詳細を見る

レイヤー2プロトコル・ガイド=Celerネットワークとは?

25 mins
記事 Alex Lielacher

ヘッドライン

  • Celer Networkは、ブロックチェーンネットワークの処理能力とスケーラビリティを向上させ、迅速かつ費用効果の高いトランザクションを保証するプロトコル
  • CELRは、イーサリアムブロックチェーン上で発行されたERC-20トークンで、ステーキング、取引手数料、ガバナンスなど、さまざまな目的に使用できる
  • ブロックチェーンの大きな問題を解決し、開発者が相互接続型DAppsを構築できるようにする、シンプルなツールが特徴

ブロックチェーン技術は近年、急速な発展を遂げています。その中でも、レイヤー2ソリューションは、ブロックチェーンの性能やスケーラビリティを向上させるための重要な技術として注目されています。Celer Network(CELR)は、レイヤー2ソリューションの一種です。複数のブロックチェーンを横断して、高速かつ低コストのトランザクションを実現することを目的としています。

そこで本記事では、Celer Networkの概要や特徴、そして、その可能性について解説します。

Celerネットワークとは?

Celer Networkは、ブロックチェーンネットワークの処理能力とスケーラビリティを向上させ、同時に、迅速かつ費用効果の高いトランザクションを保証することを目的としたプロトコル。

このレイヤー2スケーリングソリューションは、ブロックチェーン分野で最も差し迫った課題である、スケーラビリティと分散化のトレードオフに対処することを目的としています。Celer Networkは、オフチェーンスケーリング技術を採用することで、メインチェーン外でより多くのトランザクションを可能にし、この目標を達成しようとしています。

ほとんどの専門家は、ブロックチェーンはレイヤーでスケーリングされると考えています。これは、メインチェーンのEIPがスケーリングの課題に対処するのに一定の程度しか成功していないイーサリアムでも同様です。イーサリアムのスケーリング問題を解決するために設計された最も重要なEIPでさえ、オフチェーンスケーリングソリューションほど効果的ではなかったと言えるでしょう。

オフチェーンスケーリングは、単なる最適化ではなく、完全にスケールアウト可能なDApps(分散型アプリケーション)をサポートするための唯一の方法であり、より良いプライバシーと信頼性やデセントラリゼーションの保証への影響なしに実現できます。これはブロックチェーンの大規模な普及の点であり、すべての大規模な分散型アプリケーションを支えるエンジンとなっています。

Celer Networkの共同設立者Mo Dong氏がLilMoonLamboとのインタビュー

Celer Networkは、ブロックチェーン間のシームレスな通信を実現する、レイヤー2スケーリングソリューションです。Celer Networkは、オフチェーンスケーリング技術を採用することで、処理速度とコストを向上させ、複数のブロックチェーン間での通信を容易にします。

Celer Networkの主要な目標は、以下のとおりです。

  • スマートコントラクトの操作を簡素化する
  • オフチェーントランザクションのスループットを向上させる
  • EthereumPolkadotなどのさまざまなブロックチェーンプラットフォームで、DAppsにシームレスな体験を提供すること

Celer Networkの主要製品であるCeler Inter-chain Messaging Frameworkは、開発者が異なるブロックチェーン間でシームレスに動作するネイティブDAppを作成できるようにするフレームワークです。

Celerネットワークコアチーム 

Celer Networkの中心的なチームは、プリンストン、MIT、UCバークレー、UIUCなどの著名なコンピュータサイエンススクールの博士号取得者で構成されています。

