詳細を見る

Arthswap(アーススワップ)の特徴・将来性について解説

12 mins

ヘッドライン

  • ArthSwapは、日本発のパブリックブロックチェーンであるAstar Network上のDEX(分散型取引所)
  • 日本初のパブリックブロックチェーン上のDEX、低コストな手数料とシンプルなUIといった特徴がある
  • ArthSwapおよびAstar Networkは、日本政府からの後押しもあり、今後の将来性にも期待できる可能性が高い

ArthSwapは、日本発のパブリックブロックチェーンであるAstar Network上のDEX(分散型取引所)です。シンプルなUIと高いAPY(年換算利回り)が特徴で、リリースからわずか2ヶ月でTVL(時価総額)は1億ドルを超えました。

そこで本記事では、ArthSwapの特徴や将来性について解説します。ArthSwapに興味がある人、Astar Network関連のプロジェクトに興味がある人は、ぜひ最後までご覧ください。

Arthswap(アーススワップ)とは?

ArthSwap(アーススワップ)とは、日本発のパブリックブロックチェーンであるAstar Network上のDEX(分散型取引所)です。2022年1月にローンチされ、シンプルなUIと高いAPY(年換算利回り)が特徴です。

Arthswapでは、ASTRDOTなどのトークンスワップ・流動性提供・ステーキングしたりすることができ、また、Astar Networkの「Build2Earnプログラム」に参加しているプロジェクトでもあります。ガバナンストークン「ARSW」保有することで、手数料を安く抑えることができ、一連のトークンエコノミクスが形成されています。

Arthswap(アーススワップ)の特徴

DeFi

Arthswapの特徴3つについて解説します。

  • 日本初のパブリックブロックチェーン上のDEX
  • 低コストな手数料とシンプルなUI
  • 「Build2Earnプログラム」に参加している

Arthswapの特徴①:日本初のパブリックブロックチェーン上のDEX

ArthSwapは、日本初のパブリックブロックチェーン企業である「Stake Technologies」が開発を主導しているため、日本発のDEXになります。

そのため、日本語でのサポートや、日本人ユーザー向けの機能が充実しており、日本人の初心者にも優しい仕様となっているDEXです。

Arthswapの特徴②:低コストな手数料とシンプルなUI

Arthswapは、Astar Networkの高いスケーラビリティと低いガスコストを利用して、高速かつ安価なトランザクションを実現しており、スワップ手数料は最大で0.1%となっています。

シンプルで使いやすいUI(ユーザーインターフェース)も特徴的で、直感的な操作でDeFi(分散型金融)サービスを利用できる点も特徴の1つです。

Arthswapの特徴③:「Build2Earnプログラム」に参加している

ArthSwapは、Astar Networkの「Build2Earnプログラム」に参加しているプロジェクトでもあります。「Build2Earnプログラム」とは、開発者を支援し、Astar Networkのエコシステムを成長させるためのプログラムのことで、このプログラムに参加することで、プロジェクトが提供するトークンを購入することができ、そのトークンの価格上昇に応じて利益を得ることができる仕組み。

ArthSwapはこのBuild2Earnプログラムに参加しており、現在多くのユーザーがArthSwapに対してトークンをステーキングしています。実際のステーキング額や、参加人数などは、Astar Portalサイトから確認ができます。

Arthswap(アーススワップ)でできるステーキング種類

Solidly

Arthswap(アーススワップ)でできるステーキング種類について、解説します。

  • ARSWステーキング
  • 流動性ファーミング
  • IDOステーキング

ArthSwapのステーキング種類①:ARSWステーキング

ArthSwapの独自トークンである「ARSW」をステーキングすることで、報酬としてARSWを受け取ることができます。報酬率は、ネットワークの状態や、ステーキングしているARSWの量によって変動します。

また、ARSWステーキングは、ArthSwapの「ガバナンストークン」としても機能しており、ステーキングしたARSWに応じて、プロジェクトの意思決定に参加することができます。

