詳細を見る

ヘッジファンドがCME先物で記録的なショートポジション

4 mins

ヘッドライン

  • ヘッジファンドはCMEで記録的な高水準のショートポジションを積み上げることで、ビットコインへの弱気ベットをエスカレートさせている。
  • ビットコインのスポット上場投資信託(ETF)が19日連続で資金流入を記録している最中である。
  • 市場アナリストは、この2つの共存はヘッジファンドがキャリートレードに関心を寄せていることの表れだと説明した。
  • promo

ヘッジファンドは、シカゴ・マーカンタイル取引所(CME)でビットコインに対するショートポジションを拡大している。

Zerohedgeによると、商品先物取引委員会(CFTC)のCommitments of Traders(COT)レポートで、ビットコインのヘッジファンドのネットショートが大幅に増加し、過去最高を更新したことが明らかになった。

ヘッジファンドはビットコインに弱気?

データによると、ヘッジファンドはCME標準ビットコイン先物契約のネットショートポジションを増やした。これらのポジションは過去最高の18,175契約に達した。これらの契約は、それぞれ5BTCの大きさで、トレーダーが原資産価格の予想される下落から利益を得るために先物契約を売却する取引戦略の一部である。

ヘッジファンドのビットコインショートポジション。
ヘッジファンドはビットコインのポジションをショート 出典:X/Zerohedge

BTCに特化した21st Capitalの共同設立者であるSina G氏は、これらの記録的なショートポジションは、ヘッジファンドがキャリートレード戦略に関心を持っていることを示している可能性があると示唆した。キャリー・トレーダーは通常、スポットと先物市場の価格差を利用する目的で、先物をショートし、同時に資産を購入する。

「これらはより投機的なポジションであり、ヘッジファンドが他の場所でビットコインをロングしているキャリートレードを示す可能性がある。しかし、資産運用会社は逆のポジションをとっている。これらのポジションは投機的ではなく、長期的なもの」とG氏

興味深いことに、これらの記録的なショートポジションは、ビットコインETFへの19日連続の資金流入と一致している。過去3週間、ETFには20億ドル以上の資金が流入した。しかし、このような多額の資金流入にもかかわらず、ビットコイン価格は3月の史上最高値である73,835ドルに届かなかった。その代わり、直近7日間で2%の小幅な上昇を記録した。

ビットコインETFのフロー。
ビットコインETFのフロー:SoSo Value

このBTCの地味な価格パフォーマンスは、多くの投資家を困惑させた。しかし、市場の専門家は、この傾向は大手金融機関がビットコインETFを購入し、同時に価格差を利用するために先物を売却したためであると説明した。この結果、ビットコインのスポット価格への影響を最小限に抑えながら、ETFの大幅な資金流入が実現した。

関連記事:ビットコインETFとは?

JAN3のCEOであるサムソン・モー氏は、”すべてのビットコインのショートは、最終的に、自発的に、または不本意ながら、クローズする “と確信している。

ベスト暗号資産取引所

Trusted

Follow us on:

X(Twitter):@BeInCryptoJapan
Telegramチャンネル:@BeInCrypto Japan オフィシャルチャンネル

免責事項 - Disclaimers

当ウェブサイトに掲載されているすべての情報は、誠意をもって作成され、一般的な情報提供のみを目的としています。当ウェブサイトに掲載されている情報に基づいて行う一切の行為については、読者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。

oluwapelumi-adejumo.png
Oluwapelumi Adejumo
オルワペルミは、ビットコインとブロックチェーン技術が世界をより良く変える可能性を秘めていると信じている。同氏は熱心な読書家で、2020年に暗号資産についての執筆を始めた。
READ FULL BIO
スポンサー
スポンサー