  • CEO:モ・トン博士
    UIUCで博士号を取得し、学習ベースのネットワークプロトコル設計、分散システム、形式的検証、ゲーム理論を研究しています。Dong博士は、アルゴリズムを使用して、大陸間データ速度を10〜100倍向上させるプロジェクトを主導しました
  • リュウ・ジュンダ博士
    UCバークレーから博士号を取得。Googleで働き、GoogleのモバイルサービスであるProject Fiの創設メンバーの1人であり、2年で概念から年間1億ドル以上のビジネスへと成長させた経験があります
  • リー・シャオチョウ博士
    プリンストン大学で博士号を取得しています。専門は、低コストで高性能なスケーラブルなアルゴリズムとプロトコル構築に関する分野で、GoogleやIntelは、彼の一部の作品を使用しています
  • リャオ・ヒンカイ博士
    MITで博士号を取得。分散システムの分野で、敵対的な環境における最適なネットワーク制御アルゴリズムを専門としており、彼のアルゴリズムの一部は、Raytheon BBN TechnologiesやBell Labsで使用されました

Celerネットワークの機能

Celer Networkは、目標を達成するために、既存のレイヤー2ソリューションのいくつかのアプローチを採用しています。例えば、BitcoinのLightning Networkなどのスケーリングソリューションで見られる状態チャネルを活用することで、即時かつ低コストのトランザクションを可能にしています。しかし、ネットワークは、より高いスループットを実現するために、新しい分散バランスルーティングアルゴリズムを採用しています。

また、Celerは、Tendermint上に構築されたPoSコンセンサスメカニズムを使用して、異なるブロックチェーン間で通信できるようにしています。CosmosやPolygonのようなレイヤー1のブロックチェーンレベルのセキュリティを提供するサイドチェーンとして使用でき、プラットフォームアセットとしてCELRを提供します。

Celerには2つの異なるセキュリティモデルがあり、OptimismやArbitrumのような楽観的なロールアップに類似したものと、上記で言及したPoSブロックチェーンセキュリティモデルに類似したものがあります。Celer上のインターチェーン分散型アプリケーションは、これらのオプションのセキュリティ、コスト、速度のトレードオフを考慮して、どちらかを選択するか、両方を採用することができます。

基本的に、Celerは、多様なブロックチェーン上のスマートコントラクトを使用し、オフチェーンスケーリングソリューションを採用して、DAppsのスピードとユーザーエクスペリエンスを向上させています。その技術アーキテクチャの構成要素をいくつか見てみましょう。

cChannel

cChannelは、Celer Networkの基盤または下層レイヤー。このレイヤーでは、2つの人気のあるオフチェーンスケーリング技術、すなわちステートチャネルとサイドチェーンを採用しています。

ステートチャネルは、ブロックチェーン外でトランザクションを処理する技術で、Lightning Networkでは、ステートチャネルを使用して、高スループットのオフチェーンビットコインマイクロペイメントを実現しています。一方、Polygonは、Ethereum上でサイドチェーンを使用しています。

cChannelレイヤーは、Ethereumなどのレイヤー1ブロックチェーンとインターフェースをとり、最新のブロックチェーン状態をその上のレイヤーに更新します。

cRoute

Celer Networkでは、Distributed Balanced Routing(DBR)と呼ばれるルーティングアプローチを採用しています。これは、Lightning NetworkやRaiden Networkなどのステートチャネルソリューションの既存ソリューションの問題を解決することを目的としたアルゴリズム。

Celerの取り組みは、トラフィックを分散することで、ホワイトペーパーによると、これは他のソリューションよりも15倍高いスループットを実現すると主張しています。

cOS

cOSは、スケーラブルなオフチェーンDAppsを作成、実行、使用するのに便利なフレームワークとランタイムです。cOSを使用すると、開発者は、オフチェーンスケーリングの技術的な複雑さをシステムに任せながら、優れたユーザーエクスペリエンスを構築することに集中することができます。

State Guardian Network (SGN)

Celerのソリューションは、Cosmosブロックチェーンに基づくPoSブロックチェーンであるSGN上に構築されています。SGNでは、バリデーターが、異なるチェーンにまたがるCelerのスマートコントラクトを監視するという重要な役割を担っており、ターゲットチェーンの関連するコントラクトにメッセージを中継したり、転送したりすることが含まれます。

CELRトークンを保有している人は、バリデーターになったりすることで、SGNに積極的に参加することができます。その見返りとして、SGNの参加者はステーキング報酬と手数料を受け取ります。

