詳細を見る

MetaMask、プールステーキングを導入=イーサリアム報酬を開放

6 mins

ヘッドライン

  • Metamaskのプールステーキングはライブであり、ユーザーはイーサリアムのセキュリティをサポートしながら報酬を獲得できます。
  • イーサリアムの保有者は、32ETHの最低要件からパラダイムの変化を、任意の金額でステーキングすることができます。
  • 最初のローンチは、今のところ米国または英国内では利用できませんが、まもなくこれらの地域でアクセスできるようになります。
  • promo

Metamaskは13日、ETH保有者が保有するイーサリアムの量に関係なく、Consensysが運営するバリデーターにステーキングできるプールステーキングを開始しました。

このローンチにより、より多くの人々がイーサリアムネットワークを保護することで報酬を得ることができます。

Metamaskのプールステーキングを一部のユーザーが利用可能に

年間1億人以上のユーザーを抱える主要なセルフカストディアルウォレットであるMetamaskは、一部の適格ユーザー向けにプールステーキングを開始しました。 イーサリアムベースのリキッドステーキングプロトコルであるStakeWiseのオープンモジュラーアーキテクチャを使用して、スマートコントラクトの一部を強化しています。ETH保有者は、保有するトークンの量に関係なく、 Consensysが運営する高度なバリデーターにステークすることができます。

「プールステーキングにより、MetaMaskユーザーはETHを完全に制御し、報酬を獲得し、イーサリアムをより安全にしながら、エンタープライズグレードのバリデーターにETHをステーキングする簡単な方法を手に入れることができます。当社のステーキングソリューションをより多くのMetaMaskユーザーに提供できることを嬉しく思います」と、ConsensysのシニアプロダクトマネージャーであるMatthieu Saint Oliveは述べています。

続きを読む: 暗号資産のステーキングとは?パッシブインカムを得るためのガイド

MetaMaskプールステーキングは、効率を高め、さらに重要なことに、アクセスを向上させます。以前は、Consensysベースのバリデーターにステークするには、少なくとも32ETHが必要でした。ブロックチェーンのデータによると、少なくとも32ETHの ポートフォリオは保有者のわずか1%を占めています。

したがって、このローンチは、上限のないステーキングソリューションとしてのイーサリアムコミュニティにおける画期的な開発です。残りの99%のトークン保有者の参入障壁を取り除くことで、より多くのETHを賭けるチャンスを提供します。

ステーカーはいつでも保有資産のステークを解除する権利を留保しますが、時間はイーサリアムバリデーターの出口キュープロトコルによって異なります。特に、この機能はすべての適格なETH保有者が利用できますが、米国と英国の保有者はまだアクセスできない場合があります。

MetaMask、相互運用性の向上に向けて前進

MetaMaskプールステーキングは、相互運用性を高めるというセルフカストディアルウォレットの取り組みの一環です。5月には、ビットコインのサポートを統合することでイーサリアムを超えて拡張する計画が示されました。これが実現すれば、暗号愛好家にとってより多用途でユーザーフレンドリーな体験を約束すると同時に、より幅広い暗号資産ユーザーへのMetamaskの魅力が高まります。

「MetaMaskがWeb3のマルチチェーンの世界を受け入れ、主要なセルフカストディアルウォレットの使いやすさとセキュリティを強化するための新しい統合機能を継続的に探求していることに興奮しています。現時点では、具体的な開発のタイムラインを確認することはできませんが、ユーザーにより良いサービスを提供するために、常にイノベーションに取り組んでいます。詳細を共有する準備ができたら、さらなる更新にご期待ください」とMetaMaskの広報担当者は述べています。

現在、MetaMaskはビットコインブロックチェーンの直接サポートを提供していません。MetaMaskでビットコイン関連の取引を行いたいユーザーは、イーサリアムブロックチェーン上のビットコインを表すERC-20標準トークンであるラップドビットコイン(WBTC)を使用するか、MetaMaskの機能であるSnapsを使用する必要があります。

ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る
ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る

Trusted

Follow us on:

X(Twitter):@BeInCryptoJapan
Telegramチャンネル:@BeInCrypto Japan オフィシャルチャンネル

免責事項 - Disclaimers

当ウェブサイトに掲載されているすべての情報は、誠意をもって作成され、一般的な情報提供のみを目的としています。当ウェブサイトに掲載されている情報に基づいて行う一切の行為については、読者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。

lockridge-okoth.png
Lockridge Okoth
ロックリッジ・オコトはBeInCryptoのジャーナリストで、Coinbase、Binance、Tetherなどの著名な業界企業に焦点を当てている。同氏は、分散型金融(DeFi)、分散型物理インフラネットワーク(DePIN)、リアルワールドアセット(RWA)、GameFi、暗号通貨における規制動向など、幅広いトピックを扱っている。以前はInsideBitcoins、FXStreet、CoinGapeでビットコインやアルトコイン(Arbitrum、Polkadot、ポリゴン(MATIC)など)の市場分析、技術評価を担当。同氏はケニヤッタ大学で分子生物学の学士号を取得し、バークレー校の起業家センターで認定ブロックチェーン・ファンダメンタルズ・プロフェッショナルの資格を取得している。
READ FULL BIO
スポンサー
スポンサー