットオプションを売ります。プットオプションは、一定価格で買い取る権利なので、買い手がオプションを行使すると、その価格で買い取らなければなりません。

値下がりを見込んでプットオプションを売却し、オプション料を受け取る戦略ですが、実際に価格が下がり買い取られると損失が生じます。こちらも、オプション料を受け取りながらコインを持ち続けることができます。

戦略2:ブルコールスプレッド

上昇を予想する場合は、ブルコールスプレッドが使えます。こちらは、2つのコールオプションを使う戦略です。

  1. 選択したコインの、現在の市場価格より高いストライク価格のコールオプションを購入
  2. さらに、1よりも上のストライク価格のコールオプションを売却

1は権利行使価格が低いため、高値になった場合の利益は大きくなります。2は高値のオプションを売ることで、1の購入代金の一部を賄えます。この戦略は、利益の上限を抑えつつ、コストを抑えてオプションを活用する方法です。

ベアプットスプレッド

ベアプットスプレッドは、オプション取引におけるもう一つの戦略です。トレーダーは、証券やデジタル資産の価格下落を予想し、取引コストを抑えたい場合にこの戦略を用います。

具体的には、同じ原資産、同じ満期日、異なる行使価格のプットオプションを同時に買いと売りすることで、ベアプットスプレッドを形成します。買いプットオプションの行使価格は売りプットオプションの行使価格よりも高く設定されます。

この戦略の最大利益は、買いと売りの行使価格差からオプション購入時のネットコストを引いた額となります。

ベアプットスプレッド以外にも、オプション取引には様々な戦略が存在します。代表的なものとしては、ブルプットスプレッド、ベアコールスプレッド、ロングストラドル、プロテクトなどです。

暗号資産オプション取引可能な取引所

上記で紹介したように、暗号資産オプション取引は様々なメリットを持つ魅力的な金融商品です。近年、多くの取引所がこの取引に対応しており、初心者でも簡単に始められる環境が整っています。

以下に、初心者におすすめの暗号資産オプション取引可能な取引所をいくつか紹介します。

Bybit

Bybit:
bybit.com

Bybitは、USDC建てのマージン取引と決済が可能なオプション取引を提供しています。取引スタイルはヨーロピアン方式で、決済は契約満了時のみ可能です。Bybitではビットコインのオプション取引も利用でき、実際にビットコインを購入せずに価格変動に合わせて利益を狙うことができます。

Bybitでの暗号資産オプション取引では、取引手数料、デリバリー手数料、清算手数料の3種類がかかります。取引手数料はメーカー側が0.02%、テイカー側が0.02%。デリバリー手数料は0.015%、清算手数料は0.2%となっています。

StormGain

StormGainstormgain.com

StormGainは、誰でも簡単に暗号資産取引を始められるプラットフォーム。暗号資産市場の上昇・下落から利益を得たい方や長期投資を考えている方に適しています。

StormGainでは、最大500倍のレバレッジをかけた取引や、人気の高い銘柄の現物資産を購入・保有することができる取引所です。

Binance

Binance:binance.com

世界最大級の取引所であるBinanceは、高度なマーケットメーカーと連携し、業界内でも低い手数料(取引手数料0.02%、エクササイズ手数料0.015%)を提供している取引所です。Binanceのオプション取引では、オプション料のみを支払うことで、同等のフューチャーズポジションまたはスポットポジションを獲得することが可能。

Binanceはオプションの価格と決済をステーブルコインで行うため、投資家にとってコストや利益の計算がしやすい点も特長です。コイン担保オプションとは異なり、ステーブルコインオプションでは、担保資産の価値が大幅に下落するリスクを回避するため、高ボラティリティの時期でも安全にポジションの取捨を行うことができます。

OKX

OKX:okx.com

OKXは、複数の満期日オプションを含むヨーロピアンスタイルのオプション契約を提供している取引所。オプションの決済は、BTC、ETH、SOLなどの暗号資産で行われ、取引所でのオプション取引における地理的、通貨的な制約がなくなります。

OKXのオプション取引プラットフォームの手数料は、VIPユーザーと一般ユーザーで異なります。VIPユーザーはOKB保有額、資産総額10万ドル以上、30日間の取引量500万ドル以上が条件となります。一般ユーザーはOKB保有額、資産総額10万ドル未満、取引量500万ドル未満が条件です。