Celer Inter-chain Message Framework (IM)

IMは、異なるチェーン間でメッセージを送受信するためのフレームワークです。SGNの能力を活用することで、異なるチェーン間で送信されたメッセージを検証し、別のチェーンに転送することができます。

cBridgeとの組み合わせにより、IMは、トークンだけでなく、さまざまなデータを単一トランザクションで送信することを可能にします。これにより、開発者は、単一トランザクションのユーザーエクスペリエンスのシンプルさで、マルチチェーンアプリケーションを作成できるようになります。

cBridge

cBridgeは、2021年にリリースされたレイヤー。さまざまなレイヤー1およびレイヤー2チェーン間で、迅速かつ費用効果の高い価値転送を可能にします。

Optimism、Arbitrum、LoopringなどのEthereum上のさまざまなレイヤー2ネットワークと、MaticなどのPoSサイドチェーン間で、簡単に価値を移動できます。また、BNB Chain、Avalanche、Aptosなどの他のブロックチェーンにもサポートを拡大しています。

Layer2.finance

Celer Networkに、新たな強力な機能が加わりました。Layer2.financeです。Layer2.financeは、DeFiの普及を阻む大きな課題である、高額な取引手数料とユーザーの複雑さを解決することを目的としています。

Layer2.financeは、アプリケーションを通じて、オプティミスティックロールアップまたはゼロ知識証明のいずれのアーキテクチャを使用して、さまざまなDeFiプロトコル間で資金を低コストで転送できるようにします。Compound、Aave、Curveなどの主要なDeFiプロトコル間で資金を移動することができます。

Celerと他のL-2ソリューションの違い

Celer Networkは、高速、スケーラブル、安全なブロックチェーンを約束しており、開発者にさまざまなセキュリティモデルの選択肢も提供しています。

CelerのL2スケーリング技術は、主要なブロックチェーン間の相互運用性にも重点を置いています。マルチチェーンな未来を優先し、開発者が複数のブロックチェーンで相互に通信できるアプリケーションを構築できるようにすることで、エンドユーザーにシンプルな体験を提供します。

しかし、Celerは、ロールアップやゼロ知識証明などの技術的アプローチに重点を置く競合他社からの大きな競争に直面しています。たとえば、ArbitrumとOptimismは、最大のスマートコントラクトブロックチェーンであるEthereumエコシステムですでに大きな市場シェアを獲得しています。また、アプリ固有のソリューションとして名乗りを上げているCartesiなどの競合他社もあります。

ネットワークのユニークな価値提案は、開発者が速度と流動性の効率という強みを、さまざまなユースケースに展開できることです。これには、DeFi、NFTガバナンス、ゲームが含まれます。

CELRトークン 

Celer NetworkのCELRトークンは、ネットワークのさまざまな機能を促進する上で重要な役割を果たします。CELRは、イーサリアムブロックチェーン上で発行されたERC-20トークンであり、ステーキング、取引手数料、ガバナンスなど、さまざまな目的に使用できます。

CELRステーキングは、ユーザーがネットワークのセキュリティに参加して報酬を獲得することを可能にします。一方、取引手数料はCELRコインを使用して支払われ、ネットワークの経済モデルに貢献します。さらに、CELR保有者は、ガバナンスメカニズムを通じて、プラットフォームの開発と意思決定プロセスに意見を述べることができます。

CELR価格: CoinMarkerCap

2023年8月初旬のCELRの価格は0.0142ドルで、時価総額は約1億0800万ドルです。流通量は約76億CELRで、総発行枚数と最大発行枚数は100億枚です。

Celerネットワークの使用例 

Celer Networkは、さまざまなユースケースに展開できる、高速でスケーラブル、安全なブロックチェーンネットワークです。その主なユースケースの1つは、DeFiです。

DeFiでは、イーサリアムなどのブロックチェーン上で、高額な取引手数料と遅い承認時間が、大きな課題となっています。Celer Networkは、より高速で安価な取引を可能にすることで、DeFiプラットフォームの効率性とアクセス性を向上させることができます。これにより、ユーザーと開発者にとって新しい可能性が開かれることになります。

