詳細を見る

ライトコイン(LTC)半減期を完了|7月から下落基調続く

3 mins

暗号資産(仮想通貨)ライトコイン(LTC)は3日未明、3回目の半減期(ハービング)を完了した。これを受け、暗号通貨マイニングによる採掘報酬が12.5LTCから6.25LTCへと半減した。ライトコインに関しては、1日にサービス内容を公開したバイナンスジャパンなど、日本の暗号資産交換業者各社でも取り扱いがある。

今回の半減期は3日0時06分、ブロック高2,520,000にて発動した。マイナー報酬は従来比50%減の6.25LTCとなり、資産の希少性を高めている。ライトコインの半減期スケジュールは84万ブロックごとに予定されており、およそ4年周期で発動する。ライトコイン価格は7月から下落基調にあり、直近1ヶ月で20%減少している。現在価格は前日比5.8%減の86.8ドル。

過去1ヶ月のLTC価格(BeInCrypto Japan

ライトコインは2011年、ビットコイン(BTC)をベースに開発された暗号通貨。発行上限は8400万枚と、ビットコイン(2100万枚)の4倍。また、ライトコインのブロックチェーンにおける1ブロックあたりの生成時間は約2分30秒と、ビットコイン(約10分)の4分の1。ビットコイン・ネットワークと比較して高い取引処理速度を備えている。

なお、ビットコインに関して次回の半減期は2024年4月と予想されている。

ビットコイン価格の最新予想はこちら

ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る
ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る

Trusted

Follow us on:

X(Twitter):@BeInCryptoJapan
Telegramチャンネル:@BeInCrypto Japan オフィシャルチャンネル

免責事項 - Disclaimers

当ウェブサイトに掲載されているすべての情報は、誠意をもって作成され、一般的な情報提供のみを目的としています。当ウェブサイトに掲載されている情報に基づいて行う一切の行為については、読者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。

Shunsuke-Saito.png
Shunsuke Saito
青森県出身。2021年に暗号資産(仮想通貨)投資を開始後、22年よりライターとして従事。国内暗号資産メディアにてライター・編集を経て、23年3月、BeInCrypto(ビーインクリプト)にジャーナリストとして参画。ビットコイン、NFT、PoSノード、DeFiなどへの投資経験を持つ。
READ FULL BIO
スポンサー
スポンサー