詳細を見る

iOS版ユニスワップ・ウォレット、App Storeで正式リリース

3 mins

3月にiOSベータ版の早期提供が開始されていたモバイルウォレット「ユニスワップ・ウォレット(Uniswap Wallet)」は13日、正式リリースを迎えた

ユニスワップ・ウォレットは、大手分散型取引所(DEX)「ユニスワップ(Uniswap)」運営企業のユニスワップ・ラボ(Uniswap Labs)が開発を手がけている。同社発表によると、ユニスワップ・ウォレットは現在、アップル社のiOS端末からダウンロード可能。

ユニスワップ・ウォレットは、ユニスワップ・ラボ社から初めてリリースされる自己管理型のモバイルウォレット。当初は2022年12月にリリース予定とされていたが、アップル社の認可が下りず延期していた。そのため3月、同社が提供するベータ版アプリ配信ツール「テストフライト(TestFlight)」で一部ユーザーに早期アクセス版を提供していた。

ユニスワップ・ウォレットの利用対象国・地域は順次拡大していくとアナウンスがあり、現在、日本からiOS端末で検索してもこのウォレットは表示されない。

ユニスワップ・ウォレットはL1、L2各ブロックチェーンへのシームレスな切り替えが可能となっており、時価総額、価格チャート、出来高別の注目銘柄をチェックできる。手数料2.5%で法定通貨建ての暗号資産(仮想通貨)購入にも対応。

従来の分散型金融(DeFi)では、ウォレット設定や暗号通貨の入金など、煩雑なオンボーディング・プロセスがネックとなっていた。これが簡素化されたことで、新規ユーザーの流入が期待される。

ベスト暗号資産取引所

Trusted

Follow us on:

X(Twitter):@BeInCryptoJapan
Telegramチャンネル:@BeInCrypto Japan オフィシャルチャンネル

免責事項 - Disclaimers

当ウェブサイトに掲載されているすべての情報は、誠意をもって作成され、一般的な情報提供のみを目的としています。当ウェブサイトに掲載されている情報に基づいて行う一切の行為については、読者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。

Shunsuke-Saito.png
Shunsuke Saito
青森県出身。2021年に暗号資産(仮想通貨)投資を開始後、22年よりライターとして従事。国内暗号資産メディアにてライター・編集を経て、23年3月、BeInCrypto(ビーインクリプト)にジャーナリストとして参画。ビットコイン、NFT、PoSノード、DeFiなどへの投資経験を持つ。
READ FULL BIO
スポンサー
スポンサー