詳細を見る

仮想通貨SUIとは?仕組みやメリット・デメリットを解説

13 mins

ヘッドライン

  • SUIは、Mysten Labsが開発しているSui Network(レイヤー1ブロックチェーン)のネイティブトークン
  • SUIのメリットは、高い処理能力を持っており、取引処理の速度が速く、手数料が安いのが特徴
  • SUIは革新的な技術と高いスケーラビリティを備えた新しいレイヤー1ブロックチェーンとして注目が集まっている

次世代のインターネット「Web3」の基盤となるブロックチェーンとして期待されているSUI暗号資産(仮想通貨)SUIは、Mysten Labsが開発するSui Network上で発行されるネイティブトークンです。高い処理能力と低いな手数料を実現しており、日常的な取引からDappsの開発まで幅広い用途に活用されています。

本記事では、SUIの仕組みやメリット・デメリットを解説します。SUIに興味がある人は、ぜひ最後までご覧ください。

仮想通貨SUIとは?

暗号資産SUI(スイ)は、Mysten Labsが開発するSui Network上で発行されるネイティブトークン。Sui Networkは、次世代のWeb3を支えるブロックチェーンとして開発されており、高いスケーラビリティとセキュリティを備えているのが特徴です。

Sui Network自体は、Layer 1のブロックチェーンであり、高速なトランザクション処理と低コストを実現しています。このブロックチェーンはパーミッションレス(誰でも参加可能な仕組み)で、幅広いDApps(分散型アプリケーション)のサポートが可能になっています。Sui Networkは2023年5月にメインネットが立ち上がり、それ以来、開発者たちはこのネットワーク上に様々なDAppsを展開し続けています。

SUIは、高いスケーラビリティとセキュリティを備えた次世代のWeb3を支えるブロックチェーンとして注目を集めており、その進展によってSUIトークンの価値上昇する可能性があると期待されています。

仮想通貨SUIの仕組み

Sui Networkは、高速かつスケーラブルなLayer 1ブロックチェーンとして設計されており、パラレルトランザクション実行という特徴を持つことで、他のブロックチェーンよりも迅速なトランザクション処理を実現しています。これは、複数のトランザクションを同時に処理することができるため、高いトランザクションスループットを持つことを意味します。

Sui Networkは、PoS形式を採用しており、これにより、ネットワークは分散化され、効率的かつ安全な運用が可能になっています。Suiの目標は、NFTやゲームプラットフォームとしての地位を確立することであり、その高速なトランザクション最終確定性は、DeFiやGameFiのようなオンチェーンユースケースに最適です。

SUIトークンに関しては、総供給量は100億枚が上限となっており、50%以上はスイ財団が管理するコミュニティ資金として割り当てられています。コミュニティ資金は今後、財団内のプログラムを通じてビルダー、リサーチャー、バリデータらに分配される。残りの50%は、Suiブロックチェーンへの初期貢献者や支援者に割り当てられる予定です。

SUIトークンが果たす主な役割は、以下4点になります。

  • バリデータにトークンを委任し、ステーキング報酬を得ることが可能
  • ブロックチェーン上のガス代(取引手数料)の支払いに使用可能
  • オンチェーンで流動性を提供
  • トークン保有者はコミュニティのガバナンスに参加する権利が与えられる

仮想通貨SUIのメリット

暗号資産SUIのメリットについて解説します。

  • 高い処理能力
  • スケーラビリティ
  • 低い手数料

仮想通貨SUIのメリット①:高い処理能力

イーサリアムは取引処理速度の遅さや手数料の増加により、スケーラビリティの問題を抱えている一方、SUIは、レイヤー1ブロックチェーンとして、イーサリアムと比較しても高い処理能力を持っています。

Sui Networkはメタ社の新プログラミング言語「ムーブ(Move)」を採用しており、1秒あたりのトランザクション処理数が12万件に達するとされ、高い取引処理能力を持ちます。Sui Networkのような高い処理能力を持つブロックチェーンは、今後さらに業界にとっての重要性が高まっていくと予想されるでしょう。

仮想通貨SUIのメリット②:スケーラビリティ

SUIのメリットの1つとして、高い処理能力によるスケーラビリティが挙げられます。スケーラビリティとは、ブロックチェーンが処理できるトランザクションの量を示すもので、分散コンピューティング技術である「Sharding」を採用することで、高い処理能力を実現しています。

