詳細を見る

暗号資産Kaspa(KAS)とは?特徴や将来性について徹底解説

16 mins

ヘッドライン

  • KaspaのGhostDAG技術は、並列処理により高速でスケーラブルなトランザクションを実現し、従来のブロックチェーンの限界を打破を目指しています。
  • kHeavyHashアルゴリズムは、他のブロックチェーンアルゴリズムと比較して、ワットあたりのハッシュパワーが高く、エネルギー効率を向上させます。
  • Kaspaは、Web、デスクトップ、ハードウェアウォレットなど、複数のウォレットオプションをサポートし、広範なアクセスとセキュリティを提供します。

暗号資産Kaspa(KAS)は、高速かつスケーラブルなトランザクションを可能にする革新的なブロックチェーンプロジェクトです。独自の「ブロックDAG」技術を採用し、従来のブロックチェーンの限界を打破することを目指しています。Kaspaは、分散型金融(DeFi)やスマートコントラクトの分野で大きな可能性を秘めており、将来的には多くの産業での応用が期待されています。本記事では、Kaspaの特徴や将来性について詳しく解説します。

Kaspaとは?

Kaspaは、分散型トランザクションのスケーラビリティと速度の課題を解決するために、並列処理を可能にする独自のプロトコル「GhostDAG」を開発し、瞬時のトランザクションとコスト削減を実現しています。2021年11月7日にフェアローンチされ、事前のマイニングやコインの割り当てはなく、kHeavyHashアルゴリズムとプルーフ・オブ・ワーク(PoW)およびBlockDAGコンセンサスメカニズムを採用しています。KaspaはWindows、OSX、Linux、Raspberry Piなどのプラットフォームをサポートし、ブロックタイムは1秒、循環供給量は23.41億KAS、最大供給量は約28.7億となっています。

Kaspaの特徴

  1. GhostDAGプロトコル:
    • GhostDAG(ゴーストダグ)プロトコルは、Kaspaの基盤となる技術です。従来のブロックチェーンは、単一のチェーン上でブロックを直列に追加するため、トランザクションの処理速度が制限されます。これに対し、GhostDAGは「Directed Acyclic Graph(有向非巡回グラフ)」構造を採用しています。これにより、複数のブロックが同時に存在し、並列で処理されることが可能となります。同プロトコルは、従来のビットコインのナカモトコンセンサスを拡張し、並列処理の利点を最大限に活用するため、ネットワークのスループットを大幅に向上させます。GhostDAGは、複数のブロックが同時に生成されることで、トランザクションの遅延を最小限に抑え、高速な取引処理を実現します。
  1. kHeavyHashアルゴリズム:
    • kHeavyHash(ケーヘビーハッシュ)アルゴリズムは、Kaspaのマイニングに使用される特別なハッシュアルゴリズムです。このアルゴリズムは、エネルギー効率を重視して設計されており、他の多くのブロックチェーンで使用されているアルゴリズムと比較して、ワットあたりのハッシュパワーが非常に高いです。これは、同じ電力でより多くの計算作業が可能であることを意味し、マイニングのエネルギー効率を大幅に向上させます。kHeavyHashは、従来のSHA-256やEthashといったアルゴリズムよりも効率的であり、より多くのトランザクションを処理するために必要な計算リソースを削減します。
  2. 分散型ネットワーク:
    • Kaspaは完全に分散化されており、中央集権的な管理が存在しません。これにより、ネットワークのセキュリティと透明性が確保されています。
  3. 高速トランザクション:
    • Kaspaのネットワークは、1秒ごとにブロックを生成し、トランザクションの承認を迅速に行うことができます。これにより、取引データは平均して10秒以内に承認されます。
  4. フェアなローンチ:
    • Kaspaは、事前採掘やコインの割り当てなしで公平にローンチされました。

Kaspaのその他の技術的詳細

Kaspaは、高速でスケーラブルなトランザクションを可能にするために、シンプル・ペイメント・ベリフィケーション (SPV) 証明をサポートしています。SPV証明により、ユーザーはブロックチェーン全体をダウンロードすることなく、トランザクションの有効性を確認することができます。これにより、ライトクライアントでも安全に取引を行うことができます。

