詳細を見る

国内取引所取り扱い銘柄チェーンリンク、クロスチェーンプロトコルCCIPをローンチ

4 mins

分散型オラクルネットワークを提供するチェーンリンク(LINK)は18日、クロスチェーンプロトコルCCIPを複数テストネット上ローンチした。LINKは国内複数取引所にて購入可能。

チェーンリンクラボ、ケマール・エル・ムジャヒドCPOの17日のブログによればCCIPは、20日にイーサリアム(ETH)、オプティミズム(OP)、ポリゴン(MATIC)、アバランチ(AVAX)の各種テストネットで利用可能となる。同プロトコルでは、チェーンリンクのオラクルネットワークを利用し、クロスチェーン通信を実現。オラクルネットワークは、メッセージ、トランザクションのリスク管理などを行う。CCIPではトークンの転送機能も提供。これによりトークンプールのスマートコントラクトのためにカスタムコードを書く必要がなくなる。

CCIPでは、ブロックチェーン間通信をシームレスにするだけでなくActive Risk Management(ARM)も導入。ARMは悪意のあるクロスチェーンの活動を検出し、自動的なサービス一時停止によりユーザーの資金を保護する。チェーンリンクの相互運用性ソリューションは、スウィフトのメッセージングインフラを使用。同社は相互運用性ソリューションの実装に向けBNYメロンなどの金融機関とも協業している。なお、分散型デリバティブプラットフォームSynthetix(SNX)はCCIPメインネット上で稼働している。

  • オラクルとはロックチェーン外のデータをブロックチェーン内に取り込む役割を果たすシステム。これにより、スマートコントラクトはリアルタイムの価格情報や天候データ等、ブロックチェーン外のデータを使用しての動作が可能。

チェーンリンクとは?

チェーンリンクはブロックチェーンネットワーク間で安全なデータ転送を可能にする分散型オラクルネットワーク。外部のデータフィード、API、そして他のリアルタイム情報源をブロックチェーンネットワークに統合することで、スマートコントラクトの活用範囲を広げる。暗号資産トラッキングサイトのコインマーケットキャップによれば、LINKの現在の価格は985円で前日比5.9%増。時価総額ランキングでは21位にランクインしている。

ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る
ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る

Trusted

Follow us on:

X(Twitter):@BeInCryptoJapan
Telegramチャンネル:@BeInCrypto Japan オフィシャルチャンネル

免責事項 - Disclaimers

当ウェブサイトに掲載されているすべての情報は、誠意をもって作成され、一般的な情報提供のみを目的としています。当ウェブサイトに掲載されている情報に基づいて行う一切の行為については、読者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。

shota_oba.png
Shota Oba
国際関係の大学在籍中に国内ブロックチェーンメディアでのインターンを経て、2つの海外暗号資産取引所にてインターントレーニング生として従事。現在は、ジャーナリストとしてテクニカル、ファンダメンタル分析を問わずに日本暗号資産市場を中心に分析を行う。暗号資産取引は2021年より行っており、経済・社会情勢にも興味を持つ。
READ FULL BIO
スポンサー
スポンサー