詳細を見る

OpenSea、メールアドレスだけでウォレット作成が可能に

4 mins

ヘッドライン

  • OpenSeaは11日、メールアドレスを使用して独自のセルフカストディ暗号資産ウォレットを作成する方法を導入した
  • 新システムにより、従来必要だったウォレットエクステンションなしで、暗号通貨やNFTの購入、販売、追加、送信、受信、資金の管理、ブロックチェーン上の取引の閲覧が可能になる
  • 同新機能はOpenSeaと完全に統合されており、クレジットカードやデビットカードによる購入もサポートする
  • promo

OpenSeaは11日、メールアドレスを使用して独自のセルフカストディ暗号資産ウォレットを作成する方法を導入した。同システムにより、従来必要だったウォレットエクステンションなしで、暗号通貨やNFTの購入、販売、追加、送信、受信、資金の管理、ブロックチェーン上の取引の閲覧が可能になる。

同新機能はOpenSeaと完全に統合されており、クレジットカードやデビットカードによる購入もサポート。NFTの収集や作成を容易にし、OpenSeaへの新規ユーザーの参入の促進が期待される。

セルフカストディウォレットはPrivyの技術に基づく。同機能は、ユーザーが電子メールアドレスを用いてOpenSeaアカウントを作成し、そこから直接セルフカストディ型の暗号資産ウォレットを構築できるようにするものである。ウォレットは、OpenSeaが対応する9つのEVMベースのチェーン全てで利用可能である。

OpenSeaでは、よりシンプルなチェックアウトフロー、ウォレット機能の拡張などが計画されている。OpenSeaではこれまでも、NFTプロジェクトの作成・管理・分析をノーコードで行えるOpenSea Studioを導入するなど積極的に新規ユーザーの獲得に貢献してきた

博報堂プロダクツが提供するCocolletもスマートフォンから2次元コードを読み込み、メールアドレスとパスワードの情報のみでNFTの入手・コレクションができる。同ウォレットは、アプリなどのダウンロード不要でNFTを取得・保有できるQR読込型のNFTウォレット。

ユーザーフレンドリーを前面に出し低迷期脱却なるか

DappRaderによれば、OpenSeaは11日現在で、NFTプラットフォームの中で第3位の取引量を持つ。OpenSeaは21年の12月をピークに新興プラットフォームの台頭を受け取引量が低迷している。OpenSeaは23年8月、ロイヤリティ任意化に関する新規約の適用を開始。OpenSeaが22年11月に導入したロイヤリティ執行ツールOperator Filterが廃止され、ロイヤリティ(クリエイター手数料)を設定できる主体がNFTの発行主から購入者に切り替わったことを受け反対の声が上がっていた。

米著名ベンチャーキャピタルのa16zが12月に公開した24年の暗号資産市場予想レポートでは、NFTはデジタルブランド資産としての地位を確立し、幅広い企業やコミュニティにおいて一般的な存在になると見ている。一方でXは10日、NFTをプロフィール画像として使用できる機能を撤廃した

ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る
ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る

Trusted

Follow us on:

X(Twitter):@BeInCryptoJapan
Telegramチャンネル:@BeInCrypto Japan オフィシャルチャンネル

免責事項 - Disclaimers

当ウェブサイトに掲載されているすべての情報は、誠意をもって作成され、一般的な情報提供のみを目的としています。当ウェブサイトに掲載されている情報に基づいて行う一切の行為については、読者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。

shota_oba.png
Shota Oba
国際関係の大学在籍中に国内ブロックチェーンメディアでのインターンを経て、2つの海外暗号資産取引所にてインターントレーニング生として従事。現在は、ジャーナリストとしてテクニカル、ファンダメンタル分析を問わずに日本暗号資産市場を中心に分析を行う。暗号資産取引は2021年より行っており、経済・社会情勢にも興味を持つ。
READ FULL BIO
スポンサー
スポンサー