さらに、Kaspaはブロックヘッダープルーニングという手法を導入しており、これによりストレージ要件を最適化しつつ、データの整合性を保っています。ブロックヘッダープルーニングは、不要なデータを削減し、必要な情報のみを保持することで、ストレージの効率化を図る技術です。これにより、ストレージ容量の節約が可能となり、ネットワークのパフォーマンスが向上します。

Kaspaの技術開発は、DAGLabsの研究開発チームによって開始されました。Kaspaのチームは、その創設者であるヨナタン・ソンポリンスキー氏の指導の下で進められています。同氏はハーバード大学でトランザクションの順序付けとMEV(最大抽出可能価値)を専門とするポスドク研究者であり、2013年にGHOSTプロトコルを概念化しました。同プロトコルに関連する論文は、イーサリアムのホワイトペーパーにも引用されています。

チームには、並列アルゴリズムと分散システムの研究者であるマイケル・サットン氏、GHOSTDAG論文の著者で、古典および量子暗号学の専門家シャイ・ウィボルスキー氏、分散システム開発に焦点を当てるマイク・ザック氏とオリ・ニューマン氏、応用暗号学者および高性能ブロックチェーン開発者のエリカイ・ターケル氏などのコア開発者が含まれます。

Kaspaのエコシステム

カスパを買う

Kaspaのエコシステムは、ユーザーが簡単にアクセスできるように設計されています。Kaspaのエコシステムには、Webウォレット、デスクトップウォレット、コマンドラインウォレット、ハードウェアウォレットの統合など、さまざまなウォレットオプションが含まれています。

具体的には、KaspaのWebウォレットはPWA(プログレッシブ・ウェブ・アプリ)技術を採用しており、ユーザーフレンドリーなインターフェースを備えています。これにより、ユーザーはどのデバイスからでも簡単にアクセスでき、利便性が高まります。デスクトップウォレットは、Kaspaフルノードソフトウェアと連携しており、デスクトップ環境での使用に最適化されています。コマンドラインウォレットは、コアKaspaチームによって維持されており、高度なユーザー向けに強力なコマンドラインインターフェースを提供します。また、KasVaultはハードウェアウォレットとの統合をサポートしており、Ledgerウォレットと連携してKaspaのトランザクションを安全に管理することができます。そのほかにもKaspaのエコシステムには、さまざまな分散型アプリケーション(dApps)も含まれています

Kaspaのロードマップ

Kaspaのロードマップは、以下のような完了済み、進行中、および計画中の開発が含まれています。

完了した開発

Dag Knightコンセンサス研究の発表:
DagKnightコンセンサスはGHOSTDAGプロトコルの進化形で、トランザクション速度と確認時間を大幅に向上させることを目指しています。

モバイルウォレットの開発:
高性能なモバイルウォレットが開発され、Webウォレット、デスクトップウォレット、コマンドラインウォレットに追加されました。

Ledgerとの統合:
LedgerハードウェアウォレットでのKASの送受信が可能となり、セキュリティが強化されました。

進行中の開発

Rust言語でのコーディング:
プログラミング言語のGolangからRustへの移行により、Kaspaのパフォーマンスとトランザクション速度が大幅に向上します。現在の目標は、1秒あたり最大10ブロックの処理ですが、最終的には100ブロックを目指しています。

DAGKNIGHTプロトコルのアップグレード:
新しいコンセンサスプロトコルDAGKNIGHTの実装により、速度とセキュリティが向上します。これには、トランザクション確認ポリシーAPIの設計とノードの機能サポートが含まれます。

ブロックとトランザクションの増加:
現在、Kaspaは1秒ごとに約18ブロックを生成していますが、これを32ブロックに増加させる計画があります。これにより、トランザクションと確認が即座に行われるようになります。

アーカイブノードの改良:
Kaspaネットワーク上の特定のノードで、長期間にわたるトランザクションデータを保存し、アクセスできるようにするアーカイブノードの改善により、標準ノードが保持する3日以上前のトランザクションデータにもアクセスできるようになります。

計画中の開発

スマートコントラクトの実装:
Kaspaを最速でスケーラブルなL1 PoW暗号資産プラットフォームとして確立し、スマートコントラクト、DeFi、Layer2アプリケーションを実装することを目指しています。これにより、Kaspaのエコシステムが強化されることが期待されます。

関連記事:レイヤー1とレイヤー2は何が違うのか?

