詳細を見る

メタバース・ユーザーの80%が暗号通貨を使用|PayPal調査

3 mins

大手決済会社のペイパル(Paypal)は5日、メタバースと金融に関するレポートを発表した。それによれば、メタバース・ユーザーの80%が暗号通貨を使用している。

同調査では、メタバースを「ユーザーがアバターを通して行動し、インターネット上で作られた環境で他のユーザーと相互作用することができる仮想空間」と定義。対象者はメタバース・暗号通貨、およびVR・ARを現在・過去に使用経験のあるユーザー。またはそれらに興味がある1万人の成人を対象に行われた。調査の対象国は米国、英国、ドイツ、日本、イタリア、カナダ、スペイン、韓国、オーストラリア、シンガポールの10カ国。

調査結果によると、現在メタバース・ユーザーの80%が暗号通貨を使用しており、同ユーザーの97%が暗号通貨を保有している。最も保有されている暗号通貨はビットコイン(BTC)で、2位と3位はイーサリアム(ETH)とロボックス(RBX)と続く。現在メタバース・ユーザーでない5人に4人以上(83%)が、メタバースに興味があり、2023年中に利用を開始すると回答。一方で、メタバースユーザーの95%ビデオゲームをプレイしており、依然としてゲームユーザーへの人気が高いこともわかっている。

 メタバースでの収益に関する質問では、回答者の16%が現在、収益があると答え、75%がメタバースで収入を得たいと回答。メタバース空間での収益化のハードルの高さが浮き彫りとなった。

この他、詐欺に対するメタバース支払いを保証や、メタバース間での相互運用性改善を求めていることが明らかになった。2022年、3800万人弱の人々がメタバース産業で年間280億ドルを消費した。

Appleは6日にMR(複合現実)ヘッドセット「Vision Pro」を公表。しかし、これはAppleがメタバースに参入する計画について直接言及したわけではない。メタ(旧facebook)はメタバース事業でこれまで多額の損失を出し、数千人の従業員を解雇している。

ベスト暗号資産取引所

Trusted

Follow us on:

X(Twitter):@BeInCryptoJapan
Telegramチャンネル:@BeInCrypto Japan オフィシャルチャンネル

免責事項 - Disclaimers

当ウェブサイトに掲載されているすべての情報は、誠意をもって作成され、一般的な情報提供のみを目的としています。当ウェブサイトに掲載されている情報に基づいて行う一切の行為については、読者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。

shota_oba.png
Shota Oba
国際関係の大学在籍中に国内ブロックチェーンメディアでのインターンを経て、2つの海外暗号資産取引所にてインターントレーニング生として従事。現在は、ジャーナリストとしてテクニカル、ファンダメンタル分析を問わずに日本暗号資産市場を中心に分析を行う。暗号資産取引は2021年より行っており、経済・社会情勢にも興味を持つ。
READ FULL BIO
スポンサー
スポンサー