詳細を見る

イーロン・マスク氏、「X」独自トークン発行の噂を否定

2 mins

X(旧Twitter)のイーロン・マスク前CEOは5日、「X独自の暗号通貨を発行する予定はない」意向を同プラットフォーム上に投稿した。マスク氏は、ドージコイン(DOGE)UX/UIデザイナーを務めるDogeDesigner氏の投稿にリプライする形で、本件について言及した。

DogeDesigner氏は、マスク氏およびXの公認プロジェクトを装った暗号資産(仮想通貨)ニュースに注意するよう呼びかけ、「マスク氏とXは暗号通貨を立ち上げたことはない」と投稿。これに対しマスク氏は「And we never will(そして、今後も決してそのようなことはしない)」とリプライしている。

マスク氏および「X」と無関係の暗号通貨プロジェクト、暴騰が続く

Twitterから「X」へのリブランディングが行われた7月下旬、マスク氏とは無関係のアルトコイン「X」が最大42倍に高騰。同トークンは、現在は閉鎖されているNFTマーケットプレイス「X Marketplace」のガバナンストークンとして2022年1月に発行を開始していた。

3日にもマスク氏や「X」とは無関係の暗号通貨TwitterDAOが登場。4日夜までに最大119倍に暴騰した。その後は暴落し、現在はほぼ無価値となっている。

TwitterDAO1時間足チャート(CoinMarketCap
ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る
ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る

Trusted

Follow us on:

X(Twitter):@BeInCryptoJapan
Telegramチャンネル:@BeInCrypto Japan オフィシャルチャンネル

免責事項 - Disclaimers

当ウェブサイトに掲載されているすべての情報は、誠意をもって作成され、一般的な情報提供のみを目的としています。当ウェブサイトに掲載されている情報に基づいて行う一切の行為については、読者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。

Shunsuke-Saito.png
Shunsuke Saito
青森県出身。2021年に暗号資産(仮想通貨)投資を開始後、22年よりライターとして従事。国内暗号資産メディアにてライター・編集を経て、23年3月、BeInCrypto(ビーインクリプト)にジャーナリストとして参画。ビットコイン、NFT、PoSノード、DeFiなどへの投資経験を持つ。
READ FULL BIO
スポンサー
スポンサー