詳細を見る

ワールドコイン、未認証ユーザーへの予約機能を導入

5 mins

ChatGPT開発企業OpenAIの創業者サム・アルトマンCEOが主導する暗号資産(仮想通貨)プロジェクト、WorldCoin(ワールドコイン・WLD)がこのほど、Orbを用いたWorld IDの認証の予約機能を開始した。

  • World IDとは、プライバシーファーストの分散型IDプロトコル。プライバシーを保護しつつ、ウェブサイトやSNS、dapps(分散型アプリケーション)に本人確認・サインインすることを可能にする。

同機能の導入によりWLDトークンの予約が可能になった。予約後12カ月以内にOrbで虹彩認証を行うことで、WLDトークンの利用が可能となる。

World Appのユーザーは増加傾向となっており、1日あたり1万4000人のユーザーがOrbでの虹彩認証を行っている。なお、13日時点の同アプリの月間アクティブユーザーは170万人を超えている。同社6日に公表したブログによれば、WLDローンチ後7日間で、World IDの週間認証数が倍増。週間アクティブWorld Appユーザーは3倍、週間アカウント作成数は10倍以上に増加している。現在、日本では約1万5000人以上のユーザーがWorldcoinアプリを使用。独自のシステムにより虹彩を使った本人認証を行う装置Orbsの設置場所は同リンクにて参照可能だ。

アルゼンチン公共情報アクセス庁(AAIP)は8日、ワールドコイン財団が行っている個人データの処理について、調査を開始。このほかにもケニアでは2日、公共の安全性と金融取引の信頼性に関する懸念から、Worldcoinの運営を一時停止している。

一方でサム・アルトマン氏は、Worldcoinにおいて、ユーザーのプライバシー保護への仕組みが確立されていると強調。同プロジェクト開発元のTool For Humanityアカーシュ・サンギ氏は「SNSやメディアではよく、全ての情報がいつでも公になると言われるが、実際はそうではない。読者にブログ記事やホワイトペーパーを一読し、詳細を理解していただきたい」と誤認に対する注意喚起を行っている

暗号資産トラッキングサイトのコインゲッコーによれば、現在のWLDの価格は1.8ドルで前日比0.2%減。過去24時間の取引高は1.7%増加しているが、最高値からは45.15%下落している。WLDは時価総額ランキング151位に位置している。

OpenAIは経営難か

印メディアのFirstPostの12日の報道によれば、Open AIはChatGPTの運営に日々70万ドルのコストを割いており、現時点でOpenAIは十分な収益を上げられておらず、損失額は540億円に上るという。ユーザー数は6月と比較して7月は12%減少し、15億人までに減少した。ユーザーの減少には無料の生成系AIの台頭が起因していると見られる。同社は人材の流出にも悩んでおり、競争相手にスタッフが奪われる事例が増加している。収益化とAIの安全性の両立を目指す同社は、転換点に立たされている。

ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る
ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る

Trusted

Follow us on:

X(Twitter):@BeInCryptoJapan
Telegramチャンネル:@BeInCrypto Japan オフィシャルチャンネル

免責事項 - Disclaimers

当ウェブサイトに掲載されているすべての情報は、誠意をもって作成され、一般的な情報提供のみを目的としています。当ウェブサイトに掲載されている情報に基づいて行う一切の行為については、読者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。

wpua-150x150.png
Shota Oba
国際関係の大学在籍中に国内ブロックチェーンメディアでのインターンを経て、2つの海外暗号資産取引所にてインターントレーニング生として従事。現在は、ジャーナリストとしてテクニカル、ファンダメンタル分析を問わずに日本暗号資産市場を中心に分析を行う。暗号資産取引は2021年より行っており、経済・社会情勢にも興味を持つ。
READ FULL BIO
スポンサー
スポンサー