Shardingとは、ブロックチェーンネットワークを複数の部分(Shard)に分割し、各Shardで並列処理を行う仕組み。これにより、SUIでは、従来のブロックチェーンと比べて非常に高速な取引を実現することができます。

仮想通貨SUIのメリット③:低い手数料

Sui Networkは、PoSコンセンサスアルゴリズムを採用することで、低い手数料の実現が可能。PoSとは、ブロック生成に参加する権利を、トークン保有量に応じて付与する仕組みのことで、Sui Networkでは、1000SUI以上の保有量を持つユーザーがバリデーター候補となり、その中からランダムに選出されたバリデーターによってブロック生成が行われます。その結果、ほかのプロジェクトと比較しても、低い手数料を実現できています。

仮想通貨SUIのデメリット

暗号資産SUIのデメリットについても解説します。

  • L1チェーンの競合が激しい
  • セキュリティリスク

仮想通貨SUIのデメリット①:L1チェーンの競合が激しい

SUIは、イーサリアムやソラナ、アバランチなど、さまざまなL1チェーンと競合しています。これらのチェーンは、それぞれに独自の特徴や強みを持っており、SUIがこれらのチェーンを凌駕できるかどうかは、今後の課題となります。

SUIは、既存の多くのブロックチェーンプロジェクトと競合しているため、市場でのシェアを獲得することが難しい可能性もあるといえるでしょう。

仮想通貨SUIのデメリット②:セキュリティリスクがある

デメリットの2つめは、セキュリティリスクがあるという点です。全てのブロックチェーン技術は、セキュリティの脆弱性に対するリスクを抱えており、SUIも例外ではなく、特に新しいプラットフォームであるため、セキュリティの脆弱性が存在する可能性があります。

仮想通貨SUIを購入できる国内取引所

暗号資産SUIを購入できる国内取引所できる取引所では、以下です。詳しく解説します。

  • OKCoinJapan

仮想通貨SUIを購入できる国内取引所①:OKCoinJapan

OKCoin Japan(オーケーコイン・ジャパン)は、OK Groupの日本法人である暗号通貨取引所。ユーザーフレンドリーなインターフェースと低い取引手数料で注目を集めており、近年ユーザーが増加傾向にあります。OKCoinJapanでは、2023年10月に国内初のSUIの取扱いを開始しました。

またステーキングサービスにおいても新たにSUIを追加し、こちらも国内初の事例となります。

SUIのステーキングサービスでは、ロック期間の制限がない「フレキシブル」プランと、30日・60日のロック期間がある「定期」プランを利用でき、60日の定期プランでは、最大年率4.28%のステーキング報酬を得ることができます。

まとめ:SUIは革新的な技術と高いスケーラビリティを備えたL1ブロックチェーン

本記事では、次世代のインターネット「Web3」の基盤となるブロックチェーンとして期待されているSUIについて、仕組みやメリット・デメリットを解説しました。SUIは、高い処理能力と低いな手数料を実現しており、日常的な取引からDappsの開発まで幅広い用途に活用されています。

SUIは革新的な技術と高いスケーラビリティを備えた新しいレイヤー1ブロックチェーンとして登場し、既存のブロックチェーン技術とは一線を画す特徴を持っています。今後のSUIの価格動向にも注目です。

ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る
ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る

Trusted

Follow us on:

X(Twitter):@BeInCryptoJapan
Telegramチャンネル:@BeInCrypto Japan オフィシャルチャンネル

免責事項 - Disclaimers

当ウェブサイトに掲載されているすべての情報は、誠意をもって作成され、一般的な情報提供のみを目的としています。当ウェブサイトに掲載されている情報をもとに読者が取る行動は、あくまでも読者自身のリスクで行うものとします。「Learn」サイトでは、質の高い情報を提供することを第一に考えています。私たちは、読者にとって有益な教育的コンテンツを特定し、調査し、作成するために時間をかけています。この基準を維持し、素晴らしいコンテンツを作成し続けるために、私たちのパートナーは、私たちの記事への掲載に対して手数料を支払う場合があります。しかし、これらのコミッションは、偏りのない、誠実で有益なコンテンツを作成するためであり、私たちの活動プロセスに影響を与えることはありません。

Frame-2204.png
Ikkan Kawade
2020年よりBTC投資をはじめる。同時に、暗号資産ブログとSNSの運用を開始。DeFiでの資産運用・Play to Earnゲーム・国内NFTへの投資も積極的に行う。メタバースに深い関心があり、「メタバースへの移住」が目標。
READ FULL BIO
スポンサー
スポンサー