詳細を見る

ポリゴン(MATIC)、調整阻止も再び統合へ

4 mins

ヘッドライン

  • MATIC価格は0.64ドルのサポートから跳ね返されたが、おそらく0.75ドルの下で統合されたままであろう。
  • MACDは弱気クロスオーバーを強調しており、MATICの損失回復を助けるだろう。
  • 90日MVRVレシオもまた、蓄積と回復の代名詞であるチャンスゾーンにある。
  • promo

ポリゴン(MATIC)価格は16日、ビットコインの動きに追随し、直近24時間に重要なサポートラインから跳ね返された。

MATICは、投資家の行動に基づいてさらに上昇すると予想されるが、アルトコインはまだ統合される可能性がある。

ポリゴン(MATIC)投資家は蓄積する可能性

本稿執筆時点では、MATIC価格はポリゴン(MATIC)の投資家自身によって煽られる可能性が高い回復を観察している。資産としてのMATICは過小評価されており、マクロの時間枠では、まだ良い賭けであるからだ。

時価純資産倍率(MVRV)は、これをさらに実証している。MVRVレシオは投資家の損益を評価するもので、ポリゴン(MATIC)の90日MVRVが10%に達しているのは損失を示している。これはおそらく蓄積につながる可能性がある。歴史的に、BTCは-14%と-31%のMVRVの範囲内で回復する傾向があり、蓄積のチャンスゾーンとされている。

MATIC MVRVレシオ。
MATIC MVRV レシオ。出所サンティメント

このためMATICは、積み上げが上昇の原動力となる好位置にある。

第二に、移動平均収束線(MACD)に見られるように、より広範な市場の手掛かりも強気である。MACDはモメンタム指標で、2本の指数移動平均の差を利用して金融市場の潜在的な売買機会を示唆する。

関連記事:ポリゴン(MATIC)の買い方完全ガイド

MATIC MACD。
MATIC MACD:トレーディングビュー

この指標は弱気クロスオーバーを示しかけましたが、最近の回復で結果が反転しました。その結果、上昇トレンドが継続している。

MATICの価格予測:今後の調整

0.68ドルで取引されているMATIC価格は、重要なサポートである0.64ドルを上回っており、上記の要因から回復の可能性が高い。しかし、この回復は0.75ドルのレジスタンスによって阻止される可能性がある。

この価格水準は、1カ月以上にわたってMATICの上昇の限界として機能してきた。0.64ドルのサポートは、このレジスタンスとともに統合ゾーンを形成しており、ポリゴン(MATIC)ネイティブトークンはこのゾーン内にとどまる可能性が高い

関連記事:ポリゴン(MATIC)価格予測2024/2025/2030

MATIC価格分析。
MATIC価格分析:トレーディングビュー

しかし、MATICの価格が反落した場合、サポートゾーンをすり抜ける可能性がある。この場合、アルトコインは0.60ドルまで下落し、強気テーゼは無効になる。

ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る
ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る

Trusted

Follow us on:

X(Twitter):@BeInCryptoJapan
Telegramチャンネル:@BeInCrypto Japan オフィシャルチャンネル

免責事項 - Disclaimers

当ウェブサイトに掲載されているすべての情報は、誠意をもって作成され、一般的な情報提供のみを目的としています。当ウェブサイトに掲載されている情報に基づいて行う一切の行為については、読者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。

Frame-2t314.png
Aaryamann Shrivastava
Aaryamann ShrivastavaはBeInCryptoのテクニカルおよびオンチェーンアナリストで、Telegram Apps、リキッドステーキング、レイヤー1、ミームコイン、人工知能(AI)、メタバース、モノのインターネット(IoT)、イーサリアムエコシステム、ビットコインなど、多様な分野の暗号通貨に関するマーケットレポートを専門としている。以前、同氏はFXStreetとAMBCryptoで様々なアルトコインの市場分析とテクニカル評価を行い、分散型金融(DeFi)、非化石トークン(NFT)、GameFiなど暗号業界のあらゆる側面をカバーした。同氏はピライ芸術大学でジャーナリズムの学士号を取得している。
READ FULL BIO
スポンサー
スポンサー