一般ユーザーの場合、メーカー手数料は0.02%-0.015%、テイカー手数料は0.03%。VIPユーザーのメーカー手数料は0.01%- (-)0.01%、テイカー手数料は0.02%-0.013%となっています。

Lyra

Lyra:lyra.finance

Lyraは、暗号資産オプション自動売買業者(AMM)として初めて登場したプラットフォーム。トレーダーは流動性プールに対して暗号資産オプションの売買を行うことができます。このプロトコルはレイヤー2Ethereum(OptimismとArbitrum)上に構築されているため、取引手数料が低額というメリットがあります。

仕組みとしては、流動性プロバイダー(LP)がステーブルコインを特定資産専用のLyra Market Maker Vaults(MMVs)に預けます。この流動性が、各MMVsが指定する資産の両建て(買いと売り)オプション市場を作成するために利用される仕組みです。LPはプールに流動性を提供することで、オプション取引が行われるたびに発生する手数料を獲得することができます。

Dopex

Dopex:dopex.io

Dopexは、流動性を最大化しリスクを最小限に抑えることができる分散型プロトコル。オプション流動性プロバイダーにインセンティブを与え、損失を回避しながらオプション流動性を最大化することを目指しているのが特徴です。

Dopexには、オプションプール(別名ファーム)と呼ばれるものがあり、本質的には流動性プールです。ユーザーはオプション購入者に使用させる目的でベース資産とクォート資産の流動性を提供することで、オプション購入者から手数料を徴収することでパッシブインカムを得ることができます。さらに、トレーダーが純利益を出した場合には、損失をカバーするためにrDPXを獲得することができます。

オプションプールはオプションの期間に応じて毎週または毎月運営されます。資本をロックする期間が長いほど、報酬は高くなります。

オプション取引は儲かるのか?

オプション取引は、一部のトレーダーにとっては利益を生み出す可能性があります。しかし、オプション価格に影響を与える要因を耳にするだけで、多くの人が尻込みしてしまうのも事実です。オプション取引で利益を上げているトレーダーがどのくらいいるのかは正確には分かっていません。しかし、一般的には、オプションの売り方がオプションの買い方よりも利益が出やすいと言われています。

とはいえ、オプション取引が成功した場合、そのリターンはコストを大きく上回ります。さらに、多くの人が潜在的な損失を防ぐためにオプションを活用しているため、状況によっては、オプション取引は他の投資方法よりもリスクが低いと考えるトレーダーもいます。

暗号資産オプションはシンプルだが、取引は複雑

多くの金融商品と同様に、暗号資産オプションも基本的な概念はシンプルです。しかし、人間の行動が複雑になるように、金融市場も複雑化しているため、オプション取引は複雑になりがちです。

裁定やヘッジのために複雑な戦略を立てようとすると、さらに複雑な状況に陥ってしまう可能性があります。それでも暗号資産オプション取引を試してみたいという方は、デモ口座で練習することをおすすめします。デモ口座では実際に資金を投入することなく、この成長市場の取引を体験することができるので気になる方はぜひデモ口座kじゃら始めてみましょう。

よくある質問

Q1:暗号オプション取引は危険ですか?

Q2:オプション取引でどれくらいのお金を稼ぐことができますか?

Q3: オプション取引に最適な取引所は?

ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る
ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る

Trusted

Follow us on:

X(Twitter):@BeInCryptoJapan
Telegramチャンネル:@BeInCrypto Japan オフィシャルチャンネル

免責事項 - Disclaimers

当ウェブサイトに掲載されているすべての情報は、誠意をもって作成され、一般的な情報提供のみを目的としています。当ウェブサイトに掲載されている情報をもとに読者が取る行動は、あくまでも読者自身のリスクで行うものとします。「Learn」サイトでは、質の高い情報を提供することを第一に考えています。私たちは、読者にとって有益な教育的コンテンツを特定し、調査し、作成するために時間をかけています。この基準を維持し、素晴らしいコンテンツを作成し続けるために、私たちのパートナーは、私たちの記事への掲載に対して手数料を支払う場合があります。しかし、これらのコミッションは、偏りのない、誠実で有益なコンテンツを作成するためであり、私たちの活動プロセスに影響を与えることはありません。

Frame-2204.png
Ikkan Kawade
2020年よりBTC投資をはじめる。同時に、暗号資産ブログとSNSの運用を開始。DeFiでの資産運用・Play to Earnゲーム・国内NFTへの投資も積極的に行う。メタバースに深い関心があり、「メタバースへの移住」が目標。
READ FULL BIO
スポンサー
スポンサー