Celer Networkの技術は、その他の分野でも使用できます。

  • 分散型取引所:開発者は、ユーザーが1回の取引で異なるチェーン間でトークンを交換できるようにするソリューションを構築できます
  • ブリッジ:ユーザーが複数のチェーン間でトークンやNFTを送信できるようにします。cBridgeは、Celer Network上のブリッジプラットフォームの例です
  • イールドアグリゲーター:開発者は、ユーザーが単一のチェーンから複数のブロックチェーンの保管庫を管理できるようにするアプリケーションを構築できます
  • レンディングプロトコル:あるチェーン上の流動性または担保を使用して、別のチェーンで資産を借りることができます
  • ガバナンス:参加者が異なるブロックチェーン間でガバナンストークンを移動する必要なく、統一されたガバナンスメカニズムをプロジェクトに提供できます

Celerのメリットとデメリット

Celerのメリットとデメリットを解説します。

メリット

  • スケーラビリティ:Celer Networkは、人気のあるブロックチェーンプラットフォームのスケーラビリティを向上させることが目標。これにより、より多くの取引を迅速かつ費用対効果の高い方法で処理できるようになる
  • コスト効率:オフチェーンで取引を行うことで、ユーザーはオンチェーン取引に伴う高額なガス代を回避でき、、マイクロトランザクションや日常的な使用がより現実的になる
  • ユースケースの多様性:Celer Networkは、DeFiやゲームからコンテンツ配信やNFTまで、幅広いアプリケーションに適用できる

デメリット

  • 比較的新しいイノベーション分野:レイヤー2スケーリングにはいくつかのアプローチがあり、これまでのところ、決定的な最善のソリューションはなく、このソリューション上に構築された分散型アプリケーションのセキュリティに影響を与える可能性がある
  • ネットワークの採用:この分野の既存企業は大きく、地位を築いており、潜在的に強力なネットワーク効果を持っている点

Celar NetworkはDeFiブースター

Celer Networkは、ブロックチェーンの大きな問題を解決します。開発者が相互接続型DAppsを構築できるようにする、シンプルなツールとフレームワークを提供します。これにより、ユーザーは比較的安価に複数のチェーンを使用できるようになります。

しかし、Celer Networkは、激しい競争が繰り広げられているレイヤー2の分野で、いくつかの競合他社が存在します。スケーラビリティと分散化の間の現在のトレードオフを解決するCeler Networkの成功は、おそらくその採用に依存するでしょう。

よくある質問

Q1:CELRはどのブロックチェーン上にありますか?

Q2: Celerネットワークは何に使用されますか?

Q3:Celer Network の創設者は誰ですか?

ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る
ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る

Trusted

Follow us on:

X(Twitter):@BeInCryptoJapan
Telegramチャンネル:@BeInCrypto Japan オフィシャルチャンネル

免責事項 - Disclaimers

当ウェブサイトに掲載されているすべての情報は、誠意をもって作成され、一般的な情報提供のみを目的としています。当ウェブサイトに掲載されている情報をもとに読者が取る行動は、あくまでも読者自身のリスクで行うものとします。「Learn」サイトでは、質の高い情報を提供することを第一に考えています。私たちは、読者にとって有益な教育的コンテンツを特定し、調査し、作成するために時間をかけています。この基準を維持し、素晴らしいコンテンツを作成し続けるために、私たちのパートナーは、私たちの記事への掲載に対して手数料を支払う場合があります。しかし、これらのコミッションは、偏りのない、誠実で有益なコンテンツを作成するためであり、私たちの活動プロセスに影響を与えることはありません。

Frame-2204.png
Ikkan Kawade
2020年よりBTC投資をはじめる。同時に、暗号資産ブログとSNSの運用を開始。DeFiでの資産運用・Play to Earnゲーム・国内NFTへの投資も積極的に行う。メタバースに深い関心があり、「メタバースへの移住」が目標。
READ FULL BIO
スポンサー
スポンサー