詳細を見る

NFTマーケティング戦略を効果的に行う方法

26 mins

ブロックチェーン技術は、その革新性から今では人気が高くなっています。そのなかで、NFTは、デジタル資産をユニークかつ検証・取引可能なアイテムに変える革新的なコンセプトとして登場しました。NFTを扱うNFTプロジェクトは、現在、ビジネス社会で増加していますが、それと同時に効果的なNFTマーケティングの重要性がかつてないほど高まっています

そこで本記事では、NFTマーケティング戦略を効果的に行う方法や、NFTをマーケティングに利用するメリット・デメリットについて解説します。NFTを使ったマーケティングに興味がある人は、ぜひ最後までご覧ください。

NFTマーケティングとは?

NFTマーケティングとは、NFTの持つ一意性と希少性というユニークな特性を活用して、企業やブランドの製品やサービスの魅力を伝え、ファンとの長期的かつ良好な関係性を構築するマーケティングのこと

このマーケティング手法には、従来のやり方やデジタル的手法など様々なマーケティング技巧を駆使して、ターゲットオーディエンス(宣伝・広告の対象者となる消費者)に働きかけ、NFT作品やその他の創作物を展示するNFTマーケットプレイスにおいて強い存在感を示すことが含まれます。

NFTマーケティングの重要性

NFTのエコシステムが拡大を続けるなかで、効果的なマーケティングの必要性が高まっています。以下は、NFTマーケティングが重要となる理由です。

  1. 認知度の最大化
    何百万ものNFTがしのぎを削るなか、マーケティングはユーザーの創作物を際立たせるのにきわめて重要な役割を果たします。それは、ユーザーのNFTプロジェクトに対する認知度を高め、購入を考えているバイヤーやコレクターに見つけてもらうのに役立ちます
  2. 信頼と真正性の構築
    NFTマーケティングは、デジタル資産に対する信頼と真正性の確立につながります。ユーザーの作品を展示し、コミュニティと関わり、ブロックチェーンの透明性を活用して信頼性を築き、コレクターを惹きつけます
  3. 新たな体験価値の提供
    NFTは、デジタルデータに資産価値や限定性を与えることで、新たな体験価値を提供することができます。例えば、企業は、NFTを活用したゲームやイベントを開催することで、顧客に新しい体験を提供することができます
  4. コミュニティとの関わり
    NFTマーケティングは、コミュニティとの関わりを促し、コレクター、愛好家、サポーターの忠誠心を生み出します。ユーザー(個人または企業)は、ディスカッションやコラボレーション、イベントなどに積極的に参加することで、自身のブランドを強化し、熱心なファン層を増やせます
NFTの取引量:theblock.co

NFTの取引は、(最近の)弱気相場で大きく落ち込んでいるため、そうしたトレンドが長引くことに不安を感じる人も多くみられます。実際のところ、各種NFTプロジェクトに対する(消費者の)支持を得ることは、ますます難しくなりつつあります。NFTの宣伝が存続するには、デジタル資産における卓越したマーケティング戦術が必要です。

仮に読者がNFTプロジェクトの創設者である場合、自身のプロジェクトを推進するために、暗号資産の広告に関するコツを知っておくことはきわめて重要です。

NFTマーケティングを効果的に行う戦略

NFTベスト・マーケットプレイス・カバー

NFTマーケティングを効果的に行う戦略について解説します。

  • NFTコミュニティ運営
  • SNSマーケティング
  • インフルエンサーマーケティング
  • ビジネス開発
  • NFTコラボレーションとパートナーシップ

NFTマーケティング戦略②:NFTコミュニティ運営

NFTは、希少性や所有感など、デジタルデータに付加価値を与える技術ですが、その価値は、コミュニティによって支えられています。コミュニティを継続的に運営していくことで、NFTの所有者同士が交流し、NFTの価値が高まっていきます。

また、NFTコミュニティは、ブランドとのファンの交流の場として機能しています。コミュニティに参加することで、ファンは、企業やブランドに対するエンゲージメント率を高めることができ、その結果、プロジェクトのステークホルダーとして大きく貢献してくれることにつながります。

コミュニティをいかに活発化させ、継続的なエンゲージメントを高めるかが、NFTマーケティングにおいてもっとも重要な部分と言えるでしょう。

NFTマーケティング戦略②:SNSマーケティング

ソーシャルメディアプラットフォームの力を活用し、多くのオーディエンスに接触し、見込みのあるコレクターと関わりを持つことができます。ソーシャルメディアマーケティングも、実際にユーザーのオンラインプレゼンスに役立ちます。

ユーザーは、Twitter、Redditt、Telegram、Discordなどの人気プラットフォームで専用アカウントを作成し、最新情報の共有、自分のNFTの展示、フォロワーとの交流ができます。また、関連するハッシュタグを使用しNFTのコミュニティに参加することで、(自身のNFTに対する)認知度の向上と(コミュニティメンバーとの)関わりがはかどります。

