詳細を見る

ビットコインのクジラ “ミスター100 “がドキシングされる

4 mins

ヘッドライン

  • 52,996BTCを超えるビットコインのクジラである100氏は、FTXの破綻以来、積極的にビットコインを蓄積してきた。
  • アーカム・インテリジェンス社の調査により、単一の組織や政府系ファンドであるという説は否定された。
  • これにより、暗号資産の安全な管理におけるコールドウォレットの重要性と戦略的な動きが明らかになった。
  • promo

「Mr.100」の異名で知られるビットコイン・クジラの出現が、陰謀論の波紋を広げている。この実体のウォレットは、35億ドル以上の価値がある5万2,996以上のビットコインで膨れ上がり、アナリストの焦点となっている。

特に3月15日、このクジラは少なくとも1,000 BTCを取得し、自らを凌駕した。上位10位のビットコイン上場投資信託(ETF)が購入した総額の52%という驚異的な量を押収した。

ビットコインクジラ、正体を詮索される

2022年11月に暗号資産取引所FTXが没落して以来、ミスター100は積極的な蓄積路線を歩んできた。2023年2月中旬以降、毎日少なくとも100BTCの保有を増やしている。

興味深いことに、このウォレットの行動はより広範な戦略を示しており、2019年以来同様のパターンをたどっているセカンダリーウォレットから多額の送金を行っている。この暴露により、Mr.100は現在のブルランのかなり前から暗号資産市場に関与していたベテランプレーヤーであると位置づけられる。

Mr. 100's Bitcoin Holdings
ミスター100のビットコインホールディングス|出典:ブロックチェーン・ドット・コム

ミスター100の正体については様々な憶測が飛び交っている。ビットコインETFの土台を築く香港の金融機関から、中東の政府系ファンド、あるいはハイテク企業の暗号通貨ベンチャーまで、その範囲は多岐にわたる。様々な推測が飛び交う中、アーカム・インテリジェンスの調査は説得力のある仮説を提示している。

ブロックチェーン・フォレンジック・プラットフォームは、ミスター100氏のウォレットをUpbitコールドウォレットと特定した。この分類は、ウォレットの取引と他のUpbitアドレスとの関連性からきており、典型的な取引所コールドウォレットの運用パターンである。

「Mr.100は事実Upbitコールドウォレットです。これは、他のUpbitウォレットとの強固で一貫した関連付けが、典型的な取引所コールドウォレットのパターンと一致しているためです。Mr.100」アドレスは、主にUpbitデポジットウォレットのスイープから100BTCの流入を受け取ります。その流出の一部は、顧客の引き出しに使用されるUpbitホットウォレットにも資金を提供しています」とArkham Intelligenceのアナリストは述べています。

続きを読む2024年に最もビットコインを所有するのは?

Upbit Cold Wallet
Upbitコールドウォレット。ソースアーカムインテリジェンス

Arkham Intelligenceの解説は、Mr.100を取り巻く謎を解き明かし、単一事業体の戦略的な市場プレーを体現するのではなく、確立された暗号通貨取引所の策略を表していると提案している。これは、デジタル資産の安全な管理におけるコールドウォレットの重要な役割に光を当てている。

ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る
ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る

Trusted

Follow us on:

X(Twitter):@BeInCryptoJapan
Telegramチャンネル:@BeInCrypto Japan オフィシャルチャンネル

免責事項 - Disclaimers

当ウェブサイトに掲載されているすべての情報は、誠意をもって作成され、一般的な情報提供のみを目的としています。当ウェブサイトに掲載されている情報に基づいて行う一切の行為については、読者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。

frame-2466.jpg
Bary Rahma
バリー・ラーマはBeInCryptoのシニア・ジャーナリストで、暗号資産上場投資信託(ETF)、人工知能(AI)、実物資産のトークン化(RWA)、アルトコイン市場など幅広いトピックを担当している。それ以前は、バイナンスのコンテンツ・ライターとして、暗号通貨の動向、市場分析、分散型金融(DeFi)、デジタル資産規制、ブロックチェーン、イニシャル・コイン・オファリング(ICO)、トークノミクスなどに関する詳細な調査レポートを作成していた。また、CNNの調査報道記者として、米国市場の最新テック分野の動向に焦点を当てた。ニューヨーク大学でジャーナリズムの学士号を取得。
READ FULL BIO
スポンサー
スポンサー