詳細を見る

安全性の高い海外の暗号資産取引所9選

41 mins
翻訳 Shota Oba

初心者からエキスパートトレーダーまで、適切な暗号資産取引所を選ぶことは非常に重要です。特に、中央集権型取引所(CEX)に資金を預ける際には、そのプラットフォームが提供する保護機能を確認する必要があります。ここでは、2024年の最も安全な暗号資産取引所を紹介します。

最も安全な暗号資産取引所

  • BingX: 引き出す資産の保護、保険カバー、資金の安全性を確保することで知られるCEX。
  • BloFin: 資産の透明性、Fireblocksによるカストディ、および完全な保険カバーを提供する取引所。
  • Coinbase: 高い財務透明性、強力な資産カストディ慣行、包括的なセキュリティ対策を持つグローバルリーダー。
  • M2: 高いセキュリティ基準と規制遵守を提供するUAEの規制取引所。
  • Wirex: 高度な詐欺防止技術、マルチシグ冷蔵保管、包括的なデータ暗号化を統合するプラットフォーム。
  • YouHodler: Ledger Vaultの統合と完全な保険カバーを強調する暗号資産プラットフォーム。
  • Binance: 先進的なセキュリティプロトコル、冷蔵保管、マルチシグウォレット、広範な規制遵守を備えた世界最大の暗号資産取引所。
  • OKX: 冷蔵保管とリアルタイムモニタリングを提供する安全な取引環境。
  • Bybit: マルチシグウォレット、厳格なデータ保護、リアルタイムリスク管理を備えた先進的なセキュリティ機能で知られる。

1. BingX

Best for derivatives trading
サポートしている資産
640+
対象国
180+ countries
ハッキングされた事例
No
Proof of reserves
Yes

2. BloFin

Best for all types of traders
サポートしている資産
330+
対象国
U.K. & 190+ countries
ハッキングされた事例
No
Proof of reserves
Yes

3. Coinbase

Best for beginners
サポートしている資産
245+
対象国
U.S. & 100+ countries
ハッキングされた事例
Yes
Proof of reserves
Yes

4. M2

Best for yield on investments
サポートしている資産
40+
対象国
E.U. & 150+ countries
ハッキングされた事例
No
Proof of reserves
Yes

4. M2

Best for yield on investments
サポートしている資産
40+
対象国
E.U. & 150+ countries
ハッキングされた事例
No
Proof of reserves
Yes

5. Wirex

Best for earning cashback
サポートしている資産
250+
対象国
U.K. & 130+ countries
ハッキングされた事例
No
Proof of reserves
No

6. YouHodler

Best for crypto loans
サポートしている資産
50+
対象国
U.K. & 150+ countries
ハッキングされた事例
No
Proof of reserves
No

7. Binance

Best for all users
サポートしている資産
410+
対象国
U.K. & 150+ countries
ハッキングされた事例
Yes
Proof of reserves
Yes

8. OKX

Best for web3 wallets
サポートしている資産
320+
対象国
E.U. & 100+ countries
ハッキングされた事例
Yes
Proof of Reserves
Yes

9. Bybit

Best for altcoins
サポートしている資産
640+
対象国
U.K. & 150+ countries
Previously hacked
No
Proof of Reserves
Yes

最も安全な暗号資産取引所の評価基準

取引所を選ぶ際には、以下の基準を考慮することが重要です。

  • セキュリティ機能
  • 規制遵守
  • ユーザー保護措置
  • カスタマーサポート
  • 保険ポリシー

セキュリティ機能

暗号資産取引所の安全性は、セキュリティプロトコルによって決まります。最も安全な方法は、資金を冷蔵保管することです。これによりハッキングを防止します。次に、マルチシグウォレットを使用することで、単一障害点のリスクを軽減できます。多くのプラットフォームは、ユーザー活動をリアルタイムで監視し、不審な活動を検出した場合に即座に対応します。

FTXの崩壊以降、多くのプラットフォームが新しいセキュリティ機能を追加し、ユーザーが資金の場所を把握できるようにしています。例えば、資産保有の証明(Proof-of-Reserves)プロセスを採用することで、取引所がすべてのユーザーの残高をカバーする十分な資産を保有していることを示しています。

規制遵守

regulation

2024年現在、規制はまだ不十分であり、今後も進化する可能性がありますが、ライセンスを取得し、運営する国の関連金融当局に登録されているプラットフォームを選ぶことができます。

例えば、イギリスではFinancial Conduct Authority(FCA)が取引所を規制しています。アメリカでは、Securities and Exchange Commission(SEC)が金融活動を監督しています。ユーザーの国によって異なる機関が運営している可能性があります。この違いを理解することが重要です。アメリカでトップの暗号資産取引所が、ヨーロッパやオーストラリアのトップ取引所とは異なる場合があります。

