詳細を見る

ワールドコイン(WLD)の価格回復は投資家の手に委ねられる

4 mins

ヘッドライン

  • この2週間でワールドコインの価格は45%下落し、3ドルを割り込んだ。
  • WLDホルダーは売却を控えており、それはネットワーク上での活動からも明らかである。
  • このような投資家は、MVRVレシオに従って、代わりに安値でWLDを積み立てることもできる。
  • promo

ワールドコイン(WLD)価格は、市場の懐疑的な見方が広がる中、日足チャートで安値を形成している。

しかし、投資家の楽観的な見通しは、強気な行動を満たす必要があるだけであるため、これを変更する可能性がある。

ワールドコインの投資家は希望を抱いている

2.7ドルで取引されているワールドコインの価格は、ここ数日でかなりの下落を示した。しかし、これはまだWLD保有者が損失を相殺するために保有資産を売却することを納得させていない

これは、収益性によるアクティブ・アドレスを観察すれば明らかである。現在、利益を上げている参加アドレスの総数は3%未満である。一般に、こうした投資家が活動の25%を占めるようになると、利益確定の懸念が高まる。

しかし、WLDでは上記の閾値をはるかに下回っているため、この懸念はない。つまり、Worldcoinの投資家は今のところ保有資産を売却しようとは考えていないということだ。

利益率別ワールドコインアクティブアドレス
利益率別ワールドコインアクティブアドレス 出典:IntoTheBlock

市場価値対実現価値(MVRV)比率と組み合わせることで、楽観的な見通しが得られます。MVRV比率は投資家の利益と損失を評価する。現在、Wordlcoinの30日MVRVは-35%で、損失を示しており、買い圧力につながる可能性がある。

歴史的に、-10%から-20%のMVRVは通常、アルトコインの上昇の開始を示し、蓄積の機会ゾーンを示す。これはアルトコインの価格急騰につながる可能性がある。

関連記事:暗号資産(仮想通貨)ワールドコインとは?特徴や入手手順を解説

ワールドコインMVRVレシオ。
ワールドコインのMVRVレシオ:サンティメント

WLD価格予測:バウンスバックを待つ

ワールドコインの価格は、重要なサポートレベルである3ドルを下回った。過去2日間の継続的な調整により、4.5ドルから45%下落した。WLD投資家が保有トークンの追加に動けば、アルトコインはサポートとして3ドルを取り戻す可能性がある。

そうなれば、ワールドコインの価格は急騰し、4.0ドルまで押し上げられるだろう。これを突破すれば、投資家の損失のかなりの部分が帳消しになるだろう。

関連記事:ワールドコイン(WLD)価格予測 2024/2025/2030

ワールドコイン価格分析。
ワールドコイン価格分析 出展:トレーディングビュー

しかし、WLDが下落を続ければ、2.5ドルのサポートを失い、2.0ドルまで下落する可能性がある。これを割り込むと、強気テーゼが無効となり、損失が拡大する。

ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る
ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る

Trusted

Follow us on:

X(Twitter):@BeInCryptoJapan
Telegramチャンネル:@BeInCrypto Japan オフィシャルチャンネル

免責事項 - Disclaimers

当ウェブサイトに掲載されているすべての情報は、誠意をもって作成され、一般的な情報提供のみを目的としています。当ウェブサイトに掲載されている情報に基づいて行う一切の行為については、読者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。

Frame-2t314.png
Aaryamann Shrivastava
Aaryamann ShrivastavaはBeInCryptoのテクニカルおよびオンチェーンアナリストで、Telegram Apps、リキッドステーキング、レイヤー1、ミームコイン、人工知能(AI)、メタバース、モノのインターネット(IoT)、イーサリアムエコシステム、ビットコインなど、多様な分野の暗号通貨に関するマーケットレポートを専門としている。以前、同氏はFXStreetとAMBCryptoで様々なアルトコインの市場分析とテクニカル評価を行い、分散型金融(DeFi)、非化石トークン(NFT)、GameFiなど暗号業界のあらゆる側面をカバーした。同氏はピライ芸術大学でジャーナリズムの学士号を取得している。
READ FULL BIO
スポンサー
スポンサー