注意すべき点は、ユーザーのターゲットオーディエンスがすべての人気プラットフォームを利用しているとは限らないということです。この場合、最もコンバージョン(商品購入や資料請求など、売上拡大に繋がるユーザーの行動)を生み出すものに注力してください。いずれにせよ、他のものよりずっとNFTに適したソーシャルメディアプラットフォームがあるのは事実です。

Z世代はプロダクトディスカバリー(プロダクトの発見)を好む:hubspot.com

具体的には、Instagram、Twitter、Redditが該当します。実際Redditは、コレクティブル・アバターズ(Redditのユーザーでもある独立系アーティストが制作した一連の限定版アートワーク)の立ち上げに成功し、そのコミュニティポイント(ユーザーが管理し、イーサリアムブロックチェーン上で維持されるバーチャルアイテム)とVault(Redditのデジタルウォレット)によって、ユーザーのNFTコレクションにユーティリティをもたらす数少ないサイトの1つになっています。

NFTマーケティング戦略③:インフルエンサーマーケティング

ユーザーは、NFTの分野で影響力のある人物とコラボレーションすることで、自分のサイトのリーチ(一定期間に特定サイトに接触した人の実数)を大幅に増やせます。多くのフォロワーを持つNFTのインフルエンサーやアーティストを判別し、パートナーシップやスポンサーシップを結んでください。インフルエンサーやアーティストは、自分たちのオーディエンスに対するユーザーのNFTプロジェクトの宣伝、体験談の提供、ユーザーのデジタル資産を表わすコンテンツ作成、の手助けとなります。

インフルエンサーマーケティングは、アフィリエイトマーケティングの別形態です。アフィリエイトマーケティングとは、アフィリエイトと呼ばれる個人または企業が、他社の代わりに製品やサービスを宣伝する戦略です。この形態のマーケティングは、関係者全員に利益をもたらします。

NFTマーケティング戦略④:ビジネス開発

NFTマーケティングを発展させるためには、ビスデブを行うことが重要です。ビスデブを行うことで、ビジネスの安定化を図ることができます。

  • NFTブランドとしての開発
  • メタバース開発
  • Web3ゲーム開発
  • トークンエコノミーの育成
  • コミュニティのオフ会

NFTブランド構築を1つの事業として捉えた場合、継続的なビジネス開発が必要です。実際に、国内外にみてもNFTブランドの設立は数多くありましたが、NFTホルダーの長期的なコミットにつながるビジネス開発が困難になったため、開発中止になったプロジェクトもあります。NFTマーケティングにおいては、運営側の継続したビジネス開発が重要になります。

NFTマーケティング戦略⑤:NFTコラボレーションとパートナーシップ

ユーザーは、他のアーティストやブランド、NFTプロジェクトとコラボレーションして、自分のサイトのリーチを拡大し、自分のNFTを新しいオーディエンスに紹介できます。自身のブランド価値やターゲット層と一致するパートナーシップを模索してください。また共同リリース、クロスプロモーション、限定版コラボレーションを行なうことで、ユーザーのNFTプロジェクトに魅力が生まれ、さらに関心を引くことができます。

このタイプのWeb3マーケティング戦略を活用した最も有名なNFTプロジェクトは、Yuga Labsです。Yuga Labsの所有するBored Ape Yacht Club(BAYC)は、多くの人気ブランドとコラボし、IP(知的財産)の形成、宣伝、人気の盛り上がりと収益の創出がみてとれます。その中には、アディダス、グッチ、ローリングストーンなどが入っています。

NFTをマーケティングに利用するメリット・デメリット

NFTマーケットプレイス

NFTをマーケティングに利用するメリット・デメリットを解説します。

NFTをマーケティングに利用するメリット

  • ステークホルダーが増える

    NFTをマーケティングに利用することで、企業やブランドのステークホルダーが増える可能性があります。NFTは、デジタルデータに所有権や希少性などの付加価値を与える技術です。そのため、NFTを販売することで、企業やブランドのファンや支持者となる新しいステークホルダーを獲得することができます
  • 海外市場にリーチできる

    NFTは、ブロックチェーン技術を基盤としたデジタルデータです。ブロックチェーンは、世界中のコンピューターによって共有される分散型台帳です。そのため、NFTは、インターネットを通じて世界中の人に販売することができ、海外ユーザーにもリーチしやすいため、グローバルなブランド認知度の向上につながります
  • 収益源が増える
    NFTは、二次流通によっての収益も発生するため、NFTの二次流通を促進することで、継続的な収益を獲得することができます。また、NFTを活用したゲームやイベントの開催など、新たなビジネスモデルの検討をすることができ、収益やビジネスの幅が広がるといえるでしょう