また、暗号資産プラットフォームはユーザーの個人情報を使用・保管するため、使用する取引所がGDPR(General Data Protection Regulation)などの国際的な規制に準拠していることを確認してください。

最も安全な暗号資産取引所は、これらのポリシーについて透明性を持ち、ウェブサイトでユーザーに明確で関連する情報を提供しています。

ユーザー保護措置

取引所とユーザーの両方が資金の安全性に責任を持っています。2024年現在、最も一般的で有用なユーザー保護措置には、二要素認証(2FA)、エンドツーエンドデータ暗号化、リアルタイム監視、KYC(Know Your Customer)ポリシー、セキュリティ通知、フィッシング対策があります。KYCなしで匿名性を保つことができる取引所もありますが、そのようなプラットフォームは重要なセキュリティ機能が欠けていることが多いです。

カスタマーサポート

ハッキングやセキュリティ侵害が発生した場合、カスタマーサポートと連絡を取ることが重要です。信頼できるプラットフォームは24時間365日サポートを提供し、ライブチャット、メール、電話サポート、ソーシャルメディアなどの様々な通信チャネルを提供します。

大手プラットフォームは、アカウント設定やセキュリティから取引や引き出しに至るまで、一般的な問題をカバーする詳細で最新のヘルプセンターやFAQセクションを提供しています。

保険ポリシー

長期間運営している大規模な取引所は、ユーザーに信頼性をアピールするため、資産保険や冷蔵保管保険などの追加の保険ポリシーを提供することが多いですが、これはまだ広く普及していません。

暗号資産取引所を選ぶ際には、上記のポイントを考慮し、自身のニーズに合ったプラットフォームを選ぶことが重要です。特に、資金のセキュリティを最優先に考えることが推奨されます。

違うトレーダーの異なるニーズ

different traders

既に述べたように、安全な暗号資産取引所を選ぶ際には多くの考慮事項があります。最新のユーザーレビューを確認し、最も一般的な不満を特定することから始めましょう。

最も重要なことは、自分の個人的なニーズに合ったプラットフォームを選ぶことです。初心者、経験豊富なトレーダー、大量取引を行うトレーダーが取引所を選ぶ際に考慮すべきポイントを見てみましょう。

初心者

初心者の場合、シンプルで直感的なインターフェースを持つ取引所を探すことが重要です。2FAやフィッシング対策などのセキュリティ機能を理解し、実施することでユーザー保護も強化されます。

初心者には、暗号資産取引所やデイトレーディングについて学べるチュートリアルや教育リソースを提供するプラットフォームが必要です。

関連記事:暗号資産(仮想通貨)のデイトレードを行うべき理由

暗号資産初心者は、自国またはアメリカで規制されている取引所を使用することをお勧めします。オンラインブロックチェーンとSeeking Alpha、Forbesのコラムニストであるクレム・チェンバーズ氏は以下のように述べています:

初心者は問題が発生した際にサポートしてくれる優れたカスタマーサポートを持つプラットフォームを選ぶべきである

経験豊富なトレーダー

経験豊富なトレーダーは、証拠金取引や先物取引などの高度な取引オプションを提供するプラットフォームを求めるでしょう。これらの取引を支援するために、包括的なチャート、技術分析ツール、リアルタイムの市場データへのアクセスが必要です。

また、取引コストを抑えるために、プラットフォームの手数料構造を慎重に評価する必要があります。一部のプラットフォームは取引手数料がないと主張しますが、スプレッドで運営されています。そのようなプラットフォームがニーズに合う場合は、低スプレッドの暗号資産取引所を選ぶべきです。高度なサードパーティの取引ツールを使用している場合は、APIアクセスも必要です。

関連記事:利益を最大化するAI暗号資産取引ボット14選

大口取引トレーダー

大きな取引額を扱う際の最も明白なリスクの1つは、セキュリティ侵害の際の保険ポリシーの欠如または制限であり、これが損失につながる可能性があります。

すべての暗号資産取引所が大規模な資産を保管するのに適しているわけではありません。大規模な資産を保管する取引所は、常に冷蔵保管やマルチシグウォレットなどの機関レベルのセキュリティを提供すべきです。

取引が主な目的で大規模な資金を取引所に保管する場合、選択したプラットフォームが高い流動性を提供し、取引が確実に実行されることを確認することが重要です。取引を行わない場合は、大規模な暗号資産を取引所に保管せず、安全なノンカストディアルウォレットを選ぶべきです。

関連記事:暗号資産(仮想通貨)の空売りのコツ

CEXで暗号資産を安全に保管する方法

2024年のChainalysisレポートによると、2023年に盗まれたすべての暗号資産の25%以上がCEXで発生しました。どのプラットフォームがハッキングを受けたかを知り、そのセキュリティプロトコルを詳しく調べることが重要です。しかし、ユーザーも中央集権型サービスを利用する際に資金の安全性を確保する責任があります。

crypto hacks chainalysis
出典: Chainalysis

たとえプラットフォームがトップクラスのユーザーレビューと非の打ちどころのないセキュリティ記録を持っていたとしても、暗号資産のセキュリティに関して個人的に最善の選択をするのはエンドユーザーであるユーザー次第です。

