詳細を見る

UwUレンド、1週間で2度目の攻撃を受け372万ドルの損失

5 mins

ヘッドライン

  • uWuレンドは1950万ドルの損失からわずか3日後に372万ドルでハッキングされた。
  • オンチェーン探偵団は、この2つのハッキングは同じ攻撃者の手によるものだと指摘している。
  • 同プラットフォームの創設者であるマイケル・パトリンは、いかがわしい活動に関与している疑いが持たれている。
  • promo

オンチェーン探偵からの報告によると、UwU Lendはサイバー攻撃を受け、372万ドルの損失を被った。

これは分散型金融(DeFi)融資プラットフォームに対する2度目の攻撃であり、暗号資産業界における持続的な脆弱性を浮き彫りにしている。

UwU Lend、1週間で2322万ドルを同じ攻撃者に奪われる

サイバー攻撃で1950万ドルを失ってからわずか3日後、UwU Lendは同じ攻撃者に372万ドルの追加損失を被った。これはWeb3のセキュリティ・プラットフォームであるCyversの報告によるもので、CyversはXへの投稿でこの取引を取り上げた

専門家は、最初の攻撃はフラッシュローンによるもので、攻撃者はUSDeを他のトークンと交換し、USDeとsUSDeの価格を下げた。その後、攻撃者はUwU Lendに一部を入金し、予想よりも多くのsUSDeを貸した。

「UwULendが使用するsUSDeトークン価格は5つのペアに依存しています。これらのペアは深いですが、攻撃者が価格を操作して清算ボーナスを得るために莫大な量の資産をフラッシュローンすることを阻止することはできませんでした」とセキュリティ会社のCertikは攻撃のフォレンジックレポートで指摘した。

関連記事:Kraken取引所のセキュリティ・料金・機能レビュー

フラッシュ・ローンでは、ユーザーは担保を提供することなく資産を借り入れ、同じ取引内で借り入れた資金を返却する。DeFiレンディングにおけるこのユニークな機能は、フラッシュローンを、通常担保を必要とする従来のローンと区別している。

UwU Lendは、BeInCryptoのコメント要請に直ちに回答しなかった。とはいえ、同じ悪質業者が数日以内にDeFi貸出プロトコルを標的にしたことは問題である。これは、ネットワークのセキュリティ防御について重大な問題を提起している。注目すべきは、月曜日の攻撃で、UwU Lendは損失を認め、翌日、セキュリティの脆弱性を特定し解決したというメッセージでフォローアップしたことだ。

UwUの創設者に怪しい活動の疑い

コミュニティ・メンバーは、UwU Lendの創設者であるマイケル・パトリン(「オマール・ダナーニ」や「0xSifu」としても知られる)を積極的に批判している。パトリンは暗号通貨取引所QuadrigaCXを共同設立したが、詐欺関連の疑惑の中で最終的に破綻したため、このような憶測が生じた。

「SIFUことマイケル・パトリン(QuadrigaCXと他の暗号ポンジで有名)が指揮する一連のハッキングと清算を装った大規模なDeFiの引き抜きが進行中のようだ。

このような懸念は投資家にも届いており、DefiLlamaのデータでは今週、Total Value Locked (TVL)が28%下落した。UwU LendのTVLは、6月10日(月)の9,105万ドルから、報道時点では6,580万ドルに減少している。TVLの減少は、DeFiプロトコルにロックまたは預託された資産の総額の減少を示す。

UwU Lend TVL
UwUレンドTVL。ソースデフィラマ

これは、セキュリティリスクの高まりにより、ユーザーが資金を引き出したり、他のプラットフォームに移行したりしている可能性を示している。暗号資産空間におけるセキュリティ侵害やハッキングは憂慮すべき破壊的なものであり、投資家は資産を保護するために予防措置を講じる必要がある。

ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る
ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る

Trusted

Follow us on:

X(Twitter):@BeInCryptoJapan
Telegramチャンネル:@BeInCrypto Japan オフィシャルチャンネル

免責事項 - Disclaimers

当ウェブサイトに掲載されているすべての情報は、誠意をもって作成され、一般的な情報提供のみを目的としています。当ウェブサイトに掲載されている情報に基づいて行う一切の行為については、読者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。

lockridge-okoth.png
Lockridge Okoth
ロックリッジ・オコトはBeInCryptoのジャーナリストで、Coinbase、Binance、Tetherなどの著名な業界企業に焦点を当てている。同氏は、分散型金融(DeFi)、分散型物理インフラネットワーク(DePIN)、リアルワールドアセット(RWA)、GameFi、暗号通貨における規制動向など、幅広いトピックを扱っている。以前はInsideBitcoins、FXStreet、CoinGapeでビットコインやアルトコイン(Arbitrum、Polkadot、ポリゴン(MATIC)など)の市場分析、技術評価を担当。同氏はケニヤッタ大学で分子生物学の学士号を取得し、バークレー校の起業家センターで認定ブロックチェーン・ファンダメンタルズ・プロフェッショナルの資格を取得している。
READ FULL BIO
スポンサー
スポンサー