詳細を見る

メルカリのビットコイン取引サービス、利用者数50万人超|3ヶ月で達成

2 mins

フリマアプリ大手メルカリ子会社のメルコインによると28日、同社が提供するビットコイン(BTC)取引サービス利用者数が50万人を突破したビットコイン取引サービスは3月9日、一部のユーザーに対し早期アクセスを提供開始。同月16日には、すべてのユーザーが利用可能となっていた。サービス利用者数は3月下旬時点で10万人、5月下旬時点で30万人を突破するなど、順調に拡大していた。

ビットコイン取引サービスは、メルカリアプリ内で不用品を売って得た売上金、友達招待などにより付与されたメルカリポイント、金融機関からチャージしたメルペイ残高を利用してビットコインが購入できる。最短30秒で申し込み完了し、1円からの購入に対応しており、ビットコイン積立投資のプラットフォームとして機能しているもよう。

同時に行われたアンケートでは、79%のユーザーがビットコイン取引サービスを通じて初めて暗号資産(仮想通貨)取引を体験したという。なお、同サービスは現在、外部ウォレットへのビットコイン送金やレバレッジ取引、ビットコイン以外の暗号通貨取引には対応していない。取引スプレッド(ビットコイン購入価格と売却価格の差)は、売り・買いともに1%とのこと。

ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る
ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る

Trusted

Follow us on:

X(Twitter):@BeInCryptoJapan
Telegramチャンネル:@BeInCrypto Japan オフィシャルチャンネル

免責事項 - Disclaimers

当ウェブサイトに掲載されているすべての情報は、誠意をもって作成され、一般的な情報提供のみを目的としています。当ウェブサイトに掲載されている情報に基づいて行う一切の行為については、読者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。

Shunsuke-Saito.png
Shunsuke Saito
青森県出身。2021年に暗号資産(仮想通貨)投資を開始後、22年よりライターとして従事。国内暗号資産メディアにてライター・編集を経て、23年3月、BeInCrypto(ビーインクリプト)にジャーナリストとして参画。ビットコイン、NFT、PoSノード、DeFiなどへの投資経験を持つ。
READ FULL BIO
スポンサー
スポンサー