詳細を見る

ビットコインの価格回復を占う4つのシナリオ

8 mins

ヘッドライン

  • ビットコインは54,450ドルでサポートを見つけたかもしれないが、回復は市場の4つの重要な要因に依存する。
  • イーサリアムETFのローンチ、Mt.Goxの返済、ドイツ政府の売り越し、FRBの政策が重要なシナリオとなる。
  • Mt.Goxの返済、インフレ緩和、予想されるFRBの政策転換がビットコインの回復に影響を与える可能性がある。
  • promo

ビットコイン(BTC)価格は、6月上旬の7万1,758ドルをピークに24%下落している。センチメントが高騰を続ける中、暗号通貨のパイオニアであるビットコインの次の方向性は、引き続き展開される4つの重要なシナリオにかかっている。

リテール・トレーダーは市場センチメントに基づいて取引戦略を調整するため、暗号資産のボラティリティの高さが説明できる。

ビットコイン価格に影響を与える重要な要因

5万4,450ドルレベルはビットコイン価格のサポートとなる可能性がある。相対力指数(RSI)が重要な基準値である30をテストした後、2回のブレイクダウンに失敗したことは、BTCが底を打った可能性を示唆している。

ビットコイン価格パフォーマンス
ビットコイン価格のパフォーマンス:トレーディングビュー

とはいえ、回復が持続可能かどうかは、4つのマクロ市場ムーバーがどのように作用するかにかかっている。

  1. イーサリアムETFのローンチはポジティブな市場センチメントを刺激する可能性がある

暗号資産サポーターはイーサリアムトークンホルダーとともに、スポット・イーサリアムETF(上場投資信託)が今週取引を開始するかどうかを見守っている。米国証券取引委員会(SEC)は月曜日、ETH ETFの発行予定者から最終的なS-1フォームを回収した。これは、これらの金融商品の承認プロセスに進展があることを示唆している。

暗号資産金融サービスプラットフォームのMatrixportも楽観論を共有している。同社は、発行体の修正S-1提出期限が今週に迫っていることから、今週中にローンチされる可能性があると予想している。

報告書によると、規制当局が提出からわずか3日後に19b-4フォームをグリーンライトした5月と同じくらい迅速に進展する可能性がある。

イーサリアムETF承認
イーサリアムETFの承認 出典:マトリックスフォート

予想されるローンチとともに、Matrixportのレポートでは、イーサリアム価格が3,400ドルまで12%回復すると予想しています。この推測は、19-b申請の承認後にETHが5月に20%急上昇したことに由来する。承認による強気なセンチメントはビットコインにも波及し、回復をサポートすると予想されている。

関連記事:イーサリアムETFとは?メリット・デメリットについて

2.Mt.Goxの影響はすでに織り込まれている可能性

Mt.Goxの返済をめぐる不安は、市場がその影響をすでに織り込み済みであることから、薄れ続けている。Mt.Gox再生管財人は先週、ビットコインとビットコインキャッシュ(BCH)の返済を開始した。

ビットスタンプ取引所はMt.Goxと合意し、投資家ができるだけ早く補償されるようにすることを示した。トークン配布のタイムラインは60日で、一部の債権者はすでに受領を確認している。管財人が払い戻しに利用する5つの取引所の1つであるクラーケンは、90日のタイムラインを示している。

日本のビットバンクとSBI VCトレードの取引所は、すでに割り当てられた資金を受け取り、分配したと報告されている。そうすることで、彼らは事実上14日間のタイムラインを破った。破綻した取引所の管財人による債権者の弁済が続く中、市場では楽観論が回復し続けている。

これは、特に債権者が受領時に現金化しない場合、ビットコイン価格にとって良い前兆となる可能性がある。

「これらの債権者の多くは、長期的なビットコイナーであり、技術的に精通しているアーリーアダプターであり、以前は現金のために債権を清算するという積極的な申し出を拒否してきた」とGalaxyのリサーチ責任者であるアレックス・ソーン氏は見解を述べた。

3.ドイツ政府のビットコイン売却

6月19日以来、ドイツ政府は1万BTC以上を動かしている。これはほぼ10億ドル相当のビットコインが様々な暗号資産や取引所に移動したことになる。これは、投資家が供給ショックの可能性をフロントランしたため、最近のビットコイン売りを誘発した。

しかし、アーカムのデータによると、トークン残高は政府の準備金で枯渇している。

ドイツ政府のBTC取引
ドイツ政府BTC取引:アーカム

ドイツ政府は最終的にビットコイン取引を減速させるとの憶測があり、これは主要暗号資産に有利に働く可能性がある。同国の国会議員の一人で、暗号資産活動家として有名なJoana Cotar氏は、ドイツの地元メディアが呼びかけを捉え、同国の投資家が怒りをあらわにしていると述べた。

「ドイツのマスコミはそれを取り上げている」とCotar氏は書いている。

4.今週の連邦準備制度理事会(FRB) 議長証言

米国ではインフレが着実に減速しており、同国経済は力強さを見せているが、満足できる水準にはまだほど遠い。特に7月5日に発表された雇用統計が良好なものであったことから、ソフトランディングの可能性は高いと思われる。米連邦準備制度理事会(FRB)が待ち望んでいた金融政策の転換は、今や可能性のように見える。

「FRBの最新予測は投資家を慎重にさせている。利下げ幅が期待より少ないことがリスク資産に圧力をかけている。欧州の政治不安と米ドル高がBTCを押し下げている」とXの人気アカウントは書いている。

暗号資産市場は、こうしたマクロイベントの熱を感じ続けている。今週は、パウエルFRB議長が7月9日と10日に議会演説を控えており、重要な週となる。

ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る
ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る

Trusted

Follow us on:

X(Twitter):@BeInCryptoJapan
Telegramチャンネル:@BeInCrypto Japan オフィシャルチャンネル

免責事項 - Disclaimers

当ウェブサイトに掲載されているすべての情報は、誠意をもって作成され、一般的な情報提供のみを目的としています。当ウェブサイトに掲載されている情報に基づいて行う一切の行為については、読者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。

lockridge-okoth.png
Lockridge Okoth
ロックリッジ・オコトはBeInCryptoのジャーナリストで、Coinbase、Binance、Tetherなどの著名な業界企業に焦点を当てている。同氏は、分散型金融(DeFi)、分散型物理インフラネットワーク(DePIN)、リアルワールドアセット(RWA)、GameFi、暗号通貨における規制動向など、幅広いトピックを扱っている。以前はInsideBitcoins、FXStreet、CoinGapeでビットコインやアルトコイン(Arbitrum、Polkadot、ポリゴン(MATIC)など)の市場分析、技術評価を担当。同氏はケニヤッタ大学で分子生物学の学士号を取得し、バークレー校の起業家センターで認定ブロックチェーン・ファンダメンタルズ・プロフェッショナルの資格を取得している。
READ FULL BIO
スポンサー
スポンサー