詳細を見る

リップル(XRP)とは?将来性や特徴についてわかりやすく解説

15 mins

ヘッドライン

  • リップル(XRP)は高速かつ低コストの国際送金を実現する暗号資産であり、SWIFTに代わるシステムとして注目されています。ブリッジ通貨として異なる通貨間の取引を迅速に処理します。
  • リップル社は、金融機関向けのリアルタイム送金システムを提供し、バンク・オブ・アメリカなど多くの大手金融機関が採用しています。また、リップルネットは世界中で実績を積んでいます。
  • 将来性については、CBDCとの関連性も高まり、リップルの利用範囲が拡大しています。市場予測では、2024年以降の価格上昇が期待されており、法的問題の解決も追い風となっています

リップル(XRP)は、ビットコインやイーサリアムとは異なる特徴を持つ暗号資産として注目を集めています。高速な取引速度と低い手数料を実現するリップルは、国際送金や金融機関間の取引においてその可能性を秘めています。本記事では、リップルの基本的な特徴や将来性について、初心者にも分かりやすく解説します。リップルの利点や課題、今後の展望を理解することで、暗号資産市場におけるリップルの位置付けを把握する手助けとなるでしょう。

リップル(XRP)とは?基本特徴を徹底解説

XRP価格分析

リップル(XRP)は、米カリフォルニア州に本社を置くリップル社が開発した国際送金ネットワーク「リップルネット」上で使用される暗号資産です。リップルは、現在の国際送金システムSWIFTに代わることを目指し、送金スピードとコストの大幅な削減を実現します。リップルは中央集権型の暗号資産であり、リップル社が管理・運営しているため、高速かつ低コストの取引が可能です。

リップルは1回の取引あたり3.3秒で送金が完了し、手数料は約0.0004ドルと非常に低いです。この性能は、リップルのコンセンサスアルゴリズムによるもので、ビットコインのような大規模な計算作業を必要とせず、信用のおける少人数の検証者が取引を承認する仕組みです。

リップル社は発行済みの1000億XRPのうち、55%にあたる550億XRPをエスクローにロックアップし、市場への供給を管理しています。このエスクロー契約は、台帳自体に記載されており、コンセンサスによってXRPのリリースが管理されます。これにより、XRPの供給に対する予測可能性が向上します。リップル社の計画では、毎月10億XRPを55ヶ月間にわたってリリースする予定でしたが、最新の進展では最終エスクロー期限を2027年4月に延長し、毎月XRPをリリースし続けることとなりました。

関連記事:リップル(XRP)の購入方法

中央集権的な性質の利点として、管理が一元化されているため、取引のスピードと効率が高い点が挙げられます。一方で、リップル社が多くのXRPを保有しているため、価格操作のリスクが存在する点が課題となっています。

リップルの歴史

リップルXRP価格

リップル社は2012年9月にOpenCoin社として設立され、2013年1月にリップルが発行されました。2016年5月にはSBIホールディングスと合同でSBI Ripple Asiaを設立し、日本やアジア圏での展開を進めています。2020年12月にはバンク・オブ・アメリカがリップルネットに参加しました。

リップルは2020年12月にSECから提訴され、中央集権型の暗号資産であるリップルが有価証券であると主張されました。SECは、リップル社が未登録の証券としてXRPを販売していたと主張しました。しかし、2023年7月に一部の判決で「リップル自体は有価証券ではない」との判決が下されました。2023年10月にはSECの控訴が却下されました。これにより、リップルの価格は一時的に大幅に上昇しました。さらに、2023年11月にはドバイIFCから承認を受け、2024年4月にはリップル社がSECに異議を提出しました。

技術的背景:XRP Ledgerとブロックチェーンの違い

リップルはブロックチェーン技術ではなく、XRP Ledgerという独自の分散台帳技術を使用しています。この技術により、高速で低コストの取引が実現されています。リップルのコンセンサスアルゴリズムは、PoW(プルーフ・オブ・ワーク)とは異なり、特定の信頼できるノード(検証者)が取引を承認する仕組みを採用しています。

XRP Ledgerは、取引の順番や正統性を検証する役割を持ち、ビットコインのマイニングに依存しないため、エネルギー消費を抑えることができます。ビットコインとは異なり、XRP Ledgerは新しいトランザクションの承認に数秒しかかかりません。

関連記事:リップル(XRP)を購入できる国内の暗号資産取引所と購入方法

リップルの利点

XRP価格

ブリッジ通貨としての機能

リップルは、ブリッジ通貨としての機能を持ち、異なる通貨間の橋渡しができます。例えば、日本円をドルに換える際、リップルを介して送金することで、送金時間とコストを大幅に削減できます。このように、リップルは国際送金において大きなメリットを提供しています。

金融機関が注目するリップルの理由

リップルは、国際送金のスピードとコストの低さが評価され、多くの金融機関から注目を集めています。既存の国際送金システムSWIFTに比べ、リップルネットは送金時間を大幅に短縮し、手数料を削減することができます。これにより、多くの金融機関がリップルネットを採用しています。

利用ケースと実績:国際送金の具体例

例えば、サンタンデール銀行はリップルネットを利用して、迅速かつ低コストの国際送金サービスを提供しています。また、バンク・オブ・アメリカもリップルネットを採用しており、送金業務の効率化とコスト削減を実現しています。

