詳細を見る

ポリゴン(MATIC)、クジラ活動活発化で価格上昇の可能性

5 mins

ヘッドライン

  • 100,000MATICトークンを保有するクジラの数が先週上昇した。
  • これは、その間にMATICの取引がいかに利益を生んできたかによるものだろう。
  • トークンの主要テクニカル指標は、市場における強気心理の復活を裏付けている。
  • promo

ポリゴン(MATIC)は27日、主要なレイヤー2(L2)トークンを保有するクジラアドレスの数が増加し始めているため、上昇トレンドの態勢を整えている。

トークンの動きを1日チャートで評価すると、MATICの市場でも徐々に強気の動きが再浮上していることが確認できます。

ポリゴン(MATIC)、L2トークンへの関心を再び高める

MATICの供給分布の評価では、100,000以上のトークンを保有するクジラの増加が見られた。先週だけで、この投資家集団は1.2%増加した。

この記事を書いている時点で、MATIC投資家のこのグループは、100億MATICの総流通供給量の77.41%を保有している。

ポリゴン(MATIC)の供給分布
ポリゴン(MATIC)の供給分布|出典:サンティメント

このクジラ活動の活発化により、MATICの価値は先週3%急騰し、同時期に見られた市場全般の下落傾向に逆行した。

この期間のMATICのクジラ数の増加は、アルトコインを含む取引がいかに有益であったかに起因している可能性がある。 さらに、(7日間の移動平均を使用した)利益と損失のMATICトランザクションボリュームの毎日の比率の評価は1.03であった。

関連記事:仮想通貨ポリゴン(MATIC)の将来性

カルダノの利益と損失の取引量の比率。
ポリゴン(MATIC)の利益と損失の取引量の比率|出典:サンティメント

この指標の値は、過去7日間で、損失を出した取引よりも利益を出したMATIC取引の方が多いことを示しています。この指標は、損失に終わったMATIC取引1件につき1.03件の取引が投資家に利益をもたらしたことを示唆している。

MATICの価格予測:強気派が強さを取り戻す

MATICのチャイキン・マネー・フロー(CMF)は0.07で、上昇トレンドにある。この指標は、資産の値動きの背後にある売り買いの圧力を測定する。

CMFの値がプラスの場合、上昇日には下落日よりも多くの資金が資産に流入することを意味し、買い手が主導権を握っていることを示唆する。

ADAのCMFがプラスであることと、価格が上昇トレンドにあることを合わせると、アルトコインを取り巻く強気センチメントが高まっていることを示唆している。さらに、MATICの移動平均収束ダイバージェンス(MACD)インジケータの測定値は、プレスの時点で、そのMACD線がゼロ線を超えるように調整されていることを示した。

資産のMACD線がゼロ線を上回ると、モメンタムが弱気(下向き)から強気(上向き)に変化することを示唆する。移動平均線が現在の価格に追いついていることを示し、価格が上昇基調にある可能性を示唆している。

カルダノの分析。
ポリゴン(MATIC)分析|出典:TradingView

この軌跡が維持され、強気派が市場を支配し続ければ、MATICの価値は0.83ドルに向かって上昇する可能性がある。

関連記事:ポリゴン(MATIC)価格予測 2024/2025/2030

ポリゴン(MATIC)の分析。
ポリゴン(MATIC)の分析|出典:トレーディングビュー

しかし、売りの動きが少しでも上向けば、この予測は無効となり、トークン価格は0.7ドル以下に下落するかもしれない。

ベスト暗号資産取引所
PancakeSwap PancakeSwap 50まで%
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る
ベスト暗号資産取引所
PancakeSwap PancakeSwap 50まで%
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る

Trusted

Follow us on:

X(Twitter):@BeInCryptoJapan
Telegramチャンネル:@BeInCrypto Japan オフィシャルチャンネル

免責事項 - Disclaimers

当ウェブサイトに掲載されているすべての情報は、誠意をもって作成され、一般的な情報提供のみを目的としています。当ウェブサイトに掲載されている情報に基づいて行う一切の行為については、読者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。

untitled-1.png
Abiodun Oladokun
アビオドゥン・オラドクンはBeInCryptoのテクニカルおよびオンチェーンアナリストで、同氏は分散型金融(DeFi)、リアルワールドアセット(RWA)、人工知能(AI)、分散型物理インフラネットワーク(DePIN)、レイヤー2、ミームコインなど、さまざまな分野の暗号通貨のマーケットレポートを専門としている。以前、同氏はAMBCryptoで、Messari、Santiment、DefiLlama、Duneなどのオンチェーン分析プラットフォームを活用し、様々なアルトコインの市場分析と技術的評価を行った。さらに、SixthSense DAOのリサーチアナリストとして、盗まれた資産の履歴を追跡するブロックチェーン・フォレンジック・ツールを開発した。同氏はイバダダン大学で法学部の学位を取得している。
READ FULL BIO
スポンサー
スポンサー