詳細を見る

ポリゴン(MATIC)DeFiを強化するQuickSwapがXレイヤーで開始

3 mins
更新 Bary Rahma

ヘッドライン

  • QuickSwapがXレイヤーのメインネットに登場、DeFiを強化。
  • QuickSwapでスワップ、LP、農業の新たな機会を。
  • X LayerはOKXとイーサリアムのエコシステムを橋渡しする。
  • promo

分散型取引所(DEX)であるQuickSwapがX Layerメインネットで正式にローンチした。これはポリゴン(MATIC)ネットワーク内の分散型金融(DeFi)にとって極めて重要な瞬間です。

この戦略的な動きは、QuickSwapエコシステムに新たなCitadelを導入し、その機能を強化し、ポリゴン(MATIC)ネットワークファミリーを拡張するものです。

QuickSwap on X Layer メインネット

QuickSwapon X Layerの統合は、ユーザーにシームレスなスワップと流動性の提供機能を提供し、ネットワーク上で利用可能な最高のDeFi体験として位置付けられます。

これは、OKXが作成したポリゴン(MATIC)を使用して構築された、世界初のZKを搭載したレイヤー2ネットワークであるX Layerのインフラを利用します。X LayerはOKXとイーサリアムのエコシステムにおける重要な橋渡し役であり、他のレイヤー2ネットワークとコスト効率よく高速なトランザクションで接続します。

この相互接続性は、X LayerがAggLayerと統合されることで改善され、5000万人を超えるOKXのユーザーのアクセシビリティを向上させます。ユーザーは、ほぼ瞬時のファイナリティ、強化されたセキュリティ、高いスケーラビリティを享受できるようになります。

このパートナーシップは、X Layerエコシステムの普及と成長を促進する上で重要な役割を果たします。さらに、ポリゴン(MATIC)とイーサリアムのネットワークの全体的な成功と拡大に貢献します。

続きを読むレイヤー1とレイヤー2:その違いは?

QuickSwapがXレイヤー全体に拡大するにつれ、トークン・ペアの提供の増加を約束し、エコシステム内でのダイナミックなエンゲージメントを確保します。この展開は、OKXとポリゴン(MATIC)のコミュニティを統合し、統一された分散型金融ランドスケープに近づくための一歩です。

ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る
ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る

Trusted

Follow us on:

X(Twitter):@BeInCryptoJapan
Telegramチャンネル:@BeInCrypto Japan オフィシャルチャンネル

免責事項 - Disclaimers

当ウェブサイトに掲載されているすべての情報は、誠意をもって作成され、一般的な情報提供のみを目的としています。当ウェブサイトに掲載されている情報に基づいて行う一切の行為については、読者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。

スポンサー
スポンサー