ここでは、CEXで暗号資産の資金の安全を確保するために従わなければならないセキュリティ慣行を紹介します。

アカウントのセキュリティ対策

複雑で推測しにくい強力なパスワードを作成します。各アカウントに異なるパスワードを使用して、複数のアカウントが同時に侵害されるリスクを最小限に抑えます。プライベートキーの侵害は残念ながら一般的です。

二要素認証(2FA)を有効にして、パスワードが侵害された場合でも、アカウントへの不正アクセスを防ぎます。

アカウントの資格情報を第三者と共有しないことをお勧めします。アカウントの詳細を安全に保管し、誰もアクセスできない場所に保管します。

取引とアクセスのセキュリティ

アカウントの活動を監視し、新しいデバイスからのログイン試行や引き出しなどの重要なアクションに対する通知を設定します。これにより、リアルタイムで悪意のある活動を検出できます。

引き出しホワイトリストを設定して、資金が事前承認されたアドレスにのみ送信されるようにします。これにより、不正な取引に対する追加の保護が提供されます。

公共のWi-Fiネットワークを使用して暗号資産取引所のアカウントにアクセスするのは避けてください。これらのネットワークはセキュリティが低く、ハッキングに対して脆弱です。外出先では、VPNを使用することを検討してください。

継続的なセキュリティ対策

中央集権型取引所に関する最大の懸念事項はフィッシングです。現在、ハッカーは非常に機敏であり、ソーシャルエンジニアリングハックを使用して金融情報にアクセスします。熟練した経験豊富なユーザーでも騙される可能性があります。したがって、メールやウェブサイトの信憑性を確認し、疑わしいリンクをクリックしないようにし、ログイン情報を入力する前に正しいウェブサイトであることを確認することが重要です。

ハッカーの餌食にならないためのもう一つのステップは、デバイス、ブラウザ、および暗号資産関連のソフトウェアが最新のセキュリティパッチで保護されていることを確認することです。

最新のセキュリティ対策や脅威について常に情報をアップデートしてください。取引所が提供するリソース(セキュリティガイドやチュートリアルなど)を活用してください。

暗号資産の安全性は取引所とユーザーの共同責任

暗号資産の安全性を確保する責任は取引所とユーザーの間で分かれています。すべてのトレーダーには異なるニーズがあるため、究極の安全な暗号資産取引所を推奨することはできません。答えは個々のニーズに依存します。しかし、プラットフォームの履歴を調査し、取引所のレビューを読むことを強くお勧めします。

関連記事:ビットコインを安全に購入する方法

暗号資産の詐欺や不正行為には常に警戒を怠らないでください。最も安全な取引所でも、洗練されたフィッシング攻撃やソーシャルエンジニアリングに対して完全に防御することはできません。

よくある質問

2024年の最も安全な暗号資産取引所はどれですか?

暗号資産取引所はどのようにユーザーのセキュリティを確保しますか?

トップ取引所の共通のセキュリティ機能は何ですか?

暗号資産取引所にとって規制遵守が重要な理由は何ですか?

取引所はユーザーの資金を保険でカバーできますか?

最も安定した暗号資産取引所はどれですか?

ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る
ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る

Trusted

Follow us on:

X(Twitter):@BeInCryptoJapan
Telegramチャンネル:@BeInCrypto Japan オフィシャルチャンネル

免責事項 - Disclaimers

当ウェブサイトに掲載されているすべての情報は、誠意をもって作成され、一般的な情報提供のみを目的としています。当ウェブサイトに掲載されている情報をもとに読者が取る行動は、あくまでも読者自身のリスクで行うものとします。「Learn」サイトでは、質の高い情報を提供することを第一に考えています。私たちは、読者にとって有益な教育的コンテンツを特定し、調査し、作成するために時間をかけています。この基準を維持し、素晴らしいコンテンツを作成し続けるために、私たちのパートナーは、私たちの記事への掲載に対して手数料を支払う場合があります。しかし、これらのコミッションは、偏りのない、誠実で有益なコンテンツを作成するためであり、私たちの活動プロセスに影響を与えることはありません。

shota_oba.png
Shota Oba
国際関係の大学在籍中に国内ブロックチェーンメディアでのインターンを経て、2つの海外暗号資産取引所にてインターントレーニング生として従事。現在は、ジャーナリストとしてテクニカル、ファンダメンタル分析を問わずに日本暗号資産市場を中心に分析を行う。暗号資産取引は2021年より行っており、経済・社会情勢にも興味を持つ。
READ FULL BIO
スポンサー
スポンサー