詳細を見る

柴犬コイン(SHIB)、クジラ活動が活発化するも価格が下落

4 mins

ヘッドライン

  • 柴犬コインのクジラ活動は先月から活発化している。
  • その価格は5月29日に0.000028ドルでピークに達し、その後下落している。
  • この下落が続けば、ミームコインはさらに弱気の勢いを増す可能性がある。
  • promo

5月は柴犬コイン(SHIB)のクジラの動きが活発化した。しかし、これはその期間中、主要なミームコインの価格には反映されなかった。

報道時点では0.000025ドルで取引されていたSHIBの価格は、5月29日に0.000028ドルのピークまで上昇し、その後10%近く下落している。

柴犬コインのクジラ、針は動かず

ここ1ヶ月、SHIBの大口取引の日次件数が急増している。

10万ドルから100万ドルの取引件数は過去30日間で238%増加し、100万ドルから1,000万ドルの大型取引件数も同期間に50%増加した。

柴犬クジラの活動。出典:IntoTheBlockIntoTheBlock
柴犬クジラの活動 出典:IntoTheBlock

クジラの取引件数の増加は、大口投資家がこの資産に関心を持ち始めていることを示唆している。これには、資産価格の好パフォーマンスから市場全体の見通しまで、さまざまな理由が考えられる。

SHIBの場合、ミームコインのクジラ活動の急増は、5月に一般的なミーム市場で見られた成長に起因する。

しかし、この成長により、Pepe (PEPE)、dogwifhat (WIF)、Floki (FLOKI)などの他のミームアセットが大幅な値上がりを見せた一方で、SHIBに対する需要の低さがその価格に下落圧力をかけた。

関連記事:【2024年版】柴犬コイン(SHIB)ウォレット12選

柴犬ネットワーク活動
柴犬コインのネットワーク活動 出典:IntoTheBlock

報道時点ではまだ低水準だが、SHIBのアクティブアドレス数と新規アドレス数は、過去7日間で13%と9%急落している。 ある資産に対する需要がこのように激減した場合、市場のトレンドがプラスからマイナスに転換したことが確認できる。

SHIB価格予測:値下がりに備えよ?

SHIBのパラボリック・ストップ・アンド・リバース(SAR)インジケータを構成するドットは、プレス 時点で価格の上にあります。

このインディケータは、資産の潜在的なトレンド方向と価格反転を識別 します。ドットが価格の上にあるときは、弱気のサインです。市場の下落を示唆し、資産価格は下落を続ける可能性がある。

また、SHIBの移動平均収束ダイバージェンス(MACD)インジケータは、6月2日 にシグナルライン(赤)とMACDライン(青)が上方で交差した。このクロスオーバーは弱気シグナルで、SHIBの短期平均が長期 平均を下回ったことを示唆している。

トレーダーはこれを、ロングポジションから撤退し、ショートポジションを建てるサインと見ている。

柴犬の分析 出典:トレーディングビュー

この傾向が持続し、市場参加者がロングポジションの決済を続ければ、SHIBの価格は0.000023ドルまで下落する可能性がある

関連記事:柴犬コイン(SHIB)価格予測 2024年・2025年・2030年

柴犬の分析 出典:トレーディングビュー

しかし、これが無効となった場合、ミームコインは0.000026ドルで取引されるかもしれない。

ベスト暗号資産取引所
PancakeSwap PancakeSwap 50まで%
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る
ベスト暗号資産取引所
PancakeSwap PancakeSwap 50まで%
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る

Trusted

Follow us on:

X(Twitter):@BeInCryptoJapan
Telegramチャンネル:@BeInCrypto Japan オフィシャルチャンネル

免責事項 - Disclaimers

当ウェブサイトに掲載されているすべての情報は、誠意をもって作成され、一般的な情報提供のみを目的としています。当ウェブサイトに掲載されている情報に基づいて行う一切の行為については、読者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。

untitled-1.png
Abiodun Oladokun
アビオドゥン・オラドクンはBeInCryptoのテクニカルおよびオンチェーンアナリストで、同氏は分散型金融(DeFi)、リアルワールドアセット(RWA)、人工知能(AI)、分散型物理インフラネットワーク(DePIN)、レイヤー2、ミームコインなど、さまざまな分野の暗号通貨のマーケットレポートを専門としている。以前、同氏はAMBCryptoで、Messari、Santiment、DefiLlama、Duneなどのオンチェーン分析プラットフォームを活用し、様々なアルトコインの市場分析と技術的評価を行った。さらに、SixthSense DAOのリサーチアナリストとして、盗まれた資産の履歴を追跡するブロックチェーン・フォレンジック・ツールを開発した。同氏はイバダダン大学で法学部の学位を取得している。
READ FULL BIO
スポンサー
スポンサー