詳細を見る

フィナンシェ・TIS、暗号資産のIEO支援サービスを開始

4 mins

ヘッドライン

  • フィナンシェ、TISは29日、企業がプロジェクトの推進のために暗号資産を用いて資金調達を行う「IEO」に対する「IEO支援サービス」 を、共同で開始する。
  • 同サービスでは、企業の戦略策定からコミュニティの形成・運営に至るまで、IEOの全フェーズを包括的に支援する
  • フィナンシェは8月、MUFJとともにIEO支援の検討を開始していた
  • promo

フィナンシェ、TISは29日、企業がプロジェクトの推進のために暗号資産を用いて資金調達を行う「IEO(Initial Exchange Offering)」に対する「IEO支援サービス」 を、共同で開始する。同サービスでは、独自の暗号資産(トークン)の発行から暗号資産(仮想通貨)取引所への上場、投資家への販売による資金調達や、企業の戦略策定からコミュニティの形成・運営に至るまで、IEOの全フェーズを包括的に支援する。

フィナンシェはコインチェックで「FNCT(フィナンシェトークン)」のIEOを実施した経験を持ち、TISは多様なシステム開発と技術ノウハウを提供する。さまざまな企業やプロジェクトのWeb3ビジネス展開を支援し、新規事業の創出・促進を目指す。

IEOでは、暗号資産取引所、JVCEA(日本暗号資産取引業協会)、金融庁の審査を経て、投資家への適法な販売とコミュニティの形成・運営を可能にする。IEOには戦略設定、審査対応、システム連携、セキュリティ、法規制や税務対応など、多岐にわたる対応が必要である。両者が支援するサポート内容は以下の通り。

両社は、同サービスを通して、Web2とWeb3の中間サービスを提供し、企業のIEO戦略を強化する。フィナンシェは8月、MUFJとともにIEO支援の検討を開始していた

日本暗号資産ビジネス協会(JBCA)は9月、IEO制度の健全化に向けた自主規制改革の方向性の初期案を公表。関係者間では主に、価格の安定、審査プロセスの改善、全体の自主規制の改善が議論された。国内でのIEOは現時点で4例実施されており、販売総額合計は44億円を超える。

フィナンシェの仮想通貨フィナンシェトークン(FNCT)とは?

FNCTは、ブロックチェーンを利用したトークン発行型クラウドファンディングサービス「FiNANCiE」が発行する仮想通貨。スポーツクラブやクリエイターのコミュニティを活性化するサポーターへ更なるメリットを提供することを目的に開発された。フィナンシェは、FiNANCiEをはじめ、NFTの企画・発行支援事業、IEO支援事業などトークンを活用したコミュニティおよびエコシステムの形成を支援する事業を展開している。同社は8月、中央大学サッカー部およびバスケットボール部のトークン新規発行を開始していた

ベスト暗号資産取引所

Trusted

Follow us on:

X(Twitter):@BeInCryptoJapan
Telegramチャンネル:@BeInCrypto Japan オフィシャルチャンネル

免責事項 - Disclaimers

当ウェブサイトに掲載されているすべての情報は、誠意をもって作成され、一般的な情報提供のみを目的としています。当ウェブサイトに掲載されている情報に基づいて行う一切の行為については、読者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。

Frame_2328.jpg
Shota Oba
国際関係の大学在籍中に国内ブロックチェーンメディアでのインターンを経て、2つの海外暗号資産取引所にてインターントレーニング生として従事。現在は、ジャーナリストとしてテクニカル、ファンダメンタル分析を問わずに日本暗号資産市場を中心に分析を行う。暗号資産取引は2021年より行っており、経済・社会情勢にも興味を持つ。
READ FULL BIO
スポンサー
スポンサー