フィリピンでは、リップルネットを利用した国際送金サービスが提供されており、現地通貨への換金が迅速かつ低コストで行われています。具体的には、フィリピンの電子送金サービス「アジーモ」はリップルのオンデマンドリクイディティ(ODL)を活用して、欧州とフィリピン間の国際送金を迅速かつ低コストで実現しています。アジーモのCEOリチャード・アンブローズ氏は、ODLによって従来の送金方法に比べ、デリバリー時間と手数料を大幅に削減できたと述べています。

関連記事:リップル価格の現在と未来|XRPは2024年に急騰するか

市場予測と将来性

XRPの最高価格(予想)XRPの最低価格(予想)
2024年$1.17$0.28
2025年$2.57$0.94
2026年$4.76$1.17
2027年$5.98$1.43
2028年$7.23$2.50
2029年$12.68$4.70
2030年$23.50$7.30
2031年$37.03$11.50
2032年$103.31$25.27
2033年$120.66$48.67
2034年$243.35$96.45
2035年$320.66$122.45

BeInCryptoの価格分析データに基づくと、XRPの価格は2024年に平均して407.22%上昇する可能性があり、最高2ドルに達する見込みです。しかし、弱気相場やETFの承認見通しの不透明さから、最低1.17ドルまでの上昇に留まる可能性もあります。2025年には、重要なサポートレベルを維持する場合、最高価格は2.57ドル、最低価格は0.94ドルが予測されます。

さらに、2030年には、平均上昇率407.22%を考慮すると、最高価格23.50ドル、最低価格7.30ドルとなる可能性があります。2035年までには、最高価格320.66ドル、最低価格122.45ドルに達する予測もあります。また、リップル社が保有するXRPのロックアップ解除や市場への供給量の調整も価格に影響を与える要因となります。

リップルの将来性には大きな期待が寄せられています。リップルは多くの金融機関と提携し、国際送金の手段として実用化されています。特に、日本のSBIホールディングスやアメリカのバンク・オブ・アメリカがリップルネットに参加しています。また、CBDC(中央銀行デジタル通貨)との関連もあり、リップルの利用範囲が広がる可能性があります。世界経済フォーラム(WEF)は、リップルを銀行間ペイメントとセトルメントの分野で最もCBDCに関連する通貨の一例として挙げています。

リップル社のサービス

リップル, スイス, スイス, 暗号資産

リップル社は、xCurrent、xRapid、xViaの3つのサービスを提供しています。xCurrentは銀行間のリアルタイム国際送金を可能にし、xRapidは途上国の人々にも国際送金サービスを提供します。xViaは中小の銀行や一般企業にもリップルの送金サービスを利用可能にするAPIです。

xCurrentは、銀行間のリアルタイム国際送金を可能にするシステムで、送金者と受取人の本人確認や送金指図をリアルタイムで行います。xRapidは、リップルをブリッジ通貨として利用することで、迅速な国際送金を実現します。xViaは、送金者や受取人が簡単にリップルネットを利用できるAPIを提供します。

さらに、リップル社はフレアネットワークというプロジェクトを通じて、XRP Ledgerにスマートコントラクトの実装を目指しています。これにより、リップルの利用範囲がさらに広がることが期待されます。フレアネットワークは、スマートコントラクト機能をXRP Ledgerに導入することで、リップルの利用範囲を広げるプロジェクトです。これにより、不動産取引や金融契約など、さまざまな分野での応用が期待されています。

関連記事:スマートコントラクトとは?特徴や活用事例をわかりやすく解説

加えてリップル社は、大学ブロックチェーン研究イニシアチブ(UBRI)を通じて、ブロックチェーン技術の研究と開発を支援しています。UBRIは、世界中の大学と提携し、ブロックチェーン技術に関する研究プロジェクトや教育プログラムを推進しています。これにより、ブロックチェーン技術の進化と普及を促進し、リップルエコシステムの強化に貢献しています。

まとめ

リップル(XRP)は、高速な取引速度と低い手数料を特徴とし、国際送金に特化した仮想通貨です。金融機関との提携や法的問題の進展により、今後の将来性には大きな期待が寄せられています。リップルの特徴や利点を理解することで、暗号資産市場におけるリップルの位置付けを把握する手助けとなるでしょう。

ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る
ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る

Trusted

Follow us on:

X(Twitter):@BeInCryptoJapan
Telegramチャンネル:@BeInCrypto Japan オフィシャルチャンネル

免責事項 - Disclaimers

当ウェブサイトに掲載されているすべての情報は、誠意をもって作成され、一般的な情報提供のみを目的としています。当ウェブサイトに掲載されている情報をもとに読者が取る行動は、あくまでも読者自身のリスクで行うものとします。「Learn」サイトでは、質の高い情報を提供することを第一に考えています。私たちは、読者にとって有益な教育的コンテンツを特定し、調査し、作成するために時間をかけています。この基準を維持し、素晴らしいコンテンツを作成し続けるために、私たちのパートナーは、私たちの記事への掲載に対して手数料を支払う場合があります。しかし、これらのコミッションは、偏りのない、誠実で有益なコンテンツを作成するためであり、私たちの活動プロセスに影響を与えることはありません。

wpua-150x150.png
Shota Oba
国際関係の大学在籍中に国内ブロックチェーンメディアでのインターンを経て、2つの海外暗号資産取引所にてインターントレーニング生として従事。現在は、ジャーナリストとしてテクニカル、ファンダメンタル分析を問わずに日本暗号資産市場を中心に分析を行う。暗号資産取引は2021年より行っており、経済・社会情勢にも興味を持つ。
READ FULL BIO
スポンサー
スポンサー