詳細を見る

リップル(XRP)、ユーザー活動が急増:今後の価格反応

4 mins

ヘッドライン

  • 7月8日、リップルネットワーク(XRP)の取引件数は15%増加し、230万件に達した。
  • この急増はXRPの取引量の急増につながり、15億ドルを超え、過去24時間で4%の価格上昇をもたらした。
  • 最近の動きと価格の上昇にもかかわらず、XRPは依然として1ヶ月間の下落トレンドにある。
  • promo

リップルネットワーク(XRP)の普及率が8日、急上昇した。これにより、その日に記録された総取引回数は、最後に観測された2月のレベルまで上昇した。

ネットワーク上のユーザー需要の高まりは、XRPの取引活動の上昇にもつながりました。その日、このアルトコインの1日の取引量は10億ドルを超えました

リップル、ユーザーの流入を確認

オンチェーンデータによると、7月8日、XRP Ledger上で完了したトランザクションの数は230万件でした。これは前日に記録された200万トランザクションから15%急増した。ネットワークが1日にこれほどの取引数を記録したのは、2月16日が最後だった。

XRPの元帳取引数。出典XRPScan
XRP Ledgerのトランザクション数 出典:XRPScan

今月は、分散型パブリック・ブロックチェーンの需要が著しく急増した。月1日以来、ネットワーク上の1日の取引回数は97%急増した。

昨日のXRP Ledgerに対する高い需要は、XRPのパフォーマンスにプラスの影響を与えた。1日の取引高は15億ドルに達した。XRPはプレス・タイムで0.43ドルで取引され、過去24時間で約5%上昇した。同じ期間に、その取引量も23%増加している。

関連記事:リップル価格の現在と未来|XRPは2024年に急騰するか

リップル取引量。出典:XRPScanサンティメント
リップル取引量。出典サンティメント

資産の価格と取引量が増加すると、一般的に強気のサインと見なされる。それは、より多くの買い手が市場に参入していることを示し、価格をさらに押し上げる可能性があります。

XRP価格予測:調子に乗らないこと

過去24時間におけるXRP市場の活況にもかかわらず、アルトコインに対する弱気な感情は依然として大きい。

XRPの価格は過去24時間にわずかな上昇を目撃したかもしれませんが、1ヶ月間の下落トレンドを維持する構えです。現在の価格で、アルトコインの価格は過去30日間で12%急落している。

プレス・タイムでは、XRPのパラボリック・ストップ・アンド・リバース(SAR)インジケータのドットが価格の上に位置しています。このインディケータは、潜在的なトレンドの方向性と反転を識別します。

このインジケータのドットが資産価格の上にある時、相場は下落中です。これは、資産価格が下落しており、今後も下落が続く可能 性があることを示しています。

この下落が続けば、XRPの価値は0.41ドルまで急落するかもしれません。

続きを読む:リップル(XRP)価格予測 2024/2025/2030

リップル分析。出所トレーディングビュー
リップルの分析:トレーディングビュー

しかし、日々の取引量と需要が増え続ければ、XRPの価格は0.46ドルに向かって急上昇する可能性がある

ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る
ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る

Trusted

Follow us on:

X(Twitter):@BeInCryptoJapan
Telegramチャンネル:@BeInCrypto Japan オフィシャルチャンネル

免責事項 - Disclaimers

当ウェブサイトに掲載されているすべての情報は、誠意をもって作成され、一般的な情報提供のみを目的としています。当ウェブサイトに掲載されている情報に基づいて行う一切の行為については、読者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。

untitled-1.png
Abiodun Oladokun
アビオドゥン・オラドクンはBeInCryptoのテクニカルおよびオンチェーンアナリストで、同氏は分散型金融(DeFi)、リアルワールドアセット(RWA)、人工知能(AI)、分散型物理インフラネットワーク(DePIN)、レイヤー2、ミームコインなど、さまざまな分野の暗号通貨のマーケットレポートを専門としている。以前、同氏はAMBCryptoで、Messari、Santiment、DefiLlama、Duneなどのオンチェーン分析プラットフォームを活用し、様々なアルトコインの市場分析と技術的評価を行った。さらに、SixthSense DAOのリサーチアナリストとして、盗まれた資産の履歴を追跡するブロックチェーン・フォレンジック・ツールを開発した。同氏はイバダダン大学で法学部の学位を取得している。
READ FULL BIO
スポンサー
スポンサー