Kaspaのトークンエコノミクス
出典:Kaspa

Kaspaのトークンエコノミクスは、その持続可能性と価値を支える重要な要素です。KASの最大供給量は28.7億であり、インフレを抑制し価値を維持するための設計がされています。Kaspaは、ビットコインと同様に半減期スケジュールを採用していますが、その頻度は年に一度です。最初の供給率は高く設定されており、毎月徐々に減少していきます。このスケジュールは、1年間で供給率が半減するように設計されています。

Kaspaの価格予測

YearMaximum price of KASMinimum price of KAS
2024$0.36$0.075
2025$0.79$0.25
2026$1.37$0.53
2027$2.42$0.89
2028$3.58$1.32
2029$4.84$1.79
2030$5.17$1.88
2031$5.39$1.98
2032$5.61$2.07
2033$5.84$2.15
2034$6.08$3
2035$7.5$2.89
出典:BeInCrypto

Kaspaの価格予測について、BeInCryptoの価格分析によると2025年の見通しは非常に強気です。2024年の高値からの調整を経て、2025年の安値は$0.25になると予想されています。その後、平均的な価格上昇率216.13%を考慮すると、2025年の高値は$0.79に達する可能性があります。さらに、2030年には価格が$5.17に達する見込みで、2026年までに95%のKASが流通するため、価格上昇が緩やかになると予測されています。長期的な価格予測としては、2035年までにKASの価格が最大$7.5に達する可能性があります。

一方で暗号資産市場は非常に変動しやすく、投資には慎重な調査とリスク管理が必要です。Kaspaのトークンエコノミクスや市場動向を理解し、適切な投資戦略を立てることが重要です。また、KASは現在、日本の暗号資産取引所で流通していないため、日本の取引所で特定の暗号資産を購入し海外取引所に資金を送金したのちに購入する流れとなります。

まとめ

Kaspaは、その革新的なGhostDAGプロトコルと高効率なkHeavyHashアルゴリズムにより、暗号資産市場において注目すべきプロジェクトです。高速かつスケーラブルなトランザクションを実現し、将来的にはDeFiやスマートコントラクトの分野で大きな役割を果たすことが 期待されています。

ベスト暗号資産取引所

Trusted

Follow us on:

X(Twitter):@BeInCryptoJapan
Telegramチャンネル:@BeInCrypto Japan オフィシャルチャンネル

免責事項 - Disclaimers

当ウェブサイトに掲載されているすべての情報は、誠意をもって作成され、一般的な情報提供のみを目的としています。当ウェブサイトに掲載されている情報をもとに読者が取る行動は、あくまでも読者自身のリスクで行うものとします。「Learn」サイトでは、質の高い情報を提供することを第一に考えています。私たちは、読者にとって有益な教育的コンテンツを特定し、調査し、作成するために時間をかけています。この基準を維持し、素晴らしいコンテンツを作成し続けるために、私たちのパートナーは、私たちの記事への掲載に対して手数料を支払う場合があります。しかし、これらのコミッションは、偏りのない、誠実で有益なコンテンツを作成するためであり、私たちの活動プロセスに影響を与えることはありません。

shota_oba.png
Shota Oba
国際関係の大学在籍中に国内ブロックチェーンメディアでのインターンを経て、2つの海外暗号資産取引所にてインターントレーニング生として従事。現在は、ジャーナリストとしてテクニカル、ファンダメンタル分析を問わずに日本暗号資産市場を中心に分析を行う。暗号資産取引は2021年より行っており、経済・社会情勢にも興味を持つ。
READ FULL BIO
スポンサー
スポンサー