NFTをマーケティングに利用するデメリット

  • NFTマーケティングの理解が難しい
    NFTは新しい技術であり、その概念や仕組みを理解することが難しいため、マーケティングの専門家であっても、NFTマーケティングについての知識が不足している場合があります。また、NFTの概念が抽象的であるため、消費者にとっても理解が難しいという問題があります。
  • 市場が追いついていない
    NFTの取引手数料が高いことや、セキュリティの脆弱性などの問題点があり、市場が追いついていないという問題があります。市場が未熟であるため、これらの課題を十分に考慮する必要があります。また、法規制の整備が不十分というデメリットがあるため、厳しい法規制を遵守する必要があるでしょう

日本企業がNFTマーケティングに向いている理由

日本国内企業がNFTマーケティングに向いている理由を解説します。

  • NFTと相性がいいアニメや漫画IP、ゲーム産業をもっている
  • 他の国と比較して、税制が整備されている点も多い
  • 日本の国家戦略としてWeb3が推進されている

NFTマーケティングに向いている理由①:NFTと相性がいいアニメや漫画IP、ゲーム産業をもっている

世界的に見て、日本はアニメ、漫画、ゲームといったコンテンツ産業が非常に発展しており、これらのコンテンツは熱狂的なファンベースを持っています。

ゲームアニメや漫画のキャラクターやシーンをNFTとして販売する取り組み、ゲーム内アイテムやアバターなどをNFTとして販売するプロジェクトも多数登場しており、世界中から注目を集めていると言えるでしょう。

アニメや漫画、ゲームなどといったIPコンテンツは、NFTや暗号通貨を非常に相性がいいため、日本がグローバルで勝負できる数少ない産業であるといえます。

NFTマーケティングに向いている理由②:他の国と比較して、税制が整備されている点も多い

日本は、2014年に発生した「Mt.Gox事件」と呼ばれる暗号通貨取引所のハッキング事件により、多くのユーザーが資産を失うという大きな被害を受けました。この事件は、日本だけでなく世界中に衝撃を与えており、この事件を教訓として、日本は暗号通貨に関する法律や規制を整備しました。

FTX事件などで大きな被害を被ったアメリカなどは、今から法整備を見直していく段階となっている状況です。そういった視点では、日本は他の国と比較して、暗号通貨に対する法的な枠組み、投資家保護などの法整備が整っているため、Web3産業世界をリードするチャンスが巡ってきていると言えるでしょう。

NFTマーケティングに向いている理由③:日本の国家戦略としてWeb3が推進されている

日本政府は、ブロックチェーン技術やWeb3の導入を含むデジタル変革を国家戦略と位置づけました。これは、国内の経済成長やイノベーションを促進するための取り組みの一環です。

国家戦略としてのWeb3推進は、産業界や研究機関、エンターテイメント業界など様々な分野での取り組みを促進しており、国の後押しを受けることで、日本国内のWeb3系企業も成長を加速させていく可能性が高いでしょう。

NFTマーケティングに関するよくある質問

自分のNFTを効果的に売り込むにはどうしたらいいでしょうか?

NFTのインフルエンサーは、NFTマーケティングにとって重要なのでしょうか?

NFTの宣伝に最適なソーシャルメディアプラットフォームはどこですか?

NFTのコラボレーションはどのような仕組みですか?

NFTのマーケティング活動の成果はどのように測定できますか?

まとめ:NFTをマーケティングに利用するメリットは大きい。日本企業にはチャンスがあり

ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る
ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る

Trusted

Follow us on:

X(Twitter):@BeInCryptoJapan
Telegramチャンネル:@BeInCrypto Japan オフィシャルチャンネル

免責事項 - Disclaimers

当ウェブサイトに掲載されているすべての情報は、誠意をもって作成され、一般的な情報提供のみを目的としています。当ウェブサイトに掲載されている情報をもとに読者が取る行動は、あくまでも読者自身のリスクで行うものとします。「Learn」サイトでは、質の高い情報を提供することを第一に考えています。私たちは、読者にとって有益な教育的コンテンツを特定し、調査し、作成するために時間をかけています。この基準を維持し、素晴らしいコンテンツを作成し続けるために、私たちのパートナーは、私たちの記事への掲載に対して手数料を支払う場合があります。しかし、これらのコミッションは、偏りのない、誠実で有益なコンテンツを作成するためであり、私たちの活動プロセスに影響を与えることはありません。

Frame-2204.png
Ikkan Kawade
2020年よりBTC投資をはじめる。同時に、暗号資産ブログとSNSの運用を開始。DeFiでの資産運用・Play to Earnゲーム・国内NFTへの投資も積極的に行う。メタバースに深い関心があり、「メタバースへの移住」が目標。
READ FULL BIO
スポンサー
スポンサー