詳細を見る

『キャプテン翼 -RIVALS-』のガバナンストークンTSUGT、Gate.ioに上場

3 mins

ヘッドライン

  • ブロックチェーンゲーム企業SWORD LIMITEDは、開発を手掛ける『キャプテン翼 -RIVALS-』のガバナンストークンTSUGTを海外取引所Gate.ioに上場
  • 暗号通貨TSUGTは28日19時に0.0068ドルで上場後、急騰。現在は前日比365%増の0.03163ドルで取引されている
  • 『キャプテン翼 -RIVALS-』は1月のリリース直後に不祥事が続いたが、現在では日本を代表するWeb3ゲームとして人気を誇る
  • promo

ブロックチェーンゲーム企業SWORD LIMITEDは28日、開発を手掛ける『キャプテン翼 -RIVALS-』ガバナンストークンTSUBASA Governance Token(TSUGT)を海外暗号資産(仮想通貨)取引所Gate.ioに上場した。取引ペアはTSUGT/USDT

暗号通貨TSUGTは28日19時に0.0068ドルで上場し、直後から急騰。現在は前日比365%増の0.03163ドルで取引されている。国内Web3ゲーム発の暗号通貨が海外取引所に上場するケースは珍しく、今後の取引動向に注目が集まる。

同ゲームはPC・スマートフォンのブラウザからプレイ可能で、ゲーム開始には招待コードに加え、「選手カードNFT」が必要。このNFTはゲーム内マーケットプレイスにて購入可能で、暗号通貨MATIC建てとなる。MATICは、国内取引所コインチェックなどで上場している

日本を代表するWeb3ゲーム『キャプテン翼 -RIVALS-』とは

『キャプテン翼 -RIVALS-』は、日本の有名マンガ「キャプテン翼」のIPを元にリリースされたブロックチェーンゲーム。イーサリアム(ETH)のレイヤー2ブロックチェーンPolygon(ポリゴン)を基盤として1月にリリースされた。なお、SWORD LIMITED社は、トークン発行型クラウドファンディング「FiNANCiE」を運営するフィナンシェの國光宏尚CEOが代表取締役を務めるゲーム開発企業Thirdverseの子会社。

同ゲームはリリース直後、ユーティリティトークンTSUBASA Utillity Token(TSUBASAUT)のインサイダー取引が発覚、ゲームリリース直後に重大なバグが発生するなど、不祥事が続いた。しかしその後、原作の世界観を忠実に再現したゲームシステムが人気を呼び、日本発Web3ゲームとしての地位を確立するに至った。ポリゴンの開発企業ポリゴンラボが6月に公開した日本発のWeb3プロジェクト特集記事で取り上げられ、海外ユーザーからも注目を集めている。

ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る
ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る

Trusted

Follow us on:

X(Twitter):@BeInCryptoJapan
Telegramチャンネル:@BeInCrypto Japan オフィシャルチャンネル

免責事項 - Disclaimers

当ウェブサイトに掲載されているすべての情報は、誠意をもって作成され、一般的な情報提供のみを目的としています。当ウェブサイトに掲載されている情報に基づいて行う一切の行為については、読者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。

Shunsuke-Saito.png
Shunsuke Saito
青森県出身。2021年に暗号資産(仮想通貨)投資を開始後、22年よりライターとして従事。国内暗号資産メディアにてライター・編集を経て、23年3月、BeInCrypto(ビーインクリプト)にジャーナリストとして参画。ビットコイン、NFT、PoSノード、DeFiなどへの投資経験を持つ。
READ FULL BIO
スポンサー
スポンサー