詳細を見る

イーサリアムL2のOptimism、31日に大規模トークンアンロック

2 mins

イーサリアム(ETH)のレイヤー2ネットワークOptimism(OP)は31日、大規模なトークンアンロック期日を迎える。暗号資産(仮想通貨)のベスティング情報を提供するToken Unlocksによると、31日7時、OPトークン発行上限の3.6%に相当する1億5460万OP(約2億5300万ドル)がアンロックされる。今回のような大量のトークンアンロック後は、トークン供給量が急に増えるため、価格に下落圧力を加えるものとして投資家に警戒される。

べスティングとは:
一定の時期の経過に応じて権利を確定させる契約条件。開発者や初期コミュニティメンバーに対し、一定の期間にわたって暗号資産を出金できない形態(ロックアップ)で行われるトークン・エアドロップが典型的なケース。

5月のOPトークンは、ビットコイン下落に伴い連れ安となり、月初比25.2%減。本稿執筆時点における取引価格は1.62ドルとなっている。

直近1ヶ月のOPトークンチャート(BeInCrypto Japan

なお、直近で分散型取引所1inchの独自トークン1INCH、月初にメインネットがローンチした次世代L1ブロックチェーンSuiの独自トークンSUIについても、大型トークンアンロックが予定されている。1INCHトークンは6月2日7時に供給量の約16.6%、SUIトークンは6月3日7時に供給量の約0.61%が、それぞれトークンロック契約の満期を迎える。これらの銘柄に投資中のユーザーは注意が必要だ。

ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る
ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る

Trusted

Follow us on:

X(Twitter):@BeInCryptoJapan
Telegramチャンネル:@BeInCrypto Japan オフィシャルチャンネル

免責事項 - Disclaimers

当ウェブサイトに掲載されているすべての情報は、誠意をもって作成され、一般的な情報提供のみを目的としています。当ウェブサイトに掲載されている情報に基づいて行う一切の行為については、読者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。

Shunsuke-Saito.png
Shunsuke Saito
青森県出身。2021年に暗号資産(仮想通貨)投資を開始後、22年よりライターとして従事。国内暗号資産メディアにてライター・編集を経て、23年3月、BeInCrypto(ビーインクリプト)にジャーナリストとして参画。ビットコイン、NFT、PoSノード、DeFiなどへの投資経験を持つ。
READ FULL BIO
スポンサー
スポンサー