詳細を見る

NFTブームは終焉したのか|PFPプロジェクトの淘汰とユースケース多様化

6 mins

ヘッドライン

  • NFT市場は低迷期にあり、1年前と比較すると取引高・ユニークウォレット数ともに極端に減少している
  • 投機目的のNFT投資は終わりつつあり、実用性の乏しいPFPプロジェクトは減少している
  • 一方で、NFTチケットやNFTゲームなど、NFTのユースケースは多様化しつつある
  • promo

NFT市場は現在、過去数年で最も取引高が落ち込んでおり、参入するトレーダーもほとんどいない。「投機目的でNFTに参入して儲ける時代は終わった」というコンセンサスが形成されつつある今、NFTについて再考する必要があると思われる。

NFTブームは終焉か|取引高・ユニークウォレットともに大幅減

オンチェーン分析ツールDuneによると過去7日間、イーサリアムのネットワーク上でNFTを売買したユニークウォレットはわずか190だった。7月10〜17日週のNFT市場全体の取引高は614万ドルと、前年比96%減。NFTトレーダーの減少による市場の空洞化と流動性の極端な低下を反映しており、売却のタイミングに苦慮するNFT投資家も多い。

イーサリアム・ネットワークのNFT市場におけるユニークウォレット数(Dune.com

とりわけ、実用性のないPFP(プロフィール画像)系のNFTプロジェクトは、衰退の一途を辿っている。2022年1月にパリス・ヒルトン氏が米NBCの深夜トーク番組ザ・トゥナイト・ショーに出演し、ヒルトン氏が所有するBAYC(Bored Ape Yacht Club)が話題となったが、この頃がピークだった。

投機目的のPFPプロジェクトはもはや時代遅れの感がある一方で、NFTの技術を活用したユースケースは増加している。例えばチケット販売大手のTicketmasterが2023年3月に販売したNFTチケットは数百万ドル規模の資金調達に成功している。ゲームやデジタルID分野でNFTの技術を応用するケースは、今後さらに増加するだろう。

長期的に落ち込んでいるように見えるのはNFTだけではない。米暗号資産投資大手Galaxy Digitalの最新レポートによると、投資マネーの流れはWeb3から人工知能(AI)へとシフトしている。ベンチャー・キャピタルによる暗号資産プロジェクトへの投資金額は、5四半期連続で減少している。

NFTブーム再来の条件|ユースケースの多様化が鍵

BICではWeb3ゲーム企業Curio Researchのゲーム・デザイナー、モデオ・チェン氏にインタビューを実施し、「NFTはゲーム分野でニッチを見つけることができる」という回答を得た。他にもチェン氏は、以下のコメントを残している。

現在、NFTの大半は投機目的に使われており、その多くは近いうちに廃れるだろう。しかし、当社では、オンチェーンのやり取りを促す実用的なDApps(分散型アプリケーション)が、NFTの存在価値を高めると予測している。

モデオ・チェン氏(BeInCryptoインタビュー)

Web3マーケティング企業BDE Venturesのブライアン・D・エバンスCEO兼創設者は「PFPプロジェクトは減少こそすれ、過去の産物として廃れることはないだろう」と明言、以下のように語った。

ビットコイン(BTC)、イーサリアム(ETH)など有力銘柄が続伸する一方で、NFT市場は逆の方向に進んでいる。(中略)今後、投資家たちが暗号通貨バブルから得た利益は、堅実なPFPプロジェクトに流れてくるだろう。

ブライアン・D・エバンス氏(BeInCryptoインタビュー)

翻訳:BeInCrypto Japan
原文:The NFT Bubble Has Burst: Time for a Rethink?

ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る
ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る

Trusted

Follow us on:

X(Twitter):@BeInCryptoJapan
Telegramチャンネル:@BeInCrypto Japan オフィシャルチャンネル

免責事項 - Disclaimers

当ウェブサイトに掲載されているすべての情報は、誠意をもって作成され、一般的な情報提供のみを目的としています。当ウェブサイトに掲載されている情報に基づいて行う一切の行為については、読者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。

Shunsuke-Saito.png
Shunsuke Saito
青森県出身。2021年に暗号資産(仮想通貨)投資を開始後、22年よりライターとして従事。国内暗号資産メディアにてライター・編集を経て、23年3月、BeInCrypto(ビーインクリプト)にジャーナリストとして参画。ビットコイン、NFT、PoSノード、DeFiなどへの投資経験を持つ。
READ FULL BIO
スポンサー
スポンサー