詳細を見る

DMTP、スクエニなどから資金調達|Web3ベースのメッセージサービス

3 mins

ヘッドライン

  • Web3通信プロトコルDMTP開発企業ハイフンは19日までに、スクウェア・エニックスなどから資金調達を実施した
  • DMTP(分散型メッセージ転送プロトコル)はWeb3ウォレットベースでのコミュニケーションを実現する次世代メッセージサービス
  • DMTPは事業者向けにも、ユーザーのオンチェーンデータ・オフチェーンデータ分析からターゲットを定め、メッセージを個別配信する機能などを開発中
  • promo

Web3通信プロトコルDMTPを開発するシンガポール拠点企業Highphen(ハイフン)は19日までに、ゲーム大手スクウェア・エニックスなどから資金調達を実施した。調達金額は非公開で、DMTPプロトコルのモバイルアプリ開発、CRM(顧客情報管理)システム開発、グローバルマーケティングなどに活用する。

今回、ハイフン社に出資した企業は、スクウェア・エニックスの他、インターネット広告企業アドウェイズ・ベンチャーズ、Web3アクセラレーターArriba Studioなど。ハイフン社は2022年9月よりシードラウンドでの資金調達を開始しており、7月には通信大手NTTドコモの子会社NTT Digitalとの提携を結んでいる。

DMTPは、Decentralized Message Transfer Protocol(分散型メッセージ転送プロトコル)の略語。Web3ウォレットベースでのコミュニケーションを実現する次世代メッセージサービス。ユーザー同士のコミュニケーションのみならず、分散型アプリケーション(DApps)がユーザーへ個別通知を送信するユースケースが想定されている。

さらにDMTPでは、Webウォレットベースのメッセージ送受信などにより、同プロトコルの独自トークンが得られるリワード機能なども実装する予定。事業者向けにも、ユーザーのオンチェーンデータ・オフチェーンデータ分析からターゲットをセグメント化してメッセージを個別に配信する機能などを開発中。Web3マーケティングにおけるインフラツールとなることを目指している。

ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る
ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る

Trusted

Follow us on:

X(Twitter):@BeInCryptoJapan
Telegramチャンネル:@BeInCrypto Japan オフィシャルチャンネル

免責事項 - Disclaimers

当ウェブサイトに掲載されているすべての情報は、誠意をもって作成され、一般的な情報提供のみを目的としています。当ウェブサイトに掲載されている情報に基づいて行う一切の行為については、読者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。

Shunsuke-Saito.png
Shunsuke Saito
青森県出身。2021年に暗号資産(仮想通貨)投資を開始後、22年よりライターとして従事。国内暗号資産メディアにてライター・編集を経て、23年3月、BeInCrypto(ビーインクリプト)にジャーナリストとして参画。ビットコイン、NFT、PoSノード、DeFiなどへの投資経験を持つ。
READ FULL BIO
スポンサー
スポンサー