ArthSwapのステーキング種類②:流動性ファーミング

2つの暗号通貨を組み合わせた流動性プールにトークンを預けることで、その報酬としてトークンを受け取ることができます。流動性ファーミングは、ArthSwapのDEXを支える根幹の仕組みです。

流動性プールにトークンを預けることで、取引所の流動性を高め、ユーザーにとって安定した取引体験を提供します。また、流動性プールに参加することで、取引手数料の一部を分配されることもあります。

ArthSwapのステーキング種類③:IDOステーキング


IDOステーキングは、ArthSwapで開催されるIDOに参加するためのステーキングです。IDOとは、通常よりも安価にトークンを購入できる可能性があり、将来的に利益を得られるチャンスがある仕組みです。

IDOステーキングの対象となるトークンは、ArthSwapで審査を通過したプロジェクトのみで、プロジェクトの審査が厳格に行われているため、IDOに参加するトークンは、将来的に成長する可能性が高いと考えられます。将来性のあるプロジェクトに投資したい投資家におすすめのステーキング方法です。

Arthswap(アーススワップ)の将来性について

ArthSwapの将来性は、Astar Networkの今後の成長にかかっていると言えます。今後、Astar Networkがさらなる成長を遂げれば、ArthSwapもより多くのユーザーに利用されるようになり、TVLも伸びていくことが予想されます。

また、ArthSwapは、日本を代表するWeb3プラットフォームとして注目されています。日本はブロックチェーンや暗号資産に関する規制が厳しく、Web3領域の発展が遅れていました。しかし、最近では政府主導で「Web3政策推進室」を設置するなど、政府もWeb3に対する理解と支援を進めています。

日本のWeb3のマスアダプションに向けて積極的に取り組んでいる、日本政府からの後押しもあり、今後の将来性にも期待できるでしょう。

Arthswap(アーススワップ)に関するよくある質問

Q1:ArthSwapで流動性提供をする際、リスクはありますか?

Q2:ArthswapはどのようにAstar Networkと結びついているのですか?

まとめ:Arthswap(アーススワップ)は、Astar Network上の成長とともに伸びていく

本記事では、Arthswap(アーススワップ)の特徴と将来性について詳細に解説しました。Arthswapは日本発のパブリックブロックチェーンであるAstar Network上で運用されているDEXです。

今将来性については、Astar Networkがさらなる成長を遂げれば、ArthSwapのTVL(時価総額)も増加し、利用者はさらに増えていくことが予想されます。Arthswapは、まだ発展途上のプロジェクトですが、すでに多くのユーザーや投資家から支持を得ているため、今後も注目すべき日本初のDEXプロジェクトとなるでしょう。

ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る
ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る

Trusted

Follow us on:

X(Twitter):@BeInCryptoJapan
Telegramチャンネル:@BeInCrypto Japan オフィシャルチャンネル

免責事項 - Disclaimers

当ウェブサイトに掲載されているすべての情報は、誠意をもって作成され、一般的な情報提供のみを目的としています。当ウェブサイトに掲載されている情報をもとに読者が取る行動は、あくまでも読者自身のリスクで行うものとします。「Learn」サイトでは、質の高い情報を提供することを第一に考えています。私たちは、読者にとって有益な教育的コンテンツを特定し、調査し、作成するために時間をかけています。この基準を維持し、素晴らしいコンテンツを作成し続けるために、私たちのパートナーは、私たちの記事への掲載に対して手数料を支払う場合があります。しかし、これらのコミッションは、偏りのない、誠実で有益なコンテンツを作成するためであり、私たちの活動プロセスに影響を与えることはありません。

Frame-2204.png
Ikkan Kawade
2020年よりBTC投資をはじめる。同時に、暗号資産ブログとSNSの運用を開始。DeFiでの資産運用・Play to Earnゲーム・国内NFTへの投資も積極的に行う。メタバースに深い関心があり、「メタバースへの移住」が目標。
READ FULL BIO
スポンサー
スポンサー