詳細を見る

トランプ氏の「ビットコインを再び偉大にする」発言は不可能=専門家

8 mins

ヘッドライン

  • トランプ大統領のビットコイン製造構想が業界専門家の間で議論を呼ぶ。
  • 専門家たちは、中央集権化はビットコインの非中央集権的な性質を損ないかねないと警告している。
  • トランプ大統領の姿勢が地政学や市場に与える影響については、さまざまな意見がある。
  • promo

ドナルド・トランプ前大統領が最近、すべてのビットコインを米国内で製造することを望むと発言したことで、暗号資産コミュニティ内で議論が巻き起こっている。

一部のビットコイン愛好家は当初このアイデアを歓迎したが、多くの専門家はトランプ氏の姿勢はビットコインの基本原則を誤解していると主張している。

トランプ氏のビットコイン構想が議論を呼ぶ

暗号資産ジャーナリストのローラ・シン氏は重大な疑問を投げかけた。彼女は、すべてのビットコインを米国内で作るというトランプ氏の発言を、なぜビットコイン関係者が称賛するのかと質問した。

彼女は、これは管轄権のリスクを生み出し、ビットコインの分散性を低下させ、攻撃に対してより脆弱にする可能性があると強調した。ビットコインの支持者で持続可能性コンサルタントのマーゴット・パエズ氏もこの意見に共鳴した。

「米国でのハッシュレートの集中化は望んでいない。これは明らかなはずです。まとめてください」と彼女は言った

関連記事:流動性マイニングの仕組みと注意点を解説

ショーン・キャステン下院議員もトランプ氏の発言に反対を表明した。キャステンは一連のツイートで、ビットコインの現実的な限界を強調した。同氏が強調するのは、ビットコインマイニングのエネルギー集約的な性質と、現代の銀行業務における実用性の限界だ。

しかし、キャッスル・アイランド・ベンチャーズのパートナーであるニック・カーター氏は、トランプ氏の見解に対するキャステン氏の「訂正」に同意しなかった。カーター氏は、ビットコインが米国で採掘される必要がないことは認めつつも、キャステン氏のトランプ氏の発言に対する批判は誇張されており、反論が必要だと考えた

暗号資産業界の複数の著名人が、トランプ氏の発言に対する見解を述べた。Galaxy Digitalのリサーチ責任者であるアレックス・ソーン氏は、トランプ氏の発言は地政学的なシグナルと見なすことができると主張した。これは、他の国々がビットコインのマイニングを真剣に検討することを促す可能性がある。

“競争が加速し、最終的に世界的な普及が加速し、定着するという見方がある。地政学的に敵対する国(あるいは同盟国)が重要だと考えるのであれば、あなたもゲームに参加しなければなりません。

ビットコイン政策研究所の国家安全保障フェローであるマシュー・パインズ氏は、トランプ大統領の姿勢が地政学的な意味を持つ可能性をさらに強調した。パインズ氏は、トランプ氏のビットコイン関連政策の規模や実行次第では、世界的な反応は無関心から地政学的な大きな変化まで幅広くなりうると示唆した。

“ビットコイン・フォー・アメリカ/アメリカ・フォー・ビットコインの政策スタンスが、米国(財務省)市場の潜在的な政治的・地政学的な不安定性とどのように相互作用するかは分からないが、非常に面白く、非常に厄介なことに、非常に早くなる可能性がある “と同氏は書いている。

この白熱した議論の中で、著名な暗号資産投資家マイク・アルフレッドは、支持と懐疑が入り混じった意見を表明した。同氏は当初、トランプ氏の発言を支持していたが、その後、より広い意味合いを認めた。

“はい、わかっています。しかし、難解な詳細よりも重要なのはその精神です」とアルフレッドは付け加えた

暗号資産推進の動き:選挙戦略か、それとも真の変化か?

トランプ氏の発表は、自己保存の権利の擁護や暗号資産による選挙寄付の受け入れの公約など、一連のますます親暗号的な発言に続くものだった。こうした支持にもかかわらず、トランプ氏は歴史的にビットコインに対して一貫性のないスタンスをとってきた。例えば、2019年7月、トランプ氏は “ビットコインやその他の暗号通貨のファンではない “と公言した。”その価値は非常に不安定で、薄い空気に基づいている “と同氏は考えている。

さらに、トランプ氏の世界的指導者の間での地位の低さは、彼の親ビットコイン姿勢の潜在的な影響をさらに複雑にしている。トランプ氏の発言が具体的な政策変更につながるのか、それとも単に彼の支持層を狙った政治的レトリックとして機能するだけなのかは依然として不明である。

しかし、ジョー・バイデン大統領の政権がビットコインマイニング業界を含むより厳格なアプローチを採用する中、暗号資産業界に対するトランプ氏の支持が戦略的に到着したことは重要である。その重要な例が、中国の暗号資産マイニング会社MineOne Partnersの閉鎖である。BeInCryptoによると、バイデン政権はMineOneに対し、大陸間弾道ミサイルを保有するワイオミング州空軍基地近くの敷地を明け渡し、売却するよう命じ、同社に国家安全保障上の脅威のレッテルを貼った。

続きを読む:暗号資産規制:利点と欠点は?

2024年の大統領選挙で勝利する可能性。
2024年の米大統領選、候補者の当選確率は? 出典:ポリマーケット

暗号資産ベースの予測市場Polymarketのデータによると、トランプ氏が11月の大統領選挙で勝利する確率は56%。一方、バイデンは35%の可能性しかない。

ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る
ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る

Trusted

Follow us on:

X(Twitter):@BeInCryptoJapan
Telegramチャンネル:@BeInCrypto Japan オフィシャルチャンネル

免責事項 - Disclaimers

当ウェブサイトに掲載されているすべての情報は、誠意をもって作成され、一般的な情報提供のみを目的としています。当ウェブサイトに掲載されている情報に基づいて行う一切の行為については、読者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。

Lynn-Wang.png
Lynn Wang
リン・ワンはBeInCryptoのベテラン・ジャーナリストで、トークン化された実物資産(RWA)、トークン化、人工知能(AI)、規制強化、暗号資産業界への投資など、幅広いトピックを担当している。それ以前は、BeInCrypto Indonesiaでコンテンツ制作者とジャーナリストのチームを率い、同地域における暗号通貨とブロックチェーン技術の導入、規制の進展に焦点を当てた。それ以前は、バリュー・マガジンで、伝統的な金融に影響を与えるマクロ経済動向を取材し、KoinPro暗号資産コミュニティを構築した。リンはタルマナガラ大学で広告コミュニケーションの学士号を取得し、CryptoCurrency Certification Consortiumの認定ビットコインプロフェッショナルである。
READ FULL BIO
